コアウェブバイタルとランキングアルゴリズム、CLSとseo

コアウェブバイタルが検索ランキングアルゴリズムのシグナルとなったことで、Yahoo seo GoogleブログにCLS(Cumulative Layout Shift)の問題が発生した。
コアウェブバイタルとモバイルフレンドリー、CLSとseoについてエントリーする。

」全文を読む

サイトマップの<lastmod>はGoogleにクロールをリクエストするウェブマスターからのシグナル

サイトマップの<lastmod>は、「更新」のシグナルであると同時に、Googleにクロールをリクエストするウェブマスターの意思をシグナルで伝えるものだ。
Yahoo seo Googleの改造に際し、その実例を紹介しよう。

」全文を読む

自爆seoとは301リダイレクトの未処理ではないか?

自爆seoについて、Yahoo seo Googleの更新されたSearch Consoleデータを参考に検証を行った。
自爆seoとは301リダイレクトの未処理ではないか?と現時点では推測している。

」全文を読む

補足コンテンツの変更は検索順位の跳ね上がりに効果があったのか?

Yahoo seo Googleブログのカテゴリを修正したのだが、これはウェブサイトの構造においては補足コンテンツの修正と言い換えられ、これに関連してテンプレートの修正で検索順位が跳ね上がったFC2ブログの事例が過去にあったことを思い出した。

」全文を読む

インデックスカバレッジ改善を機にGoogleがオフラインの処理を変更していた

2021年1月11日の<インデックスカバレッジ>改善を機に、Googleがオフラインでの処理を変更していただろうことが推察された。
それ以降にエントリーしたYahoo seo Googleブログの記事は1つも<内部リンク>に表示されないからである。

」全文を読む

インデックスリクエストでGooglebotがクロールしたのは旧ドメインが先

前回記事から継続してYahoo seo Googleの混在コンテンツに関する検証を行っているが、その過程でインデックスリクエストでGooglebotがクロールしたのは旧ドメインのURLが先だったことが分かった。

」全文を読む

画像への相対パスが混在コンテンツによるマイナスseoの原因か?

画像へのパスを相対パスで記述していたことが、Yahoo seo Googleブログが混在コンテンツを引き起こし、seoにマイナスに作用していた原因ではないか?と推察している。

」全文を読む

参照元はGoogle seoにとって重要な情報

<URL検査>で得られる参照元ページは、Google seoにおいて極めて重要な情報であることを再認識させられた。
Yahoo seo Googleブログについて言えば、混在コンテンツが原因で内部リンクの問題を生じさせていたことが、その情報から推察できた。

」全文を読む

大規模サイトがseoにマイナスとなる原因

大規模サイトがGoogleのseoに最適とは言えず、寧ろマイナスに作用するケースもあるだろう。
なぜなら、メイン・コンテンツの修正は1ページ毎に行わなければならないからで、僅か1,000ページ程のYahoo seo Googleブログの修正に掛かる労力も、それなりにかかるからである。

」全文を読む

ページ更新でリンク構造も更新されるGoogleオフラインのseo

ページの「更新」により、リンク構造も「更新」される。
Googleのオフラインseoを、Yahoo seo Google「クロール済みインデックス未登録」データから報告する。

」全文を読む

404エラーは脱ペンギンアップデートによるseoの証か?

Yahoo seo GoogleのSearch Console<インデックスカバレッジ>が更新され、「見つかりませんでした(404)」に初の404エラーページが表示された。
表示されたページを<クロールの統計情報>で追うと、404エラーが脱ペンギンアップデートの方向でseoが進展した証なのではないか?と考えるに至った。

」全文を読む

内部リンクが繋がらない原因はペンギンアップデートだった

Yahoo seo Googleの内部リンクが繋がらない原因は、ペンギンアップデートだった。
パンダアップデートやリンクの無効化、リンクの塩漬けについても解説する。

」全文を読む

ページ更新とseoスコアの再計算

ページを更新することとはGoogleにページの再評価を促すことである。
Yahoo seo Googleの記事からリンクしていたページが404エラーや301リダイレクトされていたら、発リンクのseoスコアは再計算される筈である。

」全文を読む

クロール済みインデックス未登録の増加と自虐seo

Yahoo seo Googleの「クロール済み-インデックス未登録」の数値が増加傾向だが、seoの観点からは心配する必要はない。
寧ろ心配するべきは、自虐seoを行っていないかどうかなのである。

」全文を読む

サイトマップを確認するのはスマートフォン用Googlebot

前回記事のインデックスと、Yahoo seo Googleのサイトマップ「最終読み込み日時」の更新を追うことで、サイトマップを確認するのはスマートフォン用Googlebotであるとの結論に至った。

」全文を読む

FC2ブログランキングはseoからすればオーソリティ度の高いページ

Yahoo seo Googleのサイトマップ検証から、FC2ブログランキングがseoの視点から言えばオーソリティ度の高いページであると結論した。
そして、それが原因でnetドメイントップページの参照元にランキングページが表示されたのである。

」全文を読む

netドメイントップページの参照元にブログランキングページ

Yahoo seo Googleの旧ドメインである「net」と「us」の<クロールの統計情報>に、久しぶりにリクエストが記録された。
「net」ドメイントップページを<URL検査>すると、参照元にブログランキングページが表示されているではないか!

」全文を読む

インデックスリクエストとサイトマップ、Googlebotクロールとseo

Yahoo seo Google<クロールの統計情報>「ページリソースの読み込み」を検証したのだが、それはサイトマップの読み込みではなかったか?
インデックリクエストの機能停止とサイトマップ更新日の問題、そしてGooglebotクロールとseoの関係を報告する。

」全文を読む

HTTPからHTTPSに移行したサイトへの発リンクを修正するのは正しいseo

ブログランキングへの参加を止めたYahoo seo Googleで、停止後に最初にエントリーした記事のクロールの詳細が、統計情報から把握出来た。
そこで得られた事実から、HTTPからHTTPSに移行したサイトへの発リンクを修正するのは正しいseoだと再確認出来た。

」全文を読む

サイトマップの「保留」と「処理」は、重複の解消が原因ではないか?

Yahoo seo GoogleのHTTPSサイトマップ送信日時の「遡り」について検証していて、サイトマップの「保留」はサイトの重複が原因で、一転して「処理」に転じるのは、重複が解消されたからではないだろうか?

」全文を読む

HTTPとHTTPSの重複はパソコンとスマートフォンそれぞれのデータで存在する

Yahoo seo GoogleのHTTPとHTTPSの重複を検証していて、パソコン用とスマートフォン用Googlebotが取集したデータそれぞれで、HTTPとHTTPSの重複が存在することが分かった。

」全文を読む

GoogleのHTTPからHTTPSへのリダイレクトはYahoo!のwwwとnon-wwwのseo問題と同じ

GoogleのHTTPからHTTPSへのリダイレクトを検証していて、これはかつてのYahoo!に存在したwwwとnon-wwwのseo問題と同じだと思い出した。
これは検索システムの根幹に関わる問題なのだろう。

」全文を読む

HTTPSのデフォルト処理で自爆seoから解放か?

Yahoo seo Googleのサイトマップ送信日時が再度遡り、それが原因であろうか、<モバイルユーザビリティ>に久々に表示されるページが現れた。
HTTPSをデフォルトでオフライン処理することで、自爆seoから解放されたページと考えられる。

」全文を読む

HTTPとHTTPSの重複こそプライマリインデックスに重要なseoの問題

Yahoo seo Googleの<インデックスカバレッジ>が更新され、HTTPでインデックスされていたURLがHTTPSでインデックスされ直された。
スマートフォン用Googlebotのクロールが原因かと思っていたが、HTTPとHTTPSの重複こそがプライマリインデックスに重要なseoの問題であることが分かった。

」全文を読む

参照元ページがHTTPからHTTPSのページに改まった

Yahoo seo Googleの<クロールの統計情報>を検証していると、「検出」されたページの参照元が以前のHTTPのページからHTTPSのページに改まっていることを発見した。

」全文を読む

サイトマップ送信日時が遡る原因はパンダアップデートとモバイルファーストインデックスか?

Yahoo seo GoogleブログのHTTPSのサイトマップ送信日時が前回に続いて遡った。
サイトマップ送信日時が遡る原因はパンダアップデートの重複と3月のモバイルファーストインデックス強制移行が関係しているのではないだろうか?

」全文を読む

ブログ移転とHTTPS化を同時に行う自爆seoに遭遇していた!

Yahoo seo Googleブログは、「ブログ移転とhttps化を同時に行う」自爆seoに遭遇していたと考えて良いだろう。
HTTPのサイトマップに突如、送信日時が表示されたのである。

」全文を読む

HTTPからHTTPSへの301リダイレクトがseoの新たな問題になる?

Yahoo seo Googleブログの<インデックスカバレッジ>が更新され、seoの順調な進展を感じながらも、違和感を感じるデータ更新もある。
HTTPからHTTPSへの301リダイレクトがseoの新たな問題となるのではないだろうか?

」全文を読む

インデックスリクエストが復活?Googleに起因するseoと検索結果の問題解消か?

Yahoo seo Googleコマンド検索結果の変化から、Google側に起因するseoと検索結果の問題が解消されたのではないか?と推測している。
そしてそれに伴い、インデックスリクエストが復活したかのような更新も見られ始めた。

」全文を読む

スマートフォン用Googlebotの301リダイレクトで「ページにリダイレクトがあります」数値が減少

スマートフォン用Googlebotが301の恒久的なリダイレクトをされて、Yahoo seo Googleの旧ドメインの「ページにリダイレクトがあります」数値が減少した。
seoとはリンクジュースを円滑に流すことと言えるだろう。

」全文を読む

インデックスカバレッジが改善され、参照元ページに複数URLが表示

Search Consoleの<インデックスカバレッジ>が大幅に改善され、Yahoo seo Googleブログを<URL検査>してみると、今までは1つに限られてきた参照元ページに、複数のURLが表示されるページが出現した。

」全文を読む

301リダイレクトは一時的な移動か?インデックスリクエストとGooglebotの逆走

Yahoo seo Google前回記事のインデックス状況を検証してみた。
301リダイレクトは恒久的な移動の筈であったのに、インデックスリクエストの使用で、一時的な移動のようなGooglebotの逆走が観察出来る。

」全文を読む

クロール済みインデックス未登録はスマートフォン用Googlebotのデータ?

Search Consoleが更新され、Yahoo seo Googleブログの前回記事が「クロール済みインデックス未登録」となった。
前回記事を<URL検査>すると、このデータはスマートフォン用Googlebotのものに思われる。

」全文を読む

2021年Google seoを行う上でGooglebotデータを混同しないことが重要

2021年のGoogle seoを行う上で、最も重要なこととはパソコン用とスマートフォン用Googlebotのデータを混同しないで考えていくことだろう。
年末から年初のYahoo seo Googleブログのデータ推移から、それを実感した。

」全文を読む

<モバイルユーザビリティ>の数値が少ないseoの問題をInktomiで説明

Yahoo seo Googleブログの<モバイルユーザビリティ>の「有効」数値は、実際よりも少ない。
そのseoの問題を、かつての検索エンジンInktomiで説明してみよう。

」全文を読む

202012Googleコアアルゴリズムに大きな修正点はない

202012Googleコアアルゴリズムアップデートのクロールが終了し、「yahoo seo」検索におけるYahoo seo Googleブログの順位動向から、アルゴリズムに大きな修正点はないことが分かった。

」全文を読む

Googleコアアルゴリズムアップデートとコンテンツseoのクロール頻度

コンテンツseoは深いクロールを必要とする分、Googlebotのクロール頻度は低く、逆にリンクは浅い分、頻度は高い。
そして、Googleコアアルゴリズムアップデート時だからこそ、Yahoo seo Google旧ドメインのページにもクロールがあるのだと思われる。

」全文を読む

別個のGooglebotで作成された2つのプライマリインデックス

Yahoo seo GoogleのSearch Consoleデータが更新され、新旧ドメインにクロール日付の古いページがデータに表示されるようになった。
この更新から、Googleにはパソコン用とスマートフォン用それぞれ別個のGooglebotが収集したデータによって作成された2つのプライマリインデックスが存在するのではないか?と推察した。

」全文を読む

202012Googleコアアルゴリズムはスマートフォンseoをさらに重視

202012Googleコアアルゴリズムは、ウェブサイトのスマートフォンseoをさらに重視したものになったと言えるだろう。
新しくなったYahoo seo Googleブログの<クロールの統計情報>データが、それを証明している。

」全文を読む

Googleコアアルゴリズムのアップデートと「yahoo seo」検索順位の上昇

Search Consoleの<リンク>データからYahoo seo Googleトップページのデータが消えた件を検証していた矢先、Googleよりコアアルゴリズムのアップデートがアナウンスされた。
当初は無関係だろうと思っていたが、関係性を疑わせる「yahoo seo」検索順位の上昇が記録された。

」全文を読む

当ブログの著作権は ただ男にあります。掲載されたすべての記事を許可なく転載、複製、流用および転売することを禁じます。Yahoo seo Google