コア アルゴリズムによる大変動後、Googlebotのクロールに変化が生じている

2018年8月1日、コア アルゴリズムによる大変動後、Googlebotのクロールに変化が生じている。
新しいSearch Consoleに実装された<モバイル ユーザビリティ>の、Yahoo seo Googleブログの新旧ドメインのデータから、それが理解出来た。

モバイル ファースト インデックスは内部リンクにも影響している

モバイル ファースト インデックスは、Yahoo seo Googleブログの内部リンクにも影響していることがSearch Consoleのデータ更新で確認された。

Fetch as Googleで送信するのは正規URLだけにすること

Yahoo seo Googleブログの過去記事を「モバイル: スマートフォン」を選択してFetch as Googleで送信している。
そこで本日はFetch as Googleの正しい使用方法について報告しよう。
Fetch as Googleで送信するのは正規URLだけにすることが重要である。

Googleコア アルゴリズムの更新によって検索ランキングがアップしたのか?

2018年8月3日、Yahoo seo Googleブログの<サイトへのリンク>データが更新され、それとともに検索ランキングのアップを確認した。
これは先にあったGoogleコア アルゴリズムの更新が原因なのであろうか?

ChromeのHTTP警告とBingサイトマップ「成功」は関係あるのか?

2018年7月25日、GoogleのブラウザChromeがHTTPサイトに対し警告を表示するようになった。
そしてそれに関係しているのか、Bingに登録したYahoo seo Googleブログのサイトマップが昨日から一転して「成功」を表示させたのである。

Search Consoleでは問題がなくても、実際のseoでは問題がある

Search Consoleでは問題がないとされながらも、実際のseoでは問題ありのケースがある。
Yahoo seo Googleブログにおいては、<URL パラメータ>の監視対象URLがそれである。

<URL検査>ツールを使用してモバイル ファースト インデックスが確認された!

<URL検査>ツールを使用して、Yahoo seo GoogleブログのURLを検査してみると、モバイル ファースト インデックスを裏付けるデータ表示を確認した。

ウェブページの更新頻度がGooglebotのクロール頻度を決める

Googlebotのクロール頻度は、そのウェブページが更新される頻度によって決定されている。
Yahoo seo Googleブログのトップページには1週間に1度の頻度でGooglebotは訪れている。

サイトマップの「保留」もモバイル ファースト インデックスが原因か?

一向に「処理」に転じる気配を見せないFC2ブログのサイトマップ「保留」問題であるが、これもモバイル ファースト インデックスが原因ではなかろうか?
Yahoo seo Googleブログの過去記事で報じた事例を元に、再度、検証してみた。

モバイル ファースト インデックスへの移行が原因か?バックリンクからURLが消えた!

モバイル ファースト インデックスへの移行が原因なのか?それに伴う変化らしきものが、Search Consoleのデータ更新で確認された。
<内部リンク>データで、Yahoo seo Googleの記事ページのバックリンクからURLが消えるという初めての現象を確認した。

<モバイル ユーザビリティ>の異常はモバイル ファースト インデックスの影響か?

Search Consoleに登録したYahoo seo Googleブログの<モバイル ユーザビリティ>に異常が見うけられる。
ツールのバグだとは考えづらく、モバイル ファースト インデックスの影響だと考えるのは極めて妥当な気がしている。

<内部リンク>データで、トップページへのバックリンク数が増加した!

Search Consoleの<内部リンク>データで、Yahoo seo Googleトップページへのバックリンクに変化が生じた。
塩漬けされていたかのように201で固定されていたバックリンク数が202に増加したのである。

「ページにリダイレクトがあります」の数値増加はseo的によい兆候

Yahoo seo GoogleをSSL化する以前の、旧サブドメインの「ページにリダイレクトがあります」の数値が増加している。
そしてこの増加は、seo的によい兆候と考えて間違えがないだろう。

補足コンテンツはseo的にどれくらい重要なのであろうか?

ウェブページの構造とseoとの関係を検証する目的で、Yahoo seo Googleのテンプレートに修正を加えた。
補足コンテンツはseo的にどれくらい重要なのであろうか?

Googlebotのクロールにはアンカーテキストが密接に関係している

Yahoo seo Googleブログは未だペンギンアップデートから脱していないことが判明した。
そう結論する過程で、seoとはクロールであり、このGooglebotのクロールにはアンカーテキストが密接に関係していることが想像出来た。

Google seoの要はアンカーテキスト

Google seoの要はアンカーテキストであろう。
SSL化する以前のYahoo seo Googleドメインの<サイトへのリンク>に、その証拠がハッキリ表示されている。

ペンギンアップデートが一部URLで解消されている?

Search Consoleの<内部リンク>に表示されていないURLを検索窓に入力して検索すると、バックリンクが表示された。
Yahoo seo Googleブログのペンギンアップデートは、一部URLで解消されているのではないか?と推測している。

パンダアップデートが解決されても、ペンギンアップデートは同時に解決されない

パンダアップデートの問題が解決されても、ペンギンアップデートの問題は同時に解決されないことがSearch Consoleのデータから理解出来る。
Yahoo seo Googleブログの現状を報告しよう。

301リダイレクトでパンダアップデートが発生する

301リダイレクトの誤った使用によって、パンダアップデートが発生する。
Yahoo seo Googleの過去記事から、そう推測出来る事実を発見した。

検索ランキング・アルゴリズムに変化なし

2008年当時のYahoo seo Google過去記事で行ったのと同じseo検証を行ってみた。
Googleの検索ランキング・アルゴリズムに変化がみられないことを確認した。

ソースと一緒にインデックス送信出来るのはFetch as Google

新しいSearch Consoleの「インデックス カバレッジ」から「インデックスに送信」して送れるのはURLだけである。
Yahoo seo Googleで行った検証実験で、ソースと一緒にインデックスに送信出来るのはFetch as Googleである。

パンダアップデート解消目的の301リダイレクトにはアドレス変更ツールの使用が必要不可欠

Yahoo seo Googleブログの旧URLで検索した時に、表示されるURLに変化が生じた。
パンダアップデート解消目的の301リダイレクトにはアドレス変更ツールの使用が必要不可欠だと考えるのが妥当である。

Bingはインデックスに関して、Googleとデータ共有しているのではないか?

以前、Yahoo seo GoogleブログでGoogleとBingのデータ共有に関するトラフィックの件を記事にした。
今回はBingのサイトマップ「保留」から、インデックスに関するBingとGoogleのデータ共有を検証してみた。

3月上旬のGoogleコア アルゴリズムのアップデートはモバイル ファースト インデックスに関連している?

3月上旬にGoogleのコア アルゴリズムにアップデートがあった。
その期間、Yahoo seo Googleに特異なデータ推移が見受けられたことから、今回のアップデートはモバイル ファースト インデックスに関連している?と推測している。

サイトマップとはインデックスさせたいURLのリスト

サイトマップとはウェブマスターがインデックスさせたいと思っている重要なURLのリストであり、だからこそ、Yahoo seo Googleを始めとするFC2ブログのサイトマップ「保留」がインデックスに影響を与えているのである。

ファスト トラック インデックスをプライマリ インデックスに移行させるためには、何がseoに必要?

Yahoo seo Googleの過去記事ページをファスト トラック インデックスをプライマリ インデックスに移行させるためには、何がseoに必要なのだろうか?

リダイレクトで除外されたページと、インデックスされたページへのクロール日時に注目

新しいSearch Consoleの「インデックス カバレッジ」で、「ページにリダイレクトがあります」という理由で「除外」されたページへのクロール日時と、SSL化したYahoo seo Googleのインデックスに登録されたページへのクロール日時に注目した。
正規化されたURLでインデックスされるには、Googlebotのクロールが必要だということが理解出来た。

アドレス変更には変更ツールの使用と同時にウェブページの更新が必要?

Yahoo seo Google全ページのアドレスを全てSSL化した現在のアドレスに変更させるためには、Search Consoleのアドレス変更ツールの使用と同時にウェブページの更新が必要だろうと考えている。

ドメインの変更にはアドレス変更ツールの使用が有効

新しいSearch Consoleで表示されるYahoo seo Googleのインデックス推移を見る限り、301リダイレクトだけではドメインの変更は出来ないと考えるのが相応しい。
ドメインの変更にはアドレス変更ツールの使用が有効であることがデータから理解出来る。

301リダイレクトだけではドメイン変更は出来ないのだろうか?

SSL化したYahoo seo Googleも新しいSearch Consoleを利用出来ることになり、“net”のデータと比べると、未だにオリジナルのドメインは“net”のままであることが推測された。
通常の301リダイレクトだけではドメイン変更は出来ないのだろうか?
当ブログの著作権は ただ男にあります。掲載されたすべての記事を許可なく転載、複製、流用および転売することを禁じます。Yahoo seo Google