seo目的で使用したrobots.txtのNoindexディレクティブを止めた

seo目的でYahoo seo Googleブログに使用してきたrobots.txtのNoindexディレクティブを止めた。
理由は単純で、GoogleがNoindexディレクティブの機能を停止する可能性があるからだ。

重複コンテンツでPageRankが受け渡されず、seoに大きな影響

重複コンテンツが原因でPageRankが円滑に受け渡されず、seoに大きな影響を与えている実例を、Yahoo seo Googleブログの<外部リンク>データで説明する。

301リダイレクトで繋がるドメインは、seoで相互に影響を与える

301リダイレクトで繋がるドメインは、一方方向でseoに影響するのではなく、相互に影響を与える。
Yahoo seo Googleブログの<URLパラメータ>で検証した。

インデックス登録された大量の重複ページは、seoにとってマイナス

Yahoo seo GoogleブログにはGooglebotにインデックス登録された大量の重複ページがログに残り、それが明らかにseoにマイナスの負荷を与えている。

Googleのインデックス処理でスマートフォン用データがブロックされる?

Googleのインデックス処理には段階が存在している。
Yahoo seo Googleブログのウェブページにクロール日時の相違が生まれるのも、インデックス処理においてスマートフォン用データがブロックされているからではないか?

かつてのseoで記述した“canonical”が“noindex”のURLを表示させる

重複コンテンツ解消を目的に、かつてYahoo seo Googleブログに記述した“canonical”のタグが、現在、“noindex”を記述したURLをウェブ上に表示させている。
かつてのseoが現在の最適化を阻んでいる好例を紹介しよう!

Googleのインデックス更新には、Googlebotの2度のクロールが必要か?

Googleのインデックス更新には、Googlebotによる2度のクロールが必要なのではないか?
2度目のクロールを終え、当Yahoo seo Googleブログの<モバイル ユーザビリティ>有効数値が一気に増加したからだ。

モバイル ファースト インデックスへ移行したウェブページを発見した

Yahoo seo Googleブログの<URL検査>過程で、モバイル ファースト インデックスへ移行したウェブページを発見した。
キャッシュとクロール日時の相違には、モバイル ファースト インデックスへの移行も関係しているのではないか?

ウェブサイトの構造はGoogle seoにとって大きな意味を持つ

前回記事に引き続いて、クロール日時の遡りに関連するseo検証を行った。
その結果、当Yahoo seo Googleブログに対するGoogleの誤認は、ウェブサイトの構造が関係しているのではないか?と考えるに至った。
ウェブサイトの構造はGoogle seoにとって大きな意味を持つと考えて損は無いだろう。

パソコン用Googlebotのクロール日時が遡って表示された

Yahoo seo Googleブログで<URL検査>をしていて、実に不思議な事例に遭遇した。
パソコン用Googlebotの前回クロール日時が、以前に検査した時よりも遡った日付で表示されたのである。
具体的に説明しよう。

<URLの削除>はGooglebotのクロールもブロックするのだろうか?

<URLの削除>ツールで削除リスクエストしたURLは検索結果から一時的に削除されるばかりではなく、Googlebotのクロールもブロックするのではないか?
正解は当Yahoo seo Googleブログのseoによって証明出来るだろう。

seoで統一されたURLでもパソコン用とスマートフォン用Googlebotは別個にクロールする

Yahoo seo Googleブログの、レスポンシブwebデザイン化して以降の記事をSearch Consoleの<URL検査>で調査してみた。
seoで統一されたURLであっても、パソコン用とスマートフォン用Googlebotは、それぞれ別個にクロールすることが分かった。

301リダイレクトで引き継がれた構造の誤認をリダイレクト元のseoで修正

レスポンシブwebデザイン化してURLを一元化したにも関わらず、当Yahoo seo Googleブログは構造の誤認をGoogleにされている。
この原因は、現在のSSL化する以前のウェブサイトの構造上の誤認が301リダイレクトで現在に引き継がれているからである。
この誤認を正すには、リダイレクト元のseoで修正しなければならないのである。

BingのWebマスターツールで、Google seoの問題を見つける

BingのWebマスターツールに登録したYahoo seo Googleブログのデータから、今回のseoの問題発見に至った。
パンダアップデートやペンギンアップデートはなくとも、同様の問題はBingでも対処されているからである。

Googleの人工知能は誤ったseoを認識出来ない

Google Search Console等々で、ウェブマスターがseo上の問題点を見つけられないのは、仕方がない事だと思っている。
何故なら、Googleの人工知能がウェブサイトの非seo的な要因を誤ったseoだと認識しないからである。

Googleへのseoが進むに連れて「ページにリダイレクトがあります」の数値は減る

Google検索エンジンへの最適化(seo)が進むに連れて、Search Consoleの「ページにリダイレクトがあります」の数値は減る。
Yahoo seo Googleブログの数値が減少し始めているのは、アドレス変更に伴い、内部リンクが更新されているからだ。

seoコンサルティングをご希望の方へ

Yahoo seo Googleブログ管理人ただ男からseoコンサルティングをご希望の方へ、スペシャルな提案のお知らせです。

Google seoで重要視する<内部リンク>もスマートフォン用Googlebotによるデータ

モバイル ファースト インデックスに移行していないウェブサイトでも、そのSearch Consoleのデータはスマートフォン用Googlebotによって生成されている。
Google seoで私が最も重要視する<内部リンク>のデータもスマートフォン用Googlebotによるものだ。

seoの問題の要は、補足コンテンツからの発リンクがGoogleによって反映されていない点

Search Consoleのデータを追跡調査しながら、当Yahoo seo Googleブログの問題点を探ってみた。
seoの問題の要は、補足コンテンツからの発リンクがGoogleによって内部リンクに反映されていない点である。

スマートフォン用Googlebotが大きくseoに関係している

今現在、スマートフォン用Googlebotの活動が大きくseoに関係していると考えている。
モバイル ファースト インデックスに移行したか否かによって、検索順位に影響を与えないと言われるが、Yahoo seo Googleブログの状況を見る限り、それはデスクトップPC用とスマートフォン用ページが正しくGoogleに把握されたウェブサイトに限った話であろう。

404 not foundのレスポンスはGoogle seoにとって重要である

Yahoo seo Googleブログの「インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません」に新規にURLが加わった。
robots.txtによってGooglebotのクロールが変わり、新しいリンク元が加わったことが原因だ。
改めて404 not foundのレスポンスが、どれほどGoogle seoに重要かを再確認した。

Googleの<URL検査>で参照元ページがないのはseo的にどうなのか?

Yahoo seo Googleブログの問題がありそうなページをGoogle Search Consoleの<URL検査>で調査すると、全ての参照元ページが表示されていない。
これはseo的にどう考えても、プラスではないだろう。

Googleにサイトマップが処理された原因はモバイル ファースト インデックスか?

Yahoo seo Googleブログの、長らく「保留」されていたサイトマップが、2018年11月11日、Google Search Consoleで「処理」されたことを確認した。
「保留」から「処理」に転じた原因はモバイル ファースト インデックスにあると推測している。

Google seoにおけるrobots.txtの重要性

Yahoo seo Googleブログのrobots.txtを編集し直し、検証を再開した。
Google seoにおけるrobots.txtの重要性を再認識させられた。

robots.txtの記述ミスはGoogle seoに大きく影響する

Yahoo seo Googleブログのrobots.txt記述ミスを修正する間に、ブロックする意図のないURLが誤ってブロックされてしまった。
robots.txtの記述ミスがGoogle seoにどう大きく影響するかを実例で紹介しよう。

<構造化データ>と<内部リンク>に大きな乖離、Googleのコンテンツseoが原因か?

Search Consoleの<構造化データ>と<内部リンク>データが更新され、連動していた筈のYahoo seo Googleブログの2つのデータに大きな乖離が生じた。
モバイル ファースト インデックス移行に伴う、コンテンツseoが起こした一時的な乖離ではないか?と推測している。

未削除のURLはGoogleのインデックスとseoに悪影響を与える

Googleのインデックスにはエンティティが大きく関与している。
そのため、サイトのドメイン変更に際しても、かつて使用していたURLを相応しく削除しなければ、Googleのインデックスとseoに悪影響を与える。

Google検索におけるエンティティとseoについて検証

当Yahoo seo Googleブログの更新に、新規の内部リンクが何故必要になるのか?について検証してみる。
前回記事の最後で私はエンティティが関係しているのではないか?と推論を語った。
Google検索におけるエンティティとseoについて検証してみた。

Googleが取得した過去データがエラー表示!コンテンツseoの影響か?

モバイルファーストインデックスへの移行が原因だと推測しているが、Yahoo seo Googleの過去ドメインの<モバイル ユーザビリティ>にエラーが表示されるようになった。
Googleが過去に取得したコンテンツのデータがエラーと表示されているのだ。
これもGoogleのコンテンツseoの影響だろうか?

Googleにおける新規内部リンクとseoの関係

Yahoo seo Googleブログの<モバイル ユーザビリティ>データに表示される最終検出日について検証してみた。
「有効」の検出には内部リンクが関係しているようであり、それは新規リンクと、それに伴うGoogleのリンク再構築(リコンストラクション)がこそが、進むべきseoであると考えるに至った。

ペナルティから解放されるか否かは、コア アルゴリズム アップデート後のseo次第である!

パンダアップデートやペンギンアップデートといった自動ペナルティから解放されるか否かは、Googleがコア アルゴリズムをアップデートした後のseo次第である!
ここでseoに失敗すれば、自動ペナルティから脱することは出来ない。

seoとGooglebotのクロールが関係した検索ランキングの変動

2018年8月22日、Googleの検索アルゴリズムのアップデートに伴う検索ランキングの変動が起こった。
seoとGooglebotのクロールが、今回の変動に関係している。
当ブログの著作権は ただ男にあります。掲載されたすべての記事を許可なく転載、複製、流用および転売することを禁じます。Yahoo seo Google