Googleにおけるアンカーコンテンツマッチと内部リンク、被リンクとseoの関係

Yahoo seo Googleブログの修正に躍起なのは、Googleにおけるアンカーコンテンツマッチと内部リンク、さらにはseoは内部リンクの被リンクにも大きく影響されるからである。

新規リンクとウェブサイトの再構築がseoを促進させる

新規のリンクがGoogleに、新旧ドメインを含めたYahoo seo Googleブログの再構築を促し、ウェブサイトはリンクの再構築に応じて、seoを促進させる。

静的なテキストリンクがインデックスを更新させる

Yahoo seo Googleブログの<モバイルユーザビリティ>数値が、ある日を境に一気に増えた。
インデックスを更新させるのは、静的なテキストリンクであることが理解出来た。

Googleのコアアルゴリズムは脱seoのベクトルで進化する

脱seoをテーマに書いたYahoo seo Googleの記事を読み直しながら、今後、Googleのコアアルゴリズムは脱seoのベクトルで進化するだろうと予測した。

「ユーザーが指定した正規URL」が「該当なし」になる原因

Yahoo seo Googleブログを<URL検査>していると、“canonical”タグで指定したにも関わらず、「ユーザーが指定した正規URL」が「該当なし」と表示されるページを発見した。

Googleの全てのリンクはスマートフォン用Googlebotが収集したデータに拠っている?

内部リンク、ドメイン間のリダイレクト、さらには全てのリンクがスマートフォン用Googlebotが収集したデータに拠っているのではないか?と、search consoleに登録したYahoo seo Googleの5つのドメイン・データから推測した。

スマートフォン用Googlebotとサイトマップの関係

Yahoo seo Googleブログの「クロール済み - インデックス未登録」が4ページ増えた。
何れも共通点はスマートフォン用Googlebotのクロールが無い点で、これはサイトマップが関係しているのではないかと推測している。

アドレス変更ツールで置き換えられたページにGooglebotはクロールしない

前回記事から継続して、Googlebot種類とseoの関連について検証したが、アドレス変更ツールで置き換えられたページにGooglebotはクロールしないことが判明した。

Googlebotの種類によって優先されるページがある?

モバイルファーストインデックスに移行していないウェブサイトにおいては、パソコン用Googlebotがクロールしたページはスマートフォン用Googlebotがクロールしたページに優先されるのではないか?と思われる事例をYahoo seo Googleの旧ドメイン検証で発見した。

クロール日付が遡る、アドレス変更ツールとGooglebotの逆行を検証

アドレス変更ツールに関する前回記事からの継続で、Yahoo seo Googleブログの旧ドメインで発見した「前回のクロール」日時が遡る、Googlebotの逆行について検証してみた。

アドレス変更ツールで旧ドメインの評価が新ドメインに移転される

アドレス変更ツールの使用でYahoo seo Googleブログの旧ドメイン評価が新ドメインに移転されているらしいことが、旧ドメインの「ページにリダイレクトがあります」から消えたページの検証から窺えた。

アドレス変更ツール使用停止は301リダイレクトに問題があったから

Yahoo seo Googleブログでアドレス変更ツールの使用を停止したのは、301リダイレクトに問題があったからである。
使用停止後に起こったデータ更新も報告しよう。

<内部リンク>のバックリンクに表示されない原因はアドレス変更ツールか?

実際には6つの内部リンクがありながらもsearch consoleの<内部リンク>データには3つしか表示されない原因は、Yahoo seo Googleブログに使用したアドレス変更ツールではないか?

<モバイルユーザビリティ>と<内部リンク>の関係を検証してみた

Yahoo seo Googleブログの、内部リンクが全て表示されていないページ事例を題材に、<内部リンク>データと<モバイルユーザビリティ>の関係を検証してみた。

スマートフォンのトラフィックデータをGoogleに送信することは重要なseo

Yahoo seo Googleの<モバイルユーザビリティ>に、モバイルファーストインデックスに移行したページが表示され始めた。
これはスマートフォンで全ページにアクセスし、そのトラフィックデータをGoogleに送ったことが原因であろう。

<モバイルユーザビリティ>非表示はモバイルファーストインデックスのデフォルト適用が原因か?

前回記事で、新規にモバイルファーストインデックスに移行したYahoo seo Googleブログのページが<モバイルユーザビリティ>に表示されない件を報告した。
これに関連して、seoに重要な変更があったことを失念していた。
2019年7月1日より、新規サイトは全てモバイルファーストインデックスがデフォルトで適用されることである。

モバイルファーストインデックス移行ページとGoogleコアアルゴリズム アップデートの影響

Yahoo seo Googleブログの現在の課題は、URLの混在を解消することである。
その最中、モバイルファーストインデックスへ移行するページは増えて来ており、2019年3月のコアアルゴリズムのアップデートの影響が見受けられる。

サイトマップの「保留」もGoogleが選択した正規URLが関係していたのではないか?

前回記事をYahoo seo Googleブログにエントリーしてから、ふと、頭に浮かんだことが事がある。
それは『「ユーザーが指定した正規URL」と「Googleが選択した正規URL」と相違していたから、サイトマップが「保留」になったのではないか?』というものだった。

“canonical”無視は、Googleがユーザーとは異なるページを正規ページとして選択したことが原因か?

Googleが“canonical”タグを無視する状況とは、「重複しています。Googleにより、ユーザーがマークしたページとは異なるページが正規ページとして選択されました」ことが原因であろうと、Yahoo seo Googleの旧ドメイン検証から推測された。

オフラインでリダイレクトされるのはGoogleが正規だと選択したページだけ?

URLの削除に失敗したYahoo seo Google“us”ドメインのページを検証した結果、オフラインでリダイレクトされるのはGoogleが正規だと選択したウェブページだけだろうと結論した。

画像リンクがseoとして推奨されなかった理由はwwwとnon-wwwが原因か?

Yahoo seo GoogleブログをGoogle画像検索していて、驚くべき事例を発見した。
Googleが画像リンクをseoとして推奨しなかった理由は、wwwとnon-wwwのドメインとサブドメインが原因だったのではないか?

seoと画像の最適化

画像の最適化がGoogle seoと密接に関係していることが、Yahoo seo Googleブログの記事の検索結果を調査している過程で判明した。

レスポンシブwebデザインのサイトがseoを行う上でcanonicalの記述は不要ではないか?

レスポンシブwebデザインでウェブサイトを構築している場合、自サイトのseoを行う上でcanonicalタグで正規URLを記述する必要はないのではないか?
そう思って、当Yahoo seo Googleブログのcanonical記述を全て削除した。

Googleのタイトル書き換えアルゴリズムはseoにどう影響しているか?

タイトルとアンカーテキスト、日本語解析の問題に触れてきたが、かつてタイトルの書き換えを生じさせたGoogleのアルゴリズムが、今、どうseoに影響しているのかを検証してみた。

アンカーテキストのseo効果と、Googleの日本語解析の問題

アンカーテキストのseo効果を確認するために、Yahoo seo Googleブログで何度も記事にした、実に懐かしい検索を行ってみた。
そこには未だGoogleの日本語解析の問題が残されていることも確認出来た。

seoに最適なタイトルを内部リンクのアンカーテキストにする

タイトル タグに記述するテキストは、そのウェブページのコンテンツを表現するキーワードである。
Yahoo seo Googleブログではseoに最適なタイトルを付け、それを内部リンクする際のアンカーテキストにしている。

ウェブサイトのエンティティに貢献しないリンクはseoにとって無価値

前回記事からの関連で、ウェブサイトの真の“更新”について検証した。
Googleにおいてリンクこそエンティティを形成するものであり、エンティティに貢献しないリンクはseoにとって無価値なリンクと言えるだろう。

新規内部リンクでスマートフォン用Googlebotを呼び込む

Yahoo seo Googleの過去コンテンツに新規に内部リンクすることで、スマートフォン用Googlebotを呼び込む目的があった。
そうしなければ、当ブログがレスポンシブwebデザイン化されていることをGoogleに把握させられず、パンダアップデートによるseoの問題を解決出来ないからだ。

今回FC2が行った301リダイレクト先変更は、明らかにseoにマイナスである

Yahoo seo Googleブログのserach console<インデックスカバレッジ>と<リンク>データが同時に更新された。
今回、FC2が起こった“net”の301リダイレクト先変更は、明らかにseoにマイナスである。
外部リンクの総数が激減したのである。

中国からの閲覧に“us”ドメインを割り当て。301リダイレクトの仕様変更でseoに影響

FC2ブログが中国からの閲覧に対し“us”ドメインを割り当てていることが、FC2からの回答で分かった。
それに伴う301リダイレクトの仕様変更が、Yahoo seo Googleブログのseoに影響を及ぼしている。

FC2ブログが“net”ドメインから“com”への301リダイレクトを停止

FC2ブログがパンダアップデートによる重複コンテンツ問題の発端となった“net”ドメインが、“com”ドメインへの301リダイレクトを停止した。
それに伴い、Yahoo seo Googleブログもアドレス変更の取り消しを行った。

2019年3月12日コアアルゴリズムのアップデートとスマートフォン用Googlebotの関係

Googleのキャッシュのバグが解消されて、Yahoo seo Googleのキャッシュも最新のものが表示される様になったが、それに反し、<モバイルユーザビリティ>の「有効」数値はドンドン減少している。
調査すると、3月12日のコアアルゴリズムのアップデートがスマートフォン用Googlebotのクロールに大きく関係していることが分かった。

search consoleのリンクレポートには、どれ位のタイムラグがあるのか?

search consoleのリンクレポートにはタイムラグがある。
そのラグはどれ位なのかを、Yahoo seo Googleブログのデータから検証した。
当ブログの著作権は ただ男にあります。掲載されたすべての記事を許可なく転載、複製、流用および転売することを禁じます。Yahoo seo Google