Googleの自動ペナルティ解除か?Bingでインデックス急増!

Googleのペンギンアップデートによる自動ペナルティが解除期限を迎えたからか、BingでYahoo seo Googleブログのインデックスが急増している。

3ヶ月間Googlebotのクロールがないと、キャッシュリンクは消える

キャッシュリンクが喪失したYahoo seo Googleブログのページを検証してみると、3ヶ月間、Googlebotのクロールがないページのキャッシュリンクが消えることを確認した。

コアアルゴリズムのロールアウト完了、モバイルファーストインデックスが検索順位に影響

コアアルゴリズムのアップデートともに開始されたロールアウトが完了し、リンク元のモバイルファーストインデックス移行が原因で、Yahoo seo Googleブログの検索順位に大きく影響を与えた。

コアアルゴリズムのアップデートはデータベースのリセット

コアアルゴリズムのアップデートは、検索ランキングアルゴリズムの基礎となるデータベースがリセットされることである。
かつてのYahoo!とGoogleのアップデートから、seoの進化を検証してみた。

2020年5月コアアルゴリズムのアップデートでseoの進捗が止まる

インデックスのリクエストを封印することで検証を進めていたYahoo seo Googleブログであるが、2020年5月のコアアルゴリズムのアップデートによってseoの進捗が止まってしまった。

「リンク」と「更新」がプライマリインデックスの正規化とseoに有効

Yahoo seo Googleブログのページインデックスが、HTTPからHTTPSに変わった。
「リンク」と「更新」がプライマリインデックスの正規化とseoに有効であることが確認された。

プライマリインデックスの誤ったURLリストが正規URLリストを排除する

Yahoo seo Googleブログのインデックスリクエストを封印した効果が現れた。
プライマリインデックスされた誤ったURLリストが利用されてしまうことで、正規URLリストが排除されていたようだ。

セマンティック検索とインデックス、Googlebotクロールとseoの関係

セマンティック検索とエンティティを考慮すれば、インデックスと内部リンクはGoogle seoの重要なファクターである。
Yahoo seo Googleの過去記事のインデックスを時系列で追うと、インデックスとGooglebotクロールに新たな発見があった。

Googlebotのクロールがなくとも内部リンクは結ばれる

Yahoo seo Googleのインデックスと内部リンクを検証しているが、<内部リンク>データの更新で、カテゴリページのバックリンクが1つ増えた。
Googlebotのクロールがなくとも、内部リンクは結ばれることが分かった。

インデックスと内部リンクは、それぞれ別個のseoの問題

Yahoo seo Googleブログにおいては、インデックスと内部リンクは、それぞれ別個のseoの問題であると認識すべきだった。。
インデックスと内部リンクに関わるGooglebotのクロールを検証した。

リダイレクトされてインデックスされたコンテンツと、URLのリダイレクト完了は異なる

Googleのインデックスと内部リンクに関連して、コンテンツとURLについて検証した。
Yahoo seo Googleの新旧ドメインデータから、リダイレクトされてインデックスされたコンテンツと、URLのリダイレクト完了は異なると推察している。

Googleのインデックスと内部リンクはオフラインで処理される

Googleのインデックスと内部リンクは、オフラインで処理される。
オフラインとは、言うなれば、Googleの1つの大きなアルゴリズムの中である。

Googleは公式サイトのseoにリンクを利用している

かつてYahoo! JAPANは、公式サイトのseoにカテゴリ登録のリンクを利用した。
そしてGoogleにおいても、同様のリンクが存在する。

Googleにインデックスをリクエストするのは、seoにとってマイナスなのではないか?

Yahoo seo Googleブログのインデックスリクエストを封印している。
Googleにインデックスをリクエストすることは、seoにとってマイナスなのではないか?と考えたからである。

<インデックスカバレッジ>参照元ページの未検出は、301リダイレクトとサイトマップが関係か?

モバイルファーストインデックスに移行したYahoo seo Googleブログの、<インデックスカバレッジ>参照元ページを検証した結果、「検出されませんでした」と表示される原因に、301リダイレクトとサイトマップが関係していることが推測された。

モバイルフレンドリーテストでスマートフォン用Googlebotがクロールしたのか?

Yahoo seo Googleブログで、スマートフォン用Googlebotのクロールが確認出来ないページをモバイルフレンドリーテストでテストしたら、スマートフォン用Googlebotのクロールが確認出来た。

参照元ページの情報からseoの現在状況を把握する

Yahoo seo Google前回記事の最後で予告した、履歴とリダイレクト、さらに<URL検査>の参照元ページについて検証する。
httpとhttpsの混在コンテンツがseoにマイナスの影響を及ぼすことが判明した以上、参照元ページに表示されるURLは、seoの現在状況を把握する重要な情報だと言えるだろう。

<内部リンク>は、スマートフォン用Googlebotによるデータではなかった

<内部リンク>データは、スマートフォン用Googlebotによるデータではなく、パソコンとスマートフォンによる“ウェブサイト”の括りで把握するべきものであることが、Yahoo seo GoogleのSearch Consoleから理解出来た。

httpsとhttpの混在コンテンツはseoにマイナス

2月1日にリクエストしたインデックスの更新が、またしてもスルーされた。
原因は、Yahoo seo Googleブログの混在コンテンツであった。
httpsとhttpの混在コンテンツは間違えなくseoにマイナスの影響を及ぼす。

内部リンクのtarget="_blank"はseoにマイナス

前回記事をエントリー後、再度、Yahoo seo Googleブログの修正を行っていた。
今回は、ブログの内部リンクからtarget="_blank"を削除する修正だった。
target="_blank"はseoにマイナスであるとの懸念が生じたからである。

インデックスをリクエストしても、Googlebotがクロールしない原因は、モバイルファーストインデックスだった

インデックスをリクエストしても、キャッシュが更新されていないページがあるのを、Yahoo seo Googleブログに見つけた。
Googlebotがクロールしない原因は、モバイルファーストインデックスであった。

Googleにリンクが承認されるのは、リンク先コンテンツが更新された時ではないか?

Yahoo seo Googleブログに、新規の内部リンクを付ける修正を行ったことは報告したが、そのリンクがGoogleに承認されるのは、リンク先ページが更新された時ではないか?という疑問を抱いている。

ウェブページの更新がseoに必要なのは、Googleのインデックスを改めるため

ウェブページの更新がseoに必要なのは、更新しなければ、Googleのインデックスは改まらないからだ。
Yahoo seo Googleブログの最終更新日時、さらに発リンクについて検証した。

新規リンクが古いリンクを上書きしながら、Googleのインデックスは更新される?

旧ドメインのYahoo seo Googleブログのsearch consoleデータから、Googleのインデックスの秘密が垣間見られる。
新規リンクは古い既存ページのリンクを上書きしながらGoogleのインデックスは更新されるのではないか?

メイン・コンテンツからの内部リンクで<モバイルユーザビリティ>の検出日が更新される

Yahoo seo Googleブログの内部リンク更新作業を終了して1週間。
メイン・コンテンツからの内部リンクで<モバイルユーザビリティ>の最終検出日が直近の日付で更新されている。

サイトの統合にアドレス変更ツールは使用するな!

サイトの統合にアドレス変更ツールは使用するな!
当Yahoo seo Googleブログは、まんまと間違った使用方法を続けていたことになる。

Googleが求めるスマートフォン用ウェブページの構造

Yahoo seo Googleブログに対し、Googleが求めるスマートフォン用ウェブページの構造はデスクトップPC用と異なるようである。
その原因は、レスポンシブwebデザイン化する以前のスマートフォン用ウェブページの構造が関係しているのではないか?

Googleにおけるアンカーコンテンツマッチと内部リンク、被リンクとseoの関係

Yahoo seo Googleブログの過去記事に、新規に内部リンクを加える修正に躍起になっている。 その理由は、Googleにおけるアンカーコンテンツマッチと内部リンク、さらに、seoは内部リンクの被リンクにも大きく影響されるからである。

新規リンクとウェブサイトの再構築がseoを促進させる

新規の内部リンクがGoogleに、新旧ドメインを含めたYahoo seo Googleブログの再構築を促し、ウェブサイトはリンクの再構築に応じて、seoを促進させるのである。

静的なテキストリンクがインデックスを更新させる

Yahoo seo Googleブログの<モバイルユーザビリティ>「有効」数値が、ある日を境に一気に増えた。
インデックスを更新させるのは、静的なテキストリンクであることが理解出来た。

Googleのコアアルゴリズムは脱seoのベクトルで進化する

脱seoをテーマに書いたYahoo seo Googleの過去記事を読み直しながら、今後、Googleのコアアルゴリズムは脱seoのベクトルで進化するだろうと予測した。

「ユーザーが指定した正規URL」が「該当なし」になる原因

<モバイルユーザビリティ>から消えたYahoo seo Googleブログのページを<URL検査>してみると、“canonical”タグで指定したにも関わらず、「ユーザーが指定した正規URL」が「該当なし」と表示されるページがあるのを発見した。

Googleの全てのリンクはスマートフォン用Googlebotが収集したデータに拠っている?

内部リンク、ドメイン間のリダイレクト、さらには全てのseoに影響を及ぼすリンクは、スマートフォン用Googlebotが収集したデータに拠っているのではないか?と、Search Consoleに登録したYahoo seo Googleの5つのドメイン・データから推測した。

スマートフォン用Googlebotとサイトマップの関係

Yahoo seo Googleブログの「クロール済み - インデックス未登録」が4ページ増えた。
何れも共通点はスマートフォン用Googlebotのクロールが確認出来ない点で、これはサイトマップが関係しているのではないかと推測している。

アドレス変更ツールで置き換えられたページにGooglebotはクロールしない

前回記事から継続して、Googlebotの種類とseoとの関連性について検証したが、アドレス変更ツールで置き換えられたページにGooglebotはクロールしないことが判明した。

Googlebotの種類によって優先されるページがある?

未だモバイルファーストインデックスに移行していないウェブサイトでは、パソコン用Googlebotがクロールしたページはスマートフォン用Googlebotがクロールしたページに優先されるのではないか?と思われる事例を、旧ドメインのYahoo seo Googleを検証して発見した。
当ブログの著作権は ただ男にあります。掲載されたすべての記事を許可なく転載、複製、流用および転売することを禁じます。Yahoo seo Google