アンカーテキストを変更するとGooglebotのクロールが減りインデックス数も減る

Yahoo seo Googleブログの記事タイトルを変更するとブログ内部のアンカーテキストも変更される。
それに伴ってGooglebotのクロールが減り、インデックス数にも影響を及ぼす様である。

URL変更時のリダイレクトにはウェブページ本文の修正が必須か?

URLを変更する目的でリダイレクトを施す場合、リダイレクトを成功させるのにはウェブページ本文部分の修正が必須なのではないか?
Search Consoleに登録したSSL化する以前と以後のYahoo seo Googleデータから、その様な推測をしている。

リダイレクトの最中、サイトマップが保留だとインデックスされない?

Yahoo seo GoogleブログのSSL化に際して、サイトマップの役割を検証し直してみた。
旧から新URLへのリダイレクトが進行している最中、サイトマップが「保留」であるとインデックスに支障が出る様である。

ランキング・アルゴリズムなんて無視してseoに邁進するべし!

Googleのランキング・アルゴリズムは検索クエリに応じて、コンテンツ、リンク、RankBrainの重要度の順番が入れ替わる。
だからこそ右から見ても左から見てもコンテンツが正しく見える様に最適化することこそがGoogleのseoなのであり、ランキング・アルゴリズムなんて無視してseoに邁進するのが良いのである。

seo的には少なくとも1つ以上の静的なテキスト リンクがあった方が安全である

Search Consoleに登録したYahoo seo GoogleブログのSSL化した方の<構造化データ>が更新された。
このデータ更新によりseo的には少なくとも1つ以上の静的なテキスト リンクがあった方が安全であることが確認出来たので報告しよう。

混乱を生じさせないことが最低限Googleのseoに求められる事である

「ブログ移転とhttps化を同時に行うのは自爆するようなものとGoogleコメント」という記事を読んで改めてYahoo seo GoogleブログのSSL化を検証していた。
そこで浮かび上がったのが“混乱”というキーワードだ。
“混乱”を生じさせないことが最低限Googleのseoに求められる事と言えるだろう。

seoの為にも記事本文から内部リンクを行うことは重要である

SSL化したYahoo seo Googleブログと、それ以前のURLが、Search Consoleのデータ上で興味深い変化を記録している。
そこから理解出来るのは、本文中からの内部リンクの重要性である。
seoの為にも本文から意図的に内部リンクを行うことを考慮すべきであろう。

自動ペナルティを解除するのにはURLを変更するのが望ましい

SSL化したYahoo seo GoogleブログのSearch Consoleデータが更新されると同時に、旧URLに対するデータが新しい検証を可能にさせている。
アルゴリズムのすき間に陥った、自動のペナルティの正体と、その解除に光明が見え始めてきた。
自動のペナルティを解除するのにはURLを変更するのが望ましい。

FC2ブログをSSL化する際の注意点

FC2ブログをSSL化することが可能になったので、このYahoo seo GoogleブログもSSL化した。
それに伴いブログのURLが変更になった。
FC2ブログをSSL化する際の注意点を書き留めておこう。

seoを意識するのであればブラウザはchromeを利用するのが良い

Google seoにおける問題を把握する目的でBingのウェブマスターツールを利用している。
その過程で発見したのであるが、Bingはブラウザchrome(クローム)のトラフィックを認識している様である。
chromeでYahoo seo Googleブログにアクセスした結果、驚くべき変化がウェブマスターツールに表示されたのである。

seoに効果があるトラフィックの再カウントは10日経過後

Yahoo seo Googleブログの<クロールの統計情報>から理解出来るのだが、seoに効果があるトラフィックは、前回から10日経過した後のトラフィックが再カウントされる。
つまり10日以内のトラフィックはseoには効果がないと言うことである。

seoにおける構造認識の重要性について

Googleのseoにおいて、サイトやブログの構造を正しく認識させることは極めて重要な事である。
今回はYahoo seo Googleブログの2つのアーカイブページの履歴を例に、構造の問題を検証してみた。

<ヘッダ>内のリンクこそseoにおいて最重要視されている

Yahoo seo Googleブログのリンクの塩漬けを解消する目的で、Fetch as Googleを通じてGooglebotのクロールをリクエストしていた。
その過程で発見したのがリンクの重要度である。
Googleにおいてseo的に最も重要視されているのは<ヘッダ>内のリンクである。

リンクの塩漬けは被リンクに対して行われる

Googleのseoを“エンティティ”の視点で考えている。
検証の最中、Yahoo seo Googleの<内部リンク>データが更新され、バックリンクに変化が生じた。
<アンカーテキスト>のデータを見ても、リンクの塩漬けはリンクそのものではなく被リンクに対してのみ行われている様だ。

エンティティを考えると、削除ツールの履歴が影響を与える原因が理解出来る

Search ConsoleのYahoo seo Googleデータ更新を以って、<URLの削除>ツールの履歴はウェブ上のサイトに影響を与えている!と断言しよう。
そしてそこから浮かんで来るのは“エンティティ”である。
“エンティティ”を考えることで、Googleのseoは見えて来る。

<URLの削除>ツールの履歴はウェブ上のサイトに影響を与えているのではないか?

2017年2月3日に削除申請したYahoo seo GoogleブログのURLが、Search Consoleの履歴から8月3日に消えたのをハッキリと確認した。
<URLの削除>ツールの履歴は6ヶ月で間違えがない。
その後の経緯を見る限り、やはり<URLの削除>ツールの履歴はウェブ上のサイトに影響を与えているのではないか?

被リンクとリンク先<ヘッダ>の関係性を検証してみた

前回記事の最後で触れた、被リンクとリンク先<ヘッダ>の関係性を検証してみた。
「退場」と「退場はこちら」検索でYahoo! JAPANは表示されないが、「退場 こちら」でGoogleが表示される。
アンカーテキストとリンク先コンテンツの相違はネガティブseoそのものではないか?

<ヘッダ>と<ボディ>は分割して処理されているのか?

Yahoo seo Googleブログのサイトコマンド検索で、改めたタイトルが表示されながらもキャッシュは以前の儘であるページを見付けた。
これはGoogleによって<ヘッダ>と<ボディ>が分割されて処理されているということなのだろうか?

インデックス方法の変更はコア アルゴリズムの前章なのか?

7月に入ってからFetch as Googleで送信したURLがSearch Consoleに反映されていない様に感じられる。
Googleがインデックスに至る方法を変更したのではないか?
Yahoo seo Googleブログのデータから、コア アルゴリズムの前章ではないかと検証した。

<データ ハイライター><URLの削除>は、ウェブ上でフィルターをかけるツールである

Search Consoleで提供されている<データ ハイライター><URLの削除>は、ウェブ上においてページにフィルターをかけるツールである。
だがそれがマイナスに作用するのは、そのフィルターが蓋の様な作用をするからではないか?
4月並びに最近起こったYahoo seo Googleブログのインデックス数の減少と復活を比較する処から検証を開始した。

Search Consoleのツールは使用しないと決めた訳

Search ConsoleでGoogleより提供されるツール、具体的には<URLの削除>であるが、その使用を自らに禁じることにした。
そう決めた訳はYahoo seo Googleブログの<インデックス ステータス>に表示される「削除済み」件数が削除をキャンセルした件数と同数であることを発見したからである。

外部リンクよりも内部リンクがseo的に重要だと考える理由

Yahoo seo GoogleブログのURLをFetch as Googleで送信し終えた。
送信過程の<構造化データ>推移から、改めて内部リンクの重要性を確認した。
最早、外部リンクよりも内部リンクの方がseo的には遥かに重要ではないか?
そう考える理由を説明しよう。

Yahoo!カテゴリの終了について考える

Yahoo! JAPANから「Yahoo!カテゴリ」「Yahoo!ビジネスエクスプレス」のサービス終了が発表された。
このブログでもYahoo!カテゴリ登録におけるseo効果を検証していた過去がある。
カテゴリ登録終了の意味をランキング・アルゴリズムの観点から考えてみた。

<構造化データ>に表示されない原因は<データ ハイライター>によるマークアップだった!

Yahoo seo Googleブログの<構造化データ>にURLが表示されないのは<データ ハイライター>によるマークアップが原因だった。
<データ ハイライター>の全てのデータを削除し、マークアップし直したソースをFetch as Googleによってキャッシュさせたら、<構造化データ>に表示される様になったからである。

<構造化データ>はウェブ上で検出される

とある仮定を検証する目的でYahoo seo Googleブログの<データ ハイライター>タグ付けを改めていた。
タグ付けは改め終わったが、未だ仮定を検証する段階には至っていない。
その原因は<データ ハイライター>がオフラインでのデータであるのに対し、<構造化データ>はウェブ上で検出されるデータであるからだ。

ドメインなんて関係なし?全てはページ単位なのか?

Yahoo seo Googleブログの最適化作業を通じて最近考えていたことがドメインの事である。
単位としてのドメインは確かにあるが、それはウェブ上のフィルターにだけ関係しているのではないか?
それ以外は全てがページ単位なのではないか?

アンカーテキストから推測出来るリンクの塩漬け状態

Yahoo seo GoogleブログのSearch Console<アンカーテキスト>のデータを検証した。
一向に<アンカーテキスト>から消えないテキストがあるからだ。
以前にもそうしたアンカーテキストがあったが、それは2016年9月に一気に消えた。
現状、リンクの塩漬けは形を変えて継続されていると言えるのだろう。

被リンクの評価にはトラフィックが利用されているのではないか?

Yahoo seo Googleブログの、トラフィックにおけるseo効果を検証している。
その過程で、Googleのランキング・アルゴリズムにおける被リンクにはトラフィックが利用されているのではないか?と感じた。
ナチュラルなリンクとスパムのリンクを精査する目的で、である。

インデックスにはトラフィックが関係しているのか?

Yahoo seo GoogleブログのSearch Console上データを見ると、ウェブ上で得られるデータと大きく異るものが散見される。
特にハッキリしているのが<データ ハイライター>でタグ付けしたページのキャッシュされた時間と、ウェブ上のキャッシュの時間である。
Googleのインデックスには実際のトラフィックが大きく関係しているのではないだろうか?

内部リンク、それも発リンクの評価を改めたのか?

フレッド・アップデートに因ってランキングを下げたサイトが復活して来ているそうである。
「2ちゃんねる」を読むと、内部リンクの評価を改めた様だという情報があった。
Yahoo seo GoogleブログのSearch Consoleデータを見ると、それは正しく、内部リンク、それも発リンクの評価を改めた様である。
当ブログの著作権は ただ男にあります。掲載されたすべての記事を許可なく転載、複製、流用および転売することを禁じます。Yahoo seo Google