Yahoo seo Google > Google seo 2017年10月~ > 補足コンテンツはseo的にどれくらい重要なのであろうか?

補足コンテンツはseo的にどれくらい重要なのであろうか?

ウェブページの構造とseoとの関係を検証する目的で、Yahoo seo Googleのテンプレートに修正を加えた。
補足コンテンツはseo的にどれくらい重要なのであろうか?
2018年5月24日から、Yahoo seo Googleのテンプレートに修正を加えはじめた。
なぜ、修正を加えようかと考えたのかについて、報告しておこう。

まずはじめに、当ブログのサイトマップが、Google search Consoleで「保留」とされてから、2018年6月2日で252日目になった。
しかし、この「保留」日数も、当ブログをSSL化して以降のものであり、2017年9月21日にSSL化する以前においても、サイトマップはずっと「保留」状態であった。
つまりはサイトマップを利用してYahoo seo Googleブログの更新をGoogleに伝えることは、かなり以前から不可能であった。

FC2のサイトマップが「処理」されていた頃でも、サイトマップの<lastmod>によって、個別の記事の更新を伝えられなかったのは事実である。(参考記事「」)
しかしサイトマップに記載された新しいURLによって、Yahoo seo Googleブログが更新されたことはGoogleに伝えられた。
それが出来ないようになったため、新規記事をエントリーした際にはFetch as Googleで送信する他に方法がなかった。
そして、それは、テンプレートに修正を加えた現在でも変わりがない。
新規記事をエントリーした際には、Fetch as Googleで送信せざるをえない。

今回、テンプレートに加えた修正とは、Yahoo seo Googleの新規記事をサイトメニューに表示させるようにしたことだ。
これにより、どのような効果を期待したのかといえば、ブログが更新されていることをGoogleに把握させることである。

この新規記事がサイドメニューに表示されていない時、過去記事の本文に修正を加えていなければ、そのウェブページには何一つ、更新のシグナルが存在しなかった。
その記事に修正なり加筆がされておらず、更新されていないことは事実である。
だが、はたして、そうした状況はウェブサイトなりブログのseoにおいて、あるべき姿なのかという疑問を抱いた。
そうした疑問を抱いた背景には、「」で報告したGoogleの検索品質評価ガイドラインがあった。
同記事から引用すると
邦訳すれば「ウェブページ上のすべてのコンテンツは、メイン・コンテンツ(MC)、補足コンテンツ(SC)、または広告/収益化(広告)に分離出来る。 ウェブページの目的を理解し、ページクオリティ(PQ)評価を行うためには、ページのこれらの異なる部分を区別出来るようにしておく必要があります。」
このメイン・コンテンツと補足コンテンツを考えた時、本文こそメイン・コンテンツである。
そして補足コンテンツはどこなのか?と考えれば、それはサイドメニュー部分ではないのか?と推測した。
SiteNavigationElementは、サイドメニューの「Yahoo seo Google カテゴリ一覧」にマークアップしたからである。

かつての当Yahoo seo Googleテンプレートでは、アーカイブのURLをサイドメニューに表示させていた。
先の記事「FC2ブログのサイトマップと更新日の問題」から引用すると
7月の日付でキャッシュされている既存のURLを8月下旬にFetch as Googleを使用して強制的にクロールさせた。
するとそのURLに新規に加わったURLだけがURLリストに加わり<内部リンク>に表示された。
そのページは2014年8月のアーカイブページである。
つまり7月にクロールした時は当たり前だが8月のアーカイブページはなかった。
そのページを8月下旬にクロールさせたから8月のアーカイブページが加わっていることがGooglebotによって捕捉されたのだ。
これをメイン・コンテンツと補足コンテンツに置き換えて考えてみれば、メイン・コンテンツは更新されていないが、補足コンテンツによってブログの更新を伝えていたことになる。
この場合の更新とは、記事コンテンツの修正による更新ではなく、アーカイブへのリンクという更新である。
それがseo的にどれほど重要なのかは不明だが、補足コンテンツへの検証を目的に、テンプレートの修正を行ったのである。

次の修正部分は各年月日のアーカイブに全アーカイブ・ページへのリンクを表示させたことだ。
これは単純に検索ユーザーのユーザビリティに考慮したものだ。
カテゴリのページにはサイドメニューから即座にジャンプ出来るが、アーカイブに即座にジャンプ出来るハイパーリンクは設置していなかったからだ。

ウェブページの構造については「」も参照してほしい。
「補足コンテンツはseo的にどれくらい重要なのであろうか?」の関連記事リスト

コメント

非公開コメント