Yahoo seo Google > Google Search Consoleとseo > Search Consoleでは問題がなくても、実際のseoでは問題がある

Search Consoleでは問題がなくても、実際のseoでは問題がある

Search Consoleでは問題がないとされながらも、実際のseoでは問題ありのケースがある。
Yahoo seo Googleブログにおいては、<URL パラメータ>の監視対象URLがそれである。
現在、Yahoo seo GoogleブログのSSL化する以前、以後のドメイン、サブドメインで、<URL パラメータ>が問題を起こしているものはない。
いずれの<URL パラメータ>も「」で紹介した画像のように、
現在のところ、Googlebot でサイトの検出に関する問題は発生していないため、URL パラメータを設定する必要はありません(パラメータを誤って設定すると、サイトが Google のインデックスから削除される可能性があります。必要な場合を除き、このツールの使用はおすすめしません)。
と表示されている。
ただし「URL パラメータを設定」をクリックすれば、パラメータと監視対象のURLが表示される。
そしてここで表示される対象URLの数値が減少してきているのである。

この監視対象URLが減少してきている原因は、簡単にいえば、そのパラメータがついたURLにリンクしていたウェブページにGooglebotがクロールし、リンクがないことを把握したからである。
そして現在のYahoo seo Googleブログの内部リンクには、パラメータがついたURLに対するリンクは1つも存在していない。
つまり監視対象URLがあること自体が、Googlebotが必要なクロールを行っていないことの証なのである。

Googlebotが必要なクロールを行っていない原因については前回記事「」を読んでいただければ理解出来るだろう。
要は、スマートフォン用Googlebotのクロールによってリンクが存在しないことが把握され、<URL パラメータ>の監視対象URLが減少したということである。

問題はseoのことである。
この<URL パラメータ>の監視対象URLとはseo上、問題がないのであろうか?
その答えはハッキリしており、問題はある。
<URL パラメータ>の監視対象URLが存在するということは、いまだパラメータ付URLに対するリンクが存在するとGoogleに把握されているからであり、ではその内部リンクに関していえば、パラメータ付URLとパラメータがつかない正規URLは同一のアンカーテキストで繋がれていたからである。
FC2ブログでは“sp”のパラメータがついたURLにデスクトップPC用Googlebotがクロールしても、デスクトップPC用URLにリダイレクトされない。
つまりは前回記事で書いた通り、2つのURLは「ウェブ」に重複して存在するURLなのである。

では、2つのURLが重複して存在しながらも、<URL パラメータ>で問題が起こっていないと表示されるのは、なぜか?
その原因は、パラメータ付URLの<head>には“canonical”でデスクトップPC用URLを記述してあったからであろう。
だからこそURLの優先の件で問題は生じさせなかった。

しかし現在、この“canonical”が問題をすべからく回避させることが出来ると考えるのは無理がある。
それこそモバイル ファースト インデックスと“canonical”の問題があるからである。
」の「」から引用させていただく。
別URLでモバイル対応をしている場合、正規化の設定パラメーターには、「主ページ」であるcanonicalと、「従属ページ」であるalternateとの、いずれかを設定しますが、多くのサイトは現在、PC版をcanonical(主)、モバイル版ページをalternate(従)に設定しているかもしれません。
今後モバイルファーストインデックス化されたら、この関係を逆にしなければならないのか、という疑問がわきますが、その必要はないそうです。実際その作業を全サイト管理者にやらせるとなると「何十年もかかりそうだから」、Google側が「うまく処理できるようにする」とゲイリー・イリェーシュは話しています。
つまりモバイル ファースト インデックスにおいては“canonical”を実際に記述してあるウェブページが正規URLとされる可能性がある。
そうした過渡期にある現在において、“canonical”はseo上の問題を回避させる魔法のタグではないのである。

Search Consoleでは問題がないと表示させながらも、実際のseoでは問題がある。
この<URL パラメータ>の監視対象URLも、その1つであると考えている。

繰り返すが、FC2ブログは“sp”のパラメータがついたURLにデスクトップPC用Googlebotがクロールしても、デスクトップPC用URLにリダイレクトさせない。
つまりFC2ブログのseoはレスポンシブwebデザイン化が必須であり、なおかつ、「ウェブ」で存在するURLを1つにしなければならないのである。
「ウェブ」で存在するURLが重複する場合、内部リンクは統一されたURLで認識されなくなる。
“sp”のパラメータがついたURLでリンクされたページと、デスクトップPC用URLでリンクされたページで分断されるのだ。
」で書いたことは現在も同様である。
だからこそ内部リンクは正しく繋がれなければならず、それを阻害するものを排除することこそがseoなのである。
「Search Consoleでは問題がなくても、実際のseoでは問題がある」の関連記事リスト

コメント

非公開コメント