Yahoo seo Google > Googleの変動 > seoとGooglebotのクロールが関係した検索ランキングの変動

seoとGooglebotのクロールが関係した検索ランキングの変動

2018年8月22日、Googleの検索アルゴリズムのアップデートに伴う検索ランキングの変動が起こった。
seoとGooglebotのクロールが、今回の変動に関係している。
2018年8月22日、Googleの検索アルゴリズムにアップデートがあったようだ。このツイートを発見する前に、検索ランキングの変動に気づいた。
検索アルゴリズムの変化をウォッチする目的で常にその検索結果に注目しているクエリがある。(参照記事「」)
コア アルゴリズムのアップデートによる大変動後、そのクエリで検索していなかったため、試しで検索してみてランキングの変動に気づいたのだ。

そのクエリで1ページ目に登場するウェブサイトに変化はなかった。
注目したのは、かつて私がコンサルティングしていたサイトである。
コンサルティングしていた当時の担当者は退職したのかどうかは不明だが、一時を境にそのウェブサイトは私がコンサルティングで伝えたことを無視する形で更新された。
それにより、当初目的としていた検索キーワードにおいて、検索ランキングは圏外へと至った。
その時から、このウェブサイトの検索ランキングも、検索結果の1ページ目に登場するウェブサイトとともに注視していたのである。

実際にその検索キーワードで検索したのは8月23日である。
1ページ目に登場するウェブサイトに変化がなかったことは書いたが、そのクエリで圏外であったウェブサイトが3ページ目に表示されていることに気づいた。
早速ウェブサイトにアクセスすると、かつてコンサルティングしていた時ほどの最適化(=seo)は確認出来なかったが、圏外に至った時よりは遥かにseoされたウェブサイトを確認した。
」で触れたキーワードの出現回数に関係するseoだということだけ報告しておこう。

だがそれだけで3ページ目に復帰出来るほど優しい検索キーワードではない。
そこで調べると、先のバリーさんのツイートに気づいたというわけだ。
これは前回記事「」で報告したGooglebotのクロールに関係しているだろう。
つまり変化が生じたGooglebotのクロールによって再度改めて収集されたデータが、検索ランキングに反映されたのではないか?と推測している。
いうなればGoogleの検索ランキングのアルゴリズムがアップデートされたのではなく、より正確には、アップデートされた検索アルゴリズムによって再評価されたウェブページの評価が検索ランキングに反映されたのである。

バリーさんのツイートにもある通り、この検索ランキングの変動は継続中である。
なぜなら、Googlebotのクロールに伴い、再評価もリアルタイムで進行中であるからだ。
8月26日段階で、先に紹介したウェブサイトは3ページ目から再度圏外へと至った。
その原因はseoされたウェブページがトップページだけだったからである。
サブページのキャッシュが2018年7月までのものであれば、そのウェブページは新しい検索アルゴリズムの再評価を受けていないページだと判断することが出来る。
この再評価によって、先のウェブサイトのように3ページ目に表示されたかと思いきや、いきなり圏外に戻るケースもあるだろう。
Googlebotのクロールをウォッチせよ!

追記(2018年10月31日)
この記事に関連する「」も参照のこと。
「seoとGooglebotのクロールが関係した検索ランキングの変動」の関連記事リスト

コメント

非公開コメント