Yahoo seo Google > Google seo 2017年10月~ > ペナルティから解放されるか否かは、コア アルゴリズム アップデート後のseo次第である!

ペナルティから解放されるか否かは、コア アルゴリズム アップデート後のseo次第である!

パンダアップデートやペンギンアップデートといった自動ペナルティから解放されるか否かは、Googleがコア アルゴリズムをアップデートした後のseo次第である!
ここでseoに失敗すれば、自動ペナルティから脱することは出来ない。
Google seoを難しくさせている点が、この時期といったものだろう。
例えば、自動ペナルティから脱しようとseoしたのにも関わらず、まるでその成果が見られない。
なぜなら、このコア アルゴリズムのアップデートを待たなければ、自動ペナルティからは解放されない仕組みになっているからだ。
そのように私が考えるに至った、当Yahoo seo Googleブログの変遷を紹介しよう。

Yahoo seo Googleブログに最初に訪れた自動ペナルティこそパンダアップデートである。(参考記事「」)
同一のコンテンツが“net”と“com”という2つのドメインで展開されていた。
典型的なパンダアップデートの事案だといえるだろう。

問題はこのパンダアップデートに対しFC2は即座に対処に乗り出したにもかかわらず、パンダアップデートのペナルティは解消されなかった。
その原因こそ、コア アルゴリズムのアップデートを待つことなく、“net”ドメインに対する対応を二転三転させたからである。(参照記事「」)
ではなぜ、コア アルゴリズムのアップデートを待たなければならないのか?
それこそ「」に書いた以下の部分がその原因だといえるだろう。
パンダアップデートもペンギンアップデートも、Googleの1つの大きなアルゴリズムの1部であるという視点を忘れてはならない。
つまりはアルゴリズムによって自動的にペナルティ対象とされたウェブサイトやウェブページのデータは、そのまま引き継がれ、そのデータが更新されるのには、そのコア アルゴリズムのアップデートを待たなければならないのである。
だからこそパンダアップデートやペンギンアップデートがアップデートされる度に、自動ペナルティから脱却出来たか?といった期待のデータ更新を目の当たりにすることがあったのである。

だが実際、自動ペナルティから脱却出来なかった原因は、Yahoo seo Googleブログのseo(=最適化)に失敗したからである。
仮にそのseoに成功していたのなら、「」で紹介した“net”ドメインの<モバイル ユーザビリティ>のような画像はなかったはずだ。
seoに成功していなかったからこそ、“net”ドメインの<モバイル ユーザビリティ>にエラー表示がされたのである。

ここで改めて前回のコア アルゴリズムのアップデートで当ブログのseoが失敗した原因とは何だったのだろうか?
可能性として考えられる点は、いくつかある。
例えば「コア アルゴリズムによる大変動後、Googlebotのクロールに変化が生じている」で紹介した現在のSSL化されたドメインの<モバイル ユーザビリティ>の画像が挙げられる。
アドレス変更ツールの有効期間が終了した直後から、<モバイル ユーザビリティ>に「有効」の表示がされたことだ。
つまりはアドレス変更ツールの有効期間中であったから、seoに成功しなかったとも考えられるのである。

さらにFetch as Googleを使用する際に「PC」を選択して送信したことも影響しているかもしれない。
「PC」を選択して送信することで、SSL化する以前の旧ドメインからの、“sp”のパラメータがついたURLの301リダイレクトが進まなかったことも考えられる。(参考記事「」)

ハッキリした原因は不明だが、今のところ、現在のseoは間違っていないものと考えている。
仮に現在のseoが間違っているのなら、“net”やSSL化する前の“com”の<モバイル ユーザビリティ>に「エラー」もしくは「有効」の表示がされると思うからだ。
現在のところ、そうした表示は一切されていない。
だからこそ、現在のseoは間違っていないと考えているのだ。
「ペナルティから解放されるか否かは、コア アルゴリズム アップデート後のseo次第である!」の関連記事リスト

コメント

非公開コメント