Yahoo seo Google > Google seo 2017年10月~ > Googleにおける新規内部リンクとseoの関係

Googleにおける新規内部リンクとseoの関係

Yahoo seo Googleブログの<モバイル ユーザビリティ>データに表示される最終検出日について検証してみた。
「有効」の検出には内部リンクが関係しているようであり、それは新規リンクと、それに伴うGoogleのリンク再構築(リコンストラクション)がこそが、進むべきseoであると考えるに至った。
新しいSearch Consoleに<モバイル ユーザビリティ>が実装されてから、しばらく経った。
その件について最初に「」で報告した。
あれから<モバイル ユーザビリティ>のデータは毎日更新され、「有効」の数値は毎日上下している。

このデータを記録に取り始めてから最初に気になったことが、その最終検出の日付である。
例えばFetch as Googleで送信したURLが<構造化データ>に表示される際、その最終検出日はFetch as Googleで送信した日付である。
だがこの<モバイル ユーザビリティ>に関しては「有効」だと表示されるようになっても、その最終検出日が古い日付のままなのである。

これは何が原因なのだろうと考えていた。
」を書いてエントリーしたのが2018年8月27日。
そしてエントリーと同時にFetch as Googleでこの記事のURLを送信した。
8月31日に更新された<構造化データ>に、この記事のURLは表示された。
しかし、この記事URLが<モバイル ユーザビリティ>で「有効」と表示された日は9月10日であり、その最終検出日は9月9日であった。

Fetch as Googleで送信されたURLが数日たってからモバイル ユーザビリティであるか否かのテストを経て、「有効」表示される可能性も考えられた。
仮にそれが事実であれば、Fetch as Googleで送信した過去記事のURLの最終検出日も、後日、全て改まるのが道理である。
だが、そうした事実は確認出来なかった。

そこでFetch as GoogleでのURL送信と<モバイル ユーザビリティ>との関連を、一旦抜きで考えてみた。
すると、Fetch as Googleで送信することなく、突然、<モバイル ユーザビリティ>に「有効」表示されるURLがあることに気づいた。
これは内部リンクが原因なのではないか?
<構造化データ>と<モバイル ユーザビリティ>の最終検出日の相違は、<モバイル ユーザビリティ>の「有効」表示には内部リンクが介在していることが原因だろうと推測した。
つまり<モバイル ユーザビリティ>の検出はFetch as Googleによる送信で検出されるのではなく、別のモバイル ユーザビリティにおいて「有効」とされたウェブページからの内部リンクがクロールされて検出されるのだろう。

この推論を基に、Googleのseoをさらに考えてみた。
さらに推測出来たことは、Googleはテンプレートにより出力されたリンクを認識しているということだ。
」の記事でYahoo seo Googleの新規記事をサイトメニューに表示させるようにしたことを報告した。
だがこの最新記事へのリンクもテンプレートによって出力されたものであり、いわば自動的に出力されたリンクである。
こうした自動的に出力されたリンクをGoogleは理解しており、そうしたリンクは当然ながら記事本文から発せられるリンクと同等の価値を持つものではないことも理解している。
つまり、新規に記事がエントリーされれば、全ての過去記事のサイドメニューに表示されるリンクは変わる。
ソースも変わる。
しかしそれは自動的なリンク出力であり、その過去記事のページが更新されたことには本質的にならないのである。

さらに更新日の表示も無関係ではないだろう。
」で報告した通り、Yahoo seo Googleの過去記事は、そのページが更新された時の日付を表示するようにテンプレートを改造した。
この日付は、サイドメニューに新しいリンクが表示されるようになっても、また、テンプレートに改造を加えても、最終更新日の日付が変わることはない。
変わるのは、文字通り、過去記事に修正を加えた時だけであり、ウェブ上の表示を見ていると、この最終更新日の日付が表示されている時も確認している。
つまり、Googleがこの最終更新日の日付をチェックしていることは明白な事実なのである。

こうした推測と事実を前提にして、新たなリンクこそGoogleのリコンストラクションを起こす術だろうと再認識した。(参照記事「」)
リンクが新しく構築され直されなければ、そこに301リダイレクトを伴うアドレス変更は起こらないのではないか?
つまりはペンギンアップデートの自動ペナルティから脱出するためには、本質的な「更新」の作業と、リコンストラクションを促す新たなリンクこそ、当Yahoo seo Googleブログに求められたseoなのではないか?(参考記事「」)

今現在は、その過去記事に関係する他の記事へのリンクを新たにする作業に没頭している。

追記(2018年9月26日)
この記事に関連する「」も参照のこと。

追記(2018年10月3日)
この記事に関連する「」も参照のこと。
「Googleにおける新規内部リンクとseoの関係」の関連記事リスト

コメント

非公開コメント