Yahoo seo Google > Google seo 2018年10月~ > 未削除のURLはGoogleのインデックスとseoに悪影響を与える

未削除のURLはGoogleのインデックスとseoに悪影響を与える

Googleのインデックスにはエンティティが大きく関与している。
そのため、サイトのドメイン変更に際しても、かつて使用していたURLを相応しく削除しなければ、Googleのインデックスとseoに悪影響を与える。
前回記事「」にも関係することであるが、Googleのインデックスには内部リンクによる関係性が重要である。
そのため、サイトのドメインを変更した際に、かつて存在したURLを正しく処理しておかないとインデックスに支障が生じ、当然のことながらそれはseoにも関係してくる。

Yahoo seo Googleブログの場合、現在のSSL化したドメイン以前に3つのドメインが存在した。
そして新しいSearch Consoleのインデックスに「有効」とURL表示されるドメインが2つある。
「有効」と表示されるURLは現在のSSL化したドメインに301でリダイレクトされる。
つまり本来であれば、これらのURLは「有効」に表示されるのではなく、「除外」の中の「ページにリダイレクトがあります」に表示される筈のものである。
だが、なぜ、これらのURLは「有効」に表示されるのか?
その原因は、リダイレクト先の現在のSSL化したYahoo seo Googleブログにおいて、そのURLはどのページからもリンクされていないからである。

具体的に説明すれば、こうだ。
かつてのドメインでA.htmlからリンクされていたB.htmlはGoogleのエンティティの中で紐付けられていた。
だがドメインを変更するに際し、A.htmlからのリンクをB.htmlからC.htmlに改めた。
つまり現在のドメインにおいてはA.htmlからのリンクはC.htmlになっており、B.htmlは“浮遊するコンテンツ”になっていたのである。(参照記事「」)
そしてこの“浮遊するコンテンツ”が旧ドメインのインデックスで「有効」と表示されているわけである。

先にも書いた通り、このB.htmlは現在のドメインに301リダイレクトされている。
そしてB.htmlは現在のドメイン内のどのウェブページからもリンクされていない。
だから現在のドメインのインデックスに「有効」と表示されるURLの中にはないし、また、「排除」の中にも表示されていない。
いうなれば、ドメイン変更に伴うURLの移転で、このB.htmlは移転されていないことになるのである。

ここで生じるseo上の問題こそ、内部リンクの問題である。
旧ドメインから新ドメインへのアドレス変更で移行されるべきものはURLだけではない。
URLとURLが繋がれていたリンクもまた移行されなければならない。
にもかかわらず、A.htmlとエンティティで紐付けられたB.htmlは、新ドメインに移転されていない。
これにより、リンクという名のエンティティは移転されず、新ドメインにおいてもA.htmlは新しいC.htmlとリンクが結ばれないことになるのである。

こうしたseo上の問題が理解出来た原因は、FC2ブログには既に存在しないURLでありながらも、404 not foundをレスポンスさせずに200.o.kでコンテンツを表示させる種類のURLがあるからである。
つまり先の事例でいえば、301でリダイレクトされたB.htmlが現在のドメインで404 not foundをレスポンスさせていれば、B.htmlは削除されたものとしてGoogleは処理をする。
しかし200.o.kでコンテンツを表示させるから、旧ドメインのインデックスに残るわけである。

大部分のウェブマスターにおいては、既に削除しながらも200.o.kをレスポンスする問題なんて、存在しないことだろう。
だが以前の記事「」で、こう書いた。
2ちゃんねるのGoogle seoスレッドで、1年以上前に削除して404 エラーをレスポンスするURLが、ウェブマスターツールの手動対策ビューアでスパム認定されていたという書き込みを読んだ。
このGoogle seoスレッドで報告された事例はwwwありとwwwなしの、ドメインとサブドメインの問題が原因だったと推測している。
そして、だからこそGoogle Search Consoleにはwwwありとwwwなしの両方のドメインを登録することが重要である。(参照記事「」)
そして私も現在のSSL化されたドメインになる以前に存在した3つのドメインをSearch Consoleに登録してあるからこそ、こうしたseoの問題に気づけたわけである。

前回記事の最後にこう書いた。
さて、前回記事で報告した“net”ドメインの<モバイル ユーザビリティ>エラー表示であるが、その後を報告しておこう。
更新日9月22日のエラーが97であったが、23日に91に減り、24日には92と増加、そして25日に20へと減り、26日に10にまで減った。
そして更新日9月27日でエラー表示はゼロとなったが、更新日30日のデータで51と表示されるようになった。
これは前日にインデックスをリクエストしたURLが原因であろうと推測している。
51と表示されたエラーは翌日には消えた。
そして今回記事に関連して、200.o.kをレスポンスしていた旧ドメインで「有効」にインデックスされていたURLを相応しく処理したら、インデックスをリクエストしたURLが<モバイル ユーザビリティ>に追加表示されない現象が発生した。
今まであれば、Googleのファスト トラック インデックスに則して、リクエストしたURLは<モバイル ユーザビリティ>に追加表示されたのであるが…。(参照記事「」)

そして更新日10月10日に“net”ドメインの<モバイル ユーザビリティ>に41のエラー表示がされた。
この41のエラーこそ、“浮遊するコンテンツ”となっていたURLが“net”ドメインに残っていたという証であろう。
表示されたのは数値だけで、エラーの詳細は「」で紹介した画像のように「データがありません」であった。

今回の記事内容と合わせて考えれば、エンティティには具体的なコンテンツのデータは含まれていない。
あるのは漠然としたコンテンツのデータに過ぎないのであろう。
そして、こうした漠然としたデータが存在しているのは、パンダアップデートやペンギンアップデートの他、あらゆるseoスパム対策に活用されるためであろう。

追記(2018年11月7日)
この記事に関連する「」も参照のこと。
「未削除のURLはGoogleのインデックスとseoに悪影響を与える」の関連記事リスト

コメント

非公開コメント