Yahoo seo Google > サイトマップ > Googleにサイトマップが処理された原因はモバイルファーストインデックスか?

Googleにサイトマップが処理された原因はモバイルファーストインデックスか?

Yahoo seo Googleブログの、長らく保留されていたサイトマップが、2018年11月10日、Search Consoleで処理されたことを確認した。Googleにサイトマップが処理された原因はモバイルファーストインデックスにあると推測している。
2018年11月10日の朝、でYahoo seo Googleブログのサイトマップが処理されていることに気付いた。ツイートでは412日ぶりと書いたが、それは当ブログを化してからの日数であり、それ以前に遡れば、処理された最終日は手元のノートで21日が最後になっている。2年近く、保留が継続されていたことになる。
サイトマップが保留から処理に転じたのは、全般に訪れた模様である。つまりは個々のFC2ブログが原因でサイトマップが保留されていたわけではなく、の問題によってサイトマップは保留されていたわけだ。実際、私もそう予想しており、それを27日付記事「」で書いていた。保留の原因はにあると考えたのだが、今、処理に転じた原因もモバイルファーストインデックスにあるのではないか?と推測している。2018年11月1日より、Googleのに違和感を感じることが多くなったことも関係している。
違和感の最もたるものが、キャッシュである。デスクトップPCでYahoo seo Googleブログ記事のキャッシュを見ると、ほぼ全てがのキャッシュ日時である。前回記事「」で、現在盛んにを行っていることを報告したが、そのリクエストは<>の「有効」の数値にも反映されている。さらに<構造化データ>の最終検出日を見ても、11月からのインデックスリクエストは確実にされているのに、ウェブ上のキャッシュには反映されていないことになる。この矛盾を解消する最も最良の解決こそ、モバイルファーストインデックスなのである。
ほぼ全てが10月のキャッシュだと書いたが、中には11月でインデックスがされているもある。だが、それは未だインデックスリクエストしていないURLであり、推測するに、他のウェブページからのを、パソコン用してキャッシュを更新させたのであろう。つまり、11月でキャッシュ更新されているURLはパソコン用のキャッシュが表示されていることが想像できるのである。
では、モバイルファーストインデックスを原因に、Yahoo seo Googleブログのサイトマップが処理された意味を考えてみる。ヒントになったのは「サイトマップの保留もモバイルファーストインデックスが原因か?」でも引用した19日付記事「」の中の一文である。
このモバイルファーストインデックスが影響しているのかは不明だが、長らく「保留」状態であったYahoo seo Googleブログのサイトマップが本日10月19日朝の定点観測で「処理」に転じていることを発見した。定点観測で「保留」を発見してから211日目の朝にGoogleオフライン処理されたことになる。
つまり、Yahoo seo Googleブログがレスポンシブwebデザイン化されていることをGoogleが認識し、デスクトップPC用も用も同一のURLであるため、サイトマップは処理されたのではないか?
このブログが化、レスポンシブwebデザイン化される以前、デスクトップPC用とは別にスマートフォン用の “sp” のパラメータが付いたURLがあった。そしてサイトマップに掲載されていたURLはデスクトップPC用のURLだった。モバイルファーストインデックスに相応しいサイトマップなら、“sp” のパラメータが付いたURLで掲載されたサイトマップだったであろう。だが、そうしたサイトマップではなかったから保留された。
このブログ以外にFC2ブログを運営していないため、もしかしたら未だサイトマップが保留のFC2ブログもあるかもしれない。もし、未だ保留のままだと言うFC2ブログ・ユーザーの方がいれば、教えて頂きたい。
追記(2021年1月28日):Yahoo seo GoogleブログのHTTPサイトマップに送信日時が表示されるようになり、その日時は2018年11月5日であった。サイトマップの処理はHTTPとHTTPSの問題であったのだろうか?詳しくは「」を参照のこと。
追記(2021年2月17日):サイトマップ送信日時の “遡り” に関連する記事「」をエントリーしました。
関連のseo記事
  1. (2018/11/19)
  2. (2019/08/05)
  3. (2020/04/14)
  4. (2020/05/29)

コメント

非公開コメント