Yahoo seo Google > Google seo 2019年7月~ > Googleのコアアルゴリズムは脱seoのベクトルで進化する

Googleのコアアルゴリズムは脱seoのベクトルで進化する

脱seoをテーマに書いたYahoo seo Googleの記事を読み直しながら、今後、Googleのコアアルゴリズムは脱seoのベクトルで進化するだろうと予測した。
」で、私は自虐seoを報告した。
その過ちを改めて考えてみると、行き着く先はやはり“脱seo”の言葉であった。
そこで改めて、過去に“脱seo”をテーマに書いた2つの記事を読み直してみた。

脱seoをテーマに書いた2つの記事

一番最初に書いたのが「」である。
当時はまだYahoo! JAPANはYSTの検索エンジンを採用しており、記事のseoもYahoo!に対するseoを意味していた。
記事の中で最も重要な個所が以下だ。
最適化とは、どの様なseo対策であったか?
それは、seo対策に励むウェブマスターからすれば逆を行く作業であったと言えるかもしれない。
つまりseo対策などという言葉すら知らなかった時に戻る作業であったからだ。
これを書いていた時、私は自分が行うべき最適化の方法を、誤ることなく心得ていた。
しかし、今はどうだ?
自虐seoを行っていた私は、明らかに行うべき最適化を見誤っていた。

2つ目の記事が「」である。
これはGoogleのseoについて書いたものだ。
記事の冒頭でこう書いた。
脱seoこそ最適なseo対策である。
綺麗事だという方もいるだろうが、綺麗事が評価されるのだから、脱seoする他に手がないのである。
この記事を書いた時、Googleの検索ランキング・アルゴリズムに脆弱な点は見られなかった。
だから、中古ドメインを利用したseo手法が流行るなんてことはなかった。

中古ドメインのseo手法が流行りだしたのは、それによるGoogleのネガティブseoが話題になった頃だと記憶している。
ちょうど私も「」で記事にしている。
ネガティブseoに該当するのが以下の箇所だ。
さらに、かつての賃貸物件に関係するキーワードで検索すると、検索結果には現在の医療関係のコンテンツが表示される。
現在のコンテンツとは何ら関係がないクエリで、上位表示させることこそ、Googleによるネガティブseoだったのである。

このネガティブseoを解消するために、失われたのがアンカーテキストの効果であろう。
アンカーテキストの効果が消えることで、賃貸物件の検索クエリで医療関係のサイトが上位表示されることはなくなった。
しかし、失ったのはアンカーテキストの効果だけで、被リンクによるPageRankの効果は残ったのである。(参照記事「」)

アルゴリズムの脆弱性が生み出したseo手法

このアルゴリズムの脆弱性は、seo手法を生み、それに伴い脱seoの意識は失われていった。
続くパンダアップデートやペンギンアップデートのアルゴリズム・アップデートは、脆弱性を補強する目的のものであったと言えるだろうが、ご存じのように成功したとは言い難い。
アルゴリズムの脆弱性は、“まとめサイト”などの隆盛を生み、2016年にはDeNaのキュレーションサイト問題まで引き起こした。

では、こうしたGoogleの検索ランキング決定のアルゴリズムに脆弱性が生まれた契機とは何か?
直接的にはGoogleがseoスパムに厳しく対処し始めたことだ。(参照記事『』)
だが、より根本的な原因とは、それ以前、Yahoo! JAPANがしていたほどの厳しい対応をGoogle JAPANはしてこなかったことだと思っている。
その対応の違いは「」で報告した通りである。
つまりは、seoスパムに対する本格的な対処が遅れた分、その毒は大きく浸透し、相応しく対処するのに多大な時間を要したのである。

毒が浸透し、多大な時間を要したのは、アルゴリズムの脆弱性がseo手法を生み、それが正当なるseoであると、一般サイトのウェブマスターに誤解させたからだ。
seoスパムであるとして簡単に排除して良い低品質コンテンツのサイトがある一方、過ちに気付かずseoスパムを行ってしまった高良質なウェブサイトもある。
仮にそうした高良質なサイトまで簡単に排除すれば、それは新たなネガティブseoになってしまう。

コアアルゴリズムは脱seoで進化する

私が犯した自虐seoは、あくまでも私の責任である。
そして自虐seoを行ってしまったことを自ら理解出来た時点で、私は再び脱seoの意識を取り戻したと言えるだろう。

今年、Googleのコアアルゴリズムは数度のアップデートを行った。
そして、知っている限りで言えば、このコアアルゴリズムのアップデートで、新たにネガティブseoを生むことなく、seoスパムの排除がある程度可能になったと感じている。
そのコアアルゴリズムの元、今後のGoogle seoは“脱seo”のベクトルでさらに進化して行くと予想しているし、また、そうなることを希望している。

「Googleのコアアルゴリズムは脱seoのベクトルで進化する」と同一カテゴリのseo記事

コメント

非公開コメント