Yahoo seo Google > Google2019年seo > Googleにおけるアンカーコンテンツマッチと内部リンク、被リンクとseoの関係

Googleにおけるアンカーコンテンツマッチと内部リンク、被リンクとseoの関係

Yahoo seo Googleブログの過去記事に、新規に内部リンクを加える修正に躍起になっている。 その理由は、Googleにおけるアンカーコンテンツマッチと内部リンク、さらに、seoは内部リンクの被リンクにも大きく影響されるからである。
前回記事「」で、関連性が深いページを新規に内部リンクする修正を、当Yahoo seo Googleブログに対して行っていることを報告した。
修正は<モバイルユーザビリティ>から消えたページを修正し、その後、インデックスリクエストした。
つまりはこの修正で、今までリンクされていなかったページからリンクされたページが増え、それに伴って逆に<モバイルユーザビリティ>から消えるページが続発した。
その修正とインデックスリクエストに忙殺され、新規に記事を更新する暇が作れなかった。

<モバイルユーザビリティ>から消えるページの共通点

修正作業をしていて気付いたのだが、<モバイルユーザビリティ>から消えるページの共通点は、内部リンクで結ばれていたページである点だ。
例えば、ある日に<モバイルユーザビリティ>から消えたページは“seoスパム”についての記事で、それらのページは内部リンクで結ばれていた。
私がこのYahoo seo Googleブログで“リンクの輪”と呼んだもので結ばれていたページである。(参照記事「」)
そして、<モバイルユーザビリティ>から消えたページに新規に内部リンクの修正をしてインデックスリクエストすると、今度は異なる“リンクの輪”で結ばれたページが<モバイルユーザビリティ>から消える。
ただし、この消えるという現象がseoと相反するペナルティに類する現象であるとは受け取らないでほしい。
それは新規に内部リンクが加わったことによる一過性のものであり、2~3日で<モバイルユーザビリティ>に再表示されるケースもある。
2~3日では済まないケースもあるが、それは、そのページにリンクする他のページのインデックス状況によって、そうなっているのであり、他ページのインデックスが改善されれば、ひょっこりと再表示される。
」等の記事で内部リンクの重要性を語ってきたが、本日は内部リンクとアンカーコンテンツマッチについて触れておこう。

Googleにおけるアンカーコンテンツマッチと内部リンク

」では疑問形の形でGoogleのアンカーコンテンツマッチに触れたが、アンカーコンテンツマッチのアルゴリズムはGoogleにもある。
さらに言えば、Googleにおけるアンカーコンテンツマットのアルゴリズムは内部リンクによって増幅される。
こうした変化は私が推測するにGoogleが検索システムにセマンティック検索を導入したことが直接の原因であろう。(参照記事「」)
これを機に内部リンクで結ばれるページの関係性から、単語の意味はより正しく把握されるようになったと思われる。
」で報告した“リバウンド”の事例も、ダイエットのリバウンドなのか?それともバスケットのリバウンドなのか?
それも内部リンクする他のページが判断材料の1つになっていると言えるだろう。

参照元ページが変化した

修正したウェブページAをインデックスリクエストし、このインデックスに伴って<モバイルユーザビリティ>から消えたページBを<URL検査>すると、以前とは異なる参照元になっているケースが多々ある。
最も分かりやすいのが、参照元が修正したウェブページAに変わっているケースだ。
つまりは、新規の被リンクをたどってGooglebotがクロールしたから参照元が変わった。
以前は大部分のページの参照元が旧ドメインのURLであったことから考えても、この変化は貴重である。
つまり、当Yahoo seo Googleブログにおいては、アドレス変更ツールの使用は明らかな間違えであったと言えるだろう。(参照記事「」)

アンカーコンテンツマッチと内部リンクの関係について触れたが、seoは内部リンクの被リンクにも大きく影響される。
だからこそ、今、内部リンクの修正に躍起になっている。

『Googleにおけるアンカーコンテンツマッチと内部リンク、被リンクとseoの関係』と同一カテゴリのseo記事

コメント

非公開コメント