Yahoo seo Google > Google2020年seo > 2020年5月コアアルゴリズムのアップデートでseoの進捗が止まる

2020年5月コアアルゴリズムのアップデートでseoの進捗が止まる

インデックスのリクエストを封印することで検証を進めていたYahoo seo Googleブログであるが、2020年5月のコアアルゴリズムのアップデートによってseoの進捗が止まってしまった。
Yahoo seo Googleブログを利用してseoを検証するのには、適度な更新が必要になるため、最低でも週に1度は更新しようと考えていたが、時には更新が難しい場合がある。
それは単純に書くべきネタがないからであり、実は今回の記事も、取り立てて書くべきネタがあって書き始めたのではない。
だが、書くべきネタに困った原因がハッキリしているから、今回、それを書いておこうと思う。
ネタに困る原因は、Googleのコアアルゴリズムのアップデートである。

コアアルゴリズムのアップデートに気付いたのは、Googleからのアナウンスによってであった。 だが、違和感だけはそれ以前から感じており、それはここ最近検証しているインデックスに関する違和感である。

消えたインデックスの原因はコアアルゴリズムのアップデート

前回記事『』をエントリー後、この記事ページのURLである1105.htmlと、その前の記事URLである1104.htmlが、検索結果に表示されるようになったのを確認した。
そして、それは「最終更新日:2020/05/02」の<インデックスカバレッジ>更新でも確認出来た。
この時は「インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません」に表示されていたが、「最終更新日:2020/05/05」の<インデックスカバレッジ>更新では「有効」に表示されるように改まった。
最終更新日2020年5月5日<インデックスカバレッジ>画像
だが、実際にインデックスが確認されたにも関わらず、この2つのURLは、確か5月2日には検索結果に表示されなくなった。
サイトコマンドNo.1104画像
サイトコマンドNo.1105画像
下の画像で示す通り、サイトコマンドと記事番号で複合検索すれば、該当記事は検索結果に表示された。
サイトコマンドNo.1103画像
画像と同じように、前回記事をエントリーした5月1日には、サイトコマンドと記事番号で、1104と1105は検索結果に表示されていたのである。

このインデックスの違和感を調査していた折にアナウンスされたのが、Googleのコアアルゴリズムのアップデートだった。
インデックスされていたURLが突如として検索結果に表示されなくなったのは、これが原因かぁと感じた。

コアアルゴリズムアップデート関連の動きは4月27日から確認された

Search Consoleで、サイトマップにも変化が見られた。
2020年5月7日取得<サイトマップ>画像
5月6日にサイトマップを再送信したかのように表示されているが、私が再送信した事実はない。
時々見受けられる現象であるが、これはGoogleによる何らかのクロールの開始を告げるものなのであろう。
そして今回は、コアアルゴリズムのアップデートによるクロールで間違えない。

このアップデートに要するクロールには1週間から2週間掛かるそうである。
つまりは、この間のseo検証はコアアルゴリズムの影響を考慮して行わなければならない。
前回記事で、HTTPや旧ドメインの<インデックスカバレッジ>を紹介したが、このコアアルゴリズムの影響であろうが、全くと言って良いほど、seoの進捗が確認出来ない。
先の1104と1105とは真逆で、旧ドメインの<インデックスカバレッジ>でインデックス表示されていた唯一のURLが「最終更新日:2020/05/05」の更新でインデックスから消えたにも関わらず、ウェブ上の検索結果には表示されている。
この旧ドメインURLの表示履歴を検証すると、どうやら4月27日から、コアアルゴリズムのアップデートに関係した動きが確認出来る。

5月8日朝、Search Consoleのリンクデータが更新されていた。
前回と比較すると、明らかに逆行したかのような表示がされている。
具体的には、前回37の内部リンクとともに<内部リンク>に表示されたURLが、今回のデータでは消えているのである。
1104と1105のURLが消えたのと同じように。
Search Consoleのリンクデータとウェブ上のデータには、およそ2週間程度のタイムラグがある。(参考記事「」)
それを考慮すれば、少し短いが、今回のリンクデータは、先の4月27日当たりのコアアルゴリズム関連の動きと連動したものであることが推察される。

Googleのseoにおいて、リンクは重要である。
だが、今のリンクデータを見る限り、これは明らかに逆行した動きを示している。
これはまるで、かつてのYahoo!ではないか?
キャッシュの日付が古い日時に遡り、その日までのデータで、新しい順位付けを行ったYahoo!に、である。(参照記事「」)

現在は、コアアルゴリズムのクロール下にある。
だから、この間のseoの進捗に、一喜一憂する必要はない。
一喜一憂するなら、クロールが完了してからすればいい。
重要なのは、コアアルゴリズムアップデート後のseoなのである。(参照記事「」)

関連する記事

『2020年5月コアアルゴリズムのアップデートでseoの進捗が止まる』と同一カテゴリのseo記事

コメント

非公開コメント