Yahoo seo Google > Google2020年seo > コアアルゴリズムのアップデートはデータベースのリセット

コアアルゴリズムのアップデートはデータベースのリセット

コアアルゴリズムのアップデートは、検索ランキングアルゴリズムの基礎となるデータベースがリセットされることである。
かつてのYahoo!とGoogleのアップデートから、seoの進化を検証してみた。
前回記事の最後に、こう書いた。
重要なのは、コアアルゴリズムアップデート後のseoなのである。
さらに参照記事として「」にリンクした。
ランキングアルゴリズムを毎日のように修正していると言われるGoogleにおいて、コアアルゴリズムのアップデートが日々のアップデートと決定的に異なる点とは、検索ランキングを決定する、あらゆるアルゴリズムの基礎となるデータベースが更新されることであると推測している。
そして、前回受けた自動ペナルティが解除されたり、さらには誤ったプライマリインデックスが正規化に向かい始めたりするのも、コアアルゴリズムアップデート時の特長である。
言うなれば、コアアルゴリズムのアップデートとは「リセット」であり、リセットされたニュートラルな状態で再び誤ったseoを行えば、そのseoは失敗に終わる。
Yahoo seo Googleブログにおけるseoの失敗とは、リセットされ、ニュートラルな状態であったプライマリインデックスに、インデックスをリクエストすることで、誤ったプライマリインデックスをリクエストしてしまったことである。(参照記事「」)

2020年1月14日のコアアルゴリズムアップデート

コアアルゴリズムのアップデートに際し、seoの進捗が止まることを前回記事「」で報告した。
そして前回2020年1月14日のアップデートでも、そうした動きがあったことが「」から窺える。
「インデックスをリクエストしたのにスルーされた」のは、seoの進捗が止まっていたからであろう。

「インデックスをリクエストしても、Googlebotがクロールしない原因は、モバイルファーストインデックスだった」の記事には、コアアルゴリズムのアップデートについての言及は何一つない。
それは、この記事を書いた時、コアアルゴリズムのアップデートに気付いていなかったからだ。
今、改めてこの記事で書いたことを訂正するなら、インデックスのリクエストがスルーされた原因はコアアルゴリズムのアップデートであり、モバイルファーストインデックスに移行したページが増加した原因もコアアルゴリズムのアップデートである。
それは2020年1月14日に起こったコアアルゴリズムのアップデートがモバイルファーストインデックスに関連したものであったからではなく、モバイルファーストインデックス移行を阻害していたデータがリセットされたことが原因だからである。
Googleのインデックスがリセットされたとも言えるだろう。

かつてのYahoo!にもあったインデックスのリセット

かつてのYahoo!においても、Weather Reportのアナウンスとともにインデックスはリセットされた。(参照カテゴリ「」)
」で紹介した「depth:4」検索とオーバーチュアの広告表示の件などは、とても分かりやすい事例だと言えるだろう。
コアアルゴリズムのリセットに関連するのが以下の部分だ。
より分かりやすく説明すると、Weather Reportがアナウンスされてから次のアナウンスがあるまでの凡そ1ヵ月の検索データが、次回のインデックス更新時に生かされるということ。
そうすることで、ユーザーの検索テキストに求めている潜在的な欲求を広告表示に生かせるというわけです。
これを今のGoogleに置き換えて語れば、「コアアルゴリズムがアナウンスされて次のアナウンスがあるまでの検索データが、次回のインデックス更新時に生かされる」となる。

Google検索での事例を紹介すれば、「」の「とは」検索がそれだ。
「とは」検索で「半陰陽 - Wikipedia」が1位表示されることは、「depth:4」検索で保険関連の広告が表示されるのと同じ原理だ。
私が「」を書いたのも、こうした原理は同じであったからだ。

ただし、大きく変わっていた処があり、それこそseoスパムへの対処である。
Yahoo!は当初よりseoスパムに厳しい対応を行っていた。
それに対し、Googleがseoスパムへの対応を強化したのは、した直後の2010年11月である。(参照記事「」)
だから、「アンカーコンテンツマッチのseoアルゴリズムはGoogleにもあるのだろうか?」が書かれた2011年当時の検索結果には、ネガティブseoの影響は顕著に表れていた。
」で報じた、賃貸物件に関するキーワード検索で医療関係のコンテンツが表示された事例がそれである。
このネガティブseoの案件1つでも、Googleがその中古ドメインのインデックスを改めていなかったことが原因であると分かる。

中古ドメインは、そのドメインが放棄された時点から中古ドメインになる。
つまり、中古ドメインは24時間365日、生まれ続ける。
絶えず生まれる中古ドメインのインデックスを改めるためにも、インデックスはリセットされ、Googlebotによって新規にクロールされなければならないのである。

困難を極めたネガティブseo回避のコアアルゴリズム

ネガティブseo回避を可能にするコアアルゴリズムのアップデートは困難を極めたのであろう。
パンダアップデートやペンギンアップデートの更新が何度となく先延ばしされたことで、それが推察される。(参照記事「」)

ネガティブseoの問題が完全に解決されたのは、ペンギンアップデートがコアアルゴリズムの一部になったとアナウンスされた2016年9月だ。(参照記事「」)
足掛け5年の歳月が掛かったことになる。
このアナウンスの前には、Google検索に人工知能たるRankBrainの導入もアナウンスされている。(参照記事「」)
コアアルゴリズムの「リセット」とは、Googleの進化の歴史とも言えるだろう。(参照記事「」)

進化の証を提示しておこう。
」で、2019年7月1日のGoogle「とは」検索結果を紹介している。
そして、2020年5月13日の「とは」検索結果が以下である。
2020年5月13日取得Google「とは」検索結果画像
5月14日にも「とは」検索をしてみた。
2020年5月14日取得Google「とは」検索結果画像
検索した時間によって結果が変わるようで、5月13日に検索した時間で14日に検索すると、13日と同じ結果となった。

重要な点は、いづれの検索結果にも、ウィキペディアの鳩は表示されないことだ。
あまりseoに詳しくない方からすれば、「とは」検索で鳩のページが表示されることの方がおかしいと思うだろう。
しかし、約1年前のGoogleは、そうした検索結果を表示させていたのだ!
これはGoogleの明らかな進化なのである。

1月、5月ときて、次のコアアルゴリズムのアップデートは9月だろう。
2020年9月に全てのウェブサイトをモバイルファーストインデックスに移行させることは、既に発表済だからである。(参考記事「」)

モバイルフレンドリーがランキングアルゴリズムのシグナルになるとアナウンスされたのは2015年2月末である。(参照記事「」)
これも、5年掛かりの大プロジェクトだったと言えるだろう。

コアアルゴリズムのリセット時にYahoo! JAPANが!

コアアルゴリズムアップデート時に、おかしな検索結果が表示される時がある。
私が定点観測している「yahoo seo」の検索結果では、通常は表示されないYahoo! JAPANのトップページが10位に表示された。
咄嗟のことだったのでスナップショットを撮っておかなかったのが悔やまれるが、これは明らかに検索クエリの"yahoo"に反応したものと理解している。
その後、Yahoo! JAPANが表示されることはなく、いつものサイトが順位を変えて表示された。

あの垣間見れたYahoo! JAPANの表示は、先の「とは」検索と同じく、日本語解析の問題が関係しているのだろう。
そして、コアアルゴリズムのアップデート時に、検索順位が一瞬下降したというサイトがあれば、それは日本語解析を含むサイトの内部要因が影響していたと思われる。

『コアアルゴリズムのアップデートはデータベースのリセット』と同一カテゴリのseo記事

コメント

非公開コメント