Yahoo seo Google > サイトマップ > サイトマップ効果か?クロールの増加と更新のseo

サイトマップ効果か?クロールの増加と更新のseo

自作したサイトマップを送信した効果なのであろうが、Yahoo seo Googleの<クロールの統計情報>に飛躍的なリクエスト数の増加が記録された。FC2ブログのIf-Modified-Since HTTPヘッダー非対応と、更新のseoについて報告する。
前回記事「」で報告した自作のサイトマップを送信した効果なのか、Yahoo seo Googleブログの<クロールの統計情報>に、それらしいリクエストの数値が確認された。2021年6月25日更新、HTTPS クロールの統計情報画像赤枠で囲った2021年6月25日のリクエスト数が105を記録し、6月24日のリクエスト数が6だったことからすれば、飛躍的に数値が増加したことになる。何らかの働きかけがなければ、このような数値の伸びはありえない。少なからず効果があったと判断した。(
作成したのはXMLサイトマップで、が自動作成するサイトマップの<lastmod>だけを実際の記事の日に書き換えたものだ。1ページ毎に更新日を確認して、手作業で書き換えた。
ウェブ上には、このXMLサイトマップを自動で作成してくれるツールもあるが、FC2ブログではそれを使用することはできない。FC2ブログはIf-Modified-Since HTTPヘッダーには対応していないからである。

If-Modified-Since HTTPヘッダー

If-Modified-Since HTTPヘッダーについてはGoogle検索セントラルの「」に、こう書かれている。
ウェブサーバーがIf-Modified-Since HTTPヘッダーに適切に対応していることを確認します。この機能に対応していると、Googleが前回サイトをクロールした後にコンテンツが変更されたかどうかがウェブサーバーからGoogleに通知されるため、帯域幅や負荷を軽減できます。
(If-Modified-Since HTTPヘッダーに関連した28日記事「」を参照のこと。)
仮にFC2ブログがIf-Modified-Since HTTPヘッダーに対応していたとすれば、テンプレートのを修正するだけでの更新は行われ、その更新された日を自動のサイトマップ作成ツールが<lastmod>として出力してくれていただろう。サイトマップの<lastmod>で更新を通知されたGoogleはページをし、FC2ブログユーザーからする手間を省いてくれたことだろう。(11日付記事「」を参照のこと。)
現在、Yahoo seo Googleが更新日として構造化データでマークアップしているのは、実際に記事が更新された日付である。FC2ブログのテンプレート用の変数で、更新された日付を出力できるからである。
だが、この記事の更新日がページの更新日と合致しない場合がある。それがカテゴリを修正し、補足コンテンツを大きく変更した場合である。(30日付記事「」を参照のこと。)
具体的に説明すれば、カテゴリ変更による補足コンテンツの更新が終了したのは2021年5月10日である。つまりはYahoo seo Googleブログの全ページが、この時点で “更新” されたことになる。しかしながら、所属するカテゴリが変更されたページの場合、記事の更新日は変更された日付で改まるが、以前のままのカテゴリである記事の更新日は改まらない。つまりは実際の更新日は5月10日なのに、記事が更新されていないため、更新日としてマークアップされた日付が3月や4月のページが発生してしまうのである。

インデックスリクエストとマークアップした更新日

こうした条件下で、インデックスリクエストと実際の更新状況を検証していると、構造化データでマークアップした更新日をGoogleが重視しているような印象を受けた。
インデックスリクエストしたのは補足コンテンツ部分が変更され、「公開URLをテスト」で取得できるソースからも、それは明らかだからだ。だからリクエスト送信したのであるが、インデックスは更新されない。それはマークアップした更新日が前回クロールの時から変わっていないからだ。
マークアップした更新日がGoogleに信頼を置かれていたと考えても、なんら不思議ではない。補足コンテンツを変更する以前は長らく、記事の更新こそがページの更新日そのものだったからである。
現在は、実際に記事を更新し、マークアップした更新日が実際の更新日となるよう、修正に励んでいる。更新がのシグナルとなっていることは明らかなので、行うべき更新をすることこそ最良のseoであると言えよう。(13日付記事「」、22日付記事「」、5日付記事「」を参照のこと。)
FC2ブログユーザーに、私が行った自作サイトマップの送信を報告しておこう。
  1. <lastmod>を記事の更新日に書き換える
  2. 記述を終えたサイトマップをXMLで保存
  3. ファイルアップロードでサイトマップをアップロード
  4. アップロードされたサイトマップのをrobots.txtに記述
  5. 自作サイトマップURLをPing送信(Google検索セントラル「」を参照のこと。)
更新した記事の<lastmod>を改め、1日に1度、アップロールしてGoogleに送信している。
追記1(2021年7月5日):自作サイトマップの送信以外の原因で、Googlebotのクロールが増加した。詳細は「」を参照のこと。
追記2(2021年9月6日):自作したサイトマップに関連する記事「」をエントリーした。
追記3(2021年12月20日):FC2ブログはIf-Modified-Since HTTPヘッダーに対応していないため、自作サイトマップのカテゴリとアーカイブに<lastmod>を記述する修正を行った。詳しくは「」を参照のこと。
追記4(2022年3月29日):自作したサイトマップで規模の大きい更新を伝えると、GoogleのAI(人工知能)はリニューアルを感知するのではないか?詳しくは「」を参照のこと。
追記5(2023年12月20日):105のリクエストは、Googlebotのタイプ別で「PC」が56、「スマートフォン」が49であり、そのリクエスト数値から、自作サイトマップは当初、パソコン用並びにスマートフォン用Googlebotの双方に機能したと思われる。しかしその後、自作サイトマップが、もっぱら、パソコン用として機能するようになっていった原因は何か?詳しくは20日付記事「」を参照のこと。

コメント

非公開コメント