Yahoo seo Google > サイトマップ > サイトマップのlastmodはクロールバジェットとseoに効果あり

サイトマップのlastmodはクロールバジェットとseoに効果あり

Yahoo seo Googleの自作したサイトマップに修正を加えた。サイトマップのlastmodはクロールバジェットとseoに効果があることを、データと共に報告する。
前回記事「」をエントリー後、「」検索で当Yahoo seo Googleブログのはダウンした。2021年12月12日段階では19位であったが、12月17日朝の定点観測時に26位にダウンしていることを確認した。実は、12月13日に自作のサイトマップに修正を加えた。が「2021/12/18」データでされ、この修正が原因で検索順位がダウンしたとの結論に至った。

<インデックスカバレッジ>前回データからの推移

のYahoo seo Google、「2021/12/18」データの<インデックスカバレッジ>である。2021年12月18日更新、Yahoo seo GoogleのHTTPSのインデックスカバレッジ画像「2021/12/14」データでは1,132まで回復していた「有効」数値が一気に1,112まで減少した。
代わって「除外」されたページは「2021/12/14」データの306から326に増加し、「除外」の内訳が下のである。2021年12月18日更新、Yahoo seo GoogleのHTTPSのインデックスカバレッジ画像その2「2021/12/14」データとの比較で、「クロール済み-インデックス未登録」は138から168に増加し、「代替ページ(適切なcanonicalタグあり)」が133から137に増加、それに対し、「検出-インデックス未登録」は30から16に減少した。一言でいえば、が大いにしてくれた結果である。
今回のクロールの主役はアーカイブページである。下の画像は「クロール済み-インデックス未登録」表示を写したものだ。2021年12月18日更新、HTTPSの「クロール済みインデックス未登録」画像主役がアーカイブページであると書いたわけが理解頂けるのではなかろうか?

自作サイトマップに加えた修正

こうしたGooglebotのクロールを活性化させたのは、先にも書いた通り、自作のサイトマップに修正を加えたからだ。実際に何を修正したと言えば、カテゴリとアーカイブページには記述していなかった<lastmod>を新たに加えるようにした。Yahoo seo Googleサイトマップのlastmod画像
今まで、サイトマップのカテゴリとアーカイブに<lastmod>を記述していなかったのは、記事ページを更新させても、カテゴリとアーカイブで書き換わるのは記事の最終更新日時だけである場合が多かったからだ。アーカイブのlastmod画像記事タイトルや表示されている部分の本文テキスト記述を修正すれば、それ以外の部分も書き換わることになるが、基本は最終更新日時だけになる。果たしてそれを更新のシグナルとしてサイトマップに記述して良いのか?という疑問があったのである。

Google seoにおける更新シグナルの重要性

しかしながら、クロールバジェットとGooglebotのクロールという観点で<インデックスカバレッジ>を検証していた時、必要なのは更新のシグナルを伝えることこそに重要なのではないか?と考えた。そのカテゴリで新規記事をエントリーすれば、カテゴリの更新は伝わるかもしれないが、過去のアーカイブに新規記事が加わることはない。
さらにFC2ブログの場合、If-Modified-Since HTTPヘッダーに対応していない。(30日付記事「」を参照のこと。) つまりは、そのアーカイブはサイトマップでシグナルを送らなければ、それ以外に更新を伝える術がないのである。
サイトマップの<lastmod>でできることは更新を伝えることであり、そのシグナルを受け取ってGooglebotがクロールするか否かはGoogleの判断に任せるしかない。それぐらいの気持ちで、サイトマップのカテゴリとアーカイブに<lastmod>を記述して送信した。
サイトマップに修正を加え、その影響が感じられたのが「2021/12/18」データの<インデックスカバレッジ>であった。そして、<インデックスカバレッジ>更新と共に<>「2021/12/18」データにも影響が生じた。2021年12月18日データ、HTTPSのモバイルユーザビリティ画像「2021/12/17」データからいきなり8つ増加した。その内訳はカテゴリが2つ、アーカイブが3つ、「検出-インデックス未登録」だったページが1つ、それ以外の2ページであった。クロールバジェットに、サイトマップの<lastmod>は効果があり、なおかつ、seoにおいても効果ありと判断しても良い結果ではないだろうか?
追記(2022年2月7日):カテゴリやアーカイブに<lastmod>を記述したことで、サイトマップが最適化され、“net” ドメインのGoogleトラフィックが開始された。詳しくは『』を参照のこと。
追記(2022年3月1日):当初の自作サイトマップでは、カテゴリとアーカイブに<lastmod>は記載していなかった。自作サイトマップと301リダイレクト、Google seoについて「」で検証した。
追記(2022年3月29日):自作サイトマップのカテゴリとアーカイブに<lastmod>を記述したことが原因で、FC2サイトマップの送信日時は更新されたのではないか?詳しくは「」を参照のこと。
関連のseo記事
  1. (2021/12/25)

コメント

非公開コメント