Yahoo seo Google > Google seo > ドメイントップページをGoogle seoで最適化せよ!

ドメイントップページをGoogle seoで最適化せよ!

Yahoo seo Googleのサイトマップを正規化したことで、にわかに浮かび上がってきたのがドメイントップページとseoの関係である。ドメイントップページをGoogle seoで最適化せよ!
前々回記事「」で、の送信日時が24日でされたことを報告した。そして、その結果であることは間違えないが、Yahoo seo Googleトップページのキャッシュが毎日更新されるようになった。
ドメイントップページのキャッシュが毎日更新されるようになったのは、私が過去記事を修正し、更新された日付で<lastmod>を改めた自作のサイトマップを毎日送信しているからだ。
10日付記事「」から、サイトマップとドメイントップページに関して触れた箇所を紹介しよう。
さらに、本日朝のウェブマスターツールにおいて、<構造化データ>は更新され、トップページのマークアップ検出日が10月7日で表示され直した。つまり、サイトマップが再送信されると、Googlebotは必ずトップページをクロールする仕様なのだろう。今までもそうだったし、今回の保留と処理までの推移からも、そう推測できる。
このことからも、Yahoo seo Googleのサイトマップが正規化されて、それを中心にGoogle seoが進行していることが窺える。

Google seoとドメイントップページとの関係

前回記事「」からの継続で、その後、に記録されたデータ変動や<クロールの統計情報>で報告するべきこともあるのだが、2022年最初の記事ということもあり、今回はGoogle seoとドメイントップページについて書こうと思う。
23日付記事No.1158「」では、とドメイントップページについて触れた。英語版のGoogle検索セントラルの一文こそ、最も端的にseoとドメイントップページの関係を物語っている。
Your home page is the most important page on your site, as far as Google is concerned.
日本語訳すれば、Googleにとって最も重要なページはドメイントップページであるということだ。これは、Google seoにとっても最も重要なページはドメイントップページであると言い換えることもできるだろう。
ドメイントップページとGoogle seoとの関係は、26日付記事「」でも確認することができる。seoとはから始まり、で1つのサイクルが終わる。そして、seoの最初の段階となるGoogleのインデックスは、いつも、ドメイントップページから始まる。だから、サイトマップが再送信される度にGooglebotはドメイントップページをキャッシュするのである。

ドメイントップページと内部リンクの最適化

このGoogle seoとドメイントップページの関係を押さえた上で、再度、No.1158で引用したGoogle検索セントラルの文章に戻れば、その中から、さらにseoに重要だと思われる箇所が浮かび上がる。
小規模なサイト(1,000ページ未満)の場合、ホームページからリンクをたどることで他のすべてのページにアクセスできるようになっていれば、ホームページのみをGoogleに認識させるだけで十分です。
ドメイントップページとの最適化に関する、重要なサジェスチョンと言い得るだろう。
Yahoo seo Googleはドメイントップページから他のすべてのページにアクセスすることはできる。だが逆に、ドメイントップページから他のすべてのページにアクセスできないサイトなんてあるのだろうか?
再度、その部分の英語版を読んでみた。Google Crawl homepage画像
For smaller sites (less than 1,000 pages), making Google aware of only your homepage is all you need, provided that Google can reach all your other pages by following a path of links that start from your homepage.
オリジナルの英文を読んだ時、翻訳されたから受けるものとは異なるニュアンスを感じた。特に “a path of links that start from your homepage” の件だ。最適な日本語訳は分からないが、ここでGoogleが求めているのは、ドメイントップページから最短で全てのページにアクセスできるリンクであろうと読み直したのである。
ドメイントップページに修正を加えたのは2021年11月29日だ。それまで非表示にしていたアーカイブへのリンクを、補足から表示するように改めた。(2022年1月12日付記事「」を参照のこと。)
これにより、ドメイントップページからすべてのページに2クリックでアクセスすることができる。アーカイブのリンクを非表示にしていた時は、ドメイントップページからカテゴリを経由して記事ページへは2クリックでアクセスできたが、すべてのアーカイブページへは必ずしも2クリックでアクセスできる状態にはなっていなかった。
最近のYahoo seo Googleブログの記事で、主役となっているのはアーカイブページである。そうなった背景には、サイトマップの最適化の他に、この補足コンテンツからのリンクがseoにポジティブな影響を与えたのではないだろうか?
今、Googleが直面している検索エンジンとしての大きな問題とは、膨張を続けるウェブのコンテンツを如何に効率よくインデックスしていくかにあると思われ、それは言葉を変えれば、クロールバジェットこそGoogle seo最大のシグナルなのではないか?それを思えば、ドメイントップページはサイトマップのような役割が求められていると思われる。Googleのインデックスは、いつも、ドメイントップページから始まるのだから、効率よくインデックスさせるためにも、ドメイントップページからのリンクはすべてのページにアクセスしやすいリンク構造にしておく必要があるからだ。ドメイントップページをGoogle seoで最適化せよ!
追記(2023年5月24日)22日、Yahoo seo Googleがに移行した。その原因は、ドメイントップページのGoogle seoによる最適化をいち早く完了させていたからではないか?詳しくは「」を参照のこと。

コメント

非公開コメント