Yahoo seo Google > クロール > Adsense広告表示によるGooglebotクロールへの影響で検索順位がダウン

Adsense広告表示によるGooglebotクロールへの影響で検索順位がダウン

Yahoo seo Googleのカテゴリとアーカイブページに新規にAdsense広告のコードを貼った翌日、検索順位のダウンが記録された。Adsense広告の表示が、Googlebotのクロールに影響を及ぼしたことが原因だと考えている。
前回記事『』で、こう書いた。
何が原因であったのか?と言えば、「クロール済み-インデックス未登録」のURLは、文字通り、クロールにseo上の問題を抱えていたからインデックス未登録になったのであって、コンテンツに問題があったわけではなかったからである。インデックスリクエストは、修正されたコンテンツでインデックスを更新させることには効果を発揮するが、クロールには効果を発揮しない。そして、クロールに効果を発揮しないということは、リンクにも効果を発揮しないことになる。
現在、<インデックスカバレッジ>に「クロール済み-インデックス未登録」として表示されるがないことも報告したが、だからといって、Yahoo seo Googleの、クロールに関するの問題が解消されたわけではない。クロールの問題を解決するには、通常ののクロールでさせる以外に方法がない。だからこそ過去記事を修正し、それを<lastmod>でシグナルを送ることに集中していた。
15日付記事「」で、Googleのインデックス障害に触れたが、この時のモバイルのインデックス障害とインフラストラクチャ更新は、ツールが大きく関与していたのではないか?と、今になって思う。つまりはリクエストツールの使用が、クロールのseo問題解決を妨げていたのである。
そしてこれもGooglebotのクロールに関わっているのではないか?と思われる事例が発生した。Adsense広告とに関係することである。

Adsense広告と検索順位のダウン

7日付記事「」で、AdsBotクローラのリクエスト急増を報告した。そしてこれ以降も、AdsBotクローラのリクエストは記録され続け、リクエストされたURLは、私が修正した過去記事に限定された。つまりはこの修正によって、サイトの大部分でクロールのブロックを解除したことによるAdsBotのクロールが記録されたことになる。
この結果を受けて、2022年5月14日朝にYahoo seo Googleのテンプレートに修正を加えた。カテゴリとアーカイブのURLに、新規にAdsense広告のコードを貼ったのである。
貼った日は30のURLを更新させ、サイトマップの<lastmod>で更新のシグナルを送った。そしてその翌日となる5月15日朝の定点観測で、当ブログの「」検索順位のダウンを確認した。14日に34位だった順位は、58位へと下がっていたのである。
2022年5月22日更新、クロールリクエストAdsbotの画像最終更新日「2022/05/22」段階のAdsbotクローラで、カテゴリとアーカイブにリクエストされたのは、上ののURLだけだ。リクエストされた日付から、検索順位をダウンさせたのはAdsbotではないことが理解できる。
AdsbotにクロールされたカテゴリとアーカイブのURLを、リクエストの「更新」と「検出」で調べると、「2022/05/23 14:09」にクロールされたカテゴリだけが、同日同時刻のクロール日時で「更新」の中に発見することができた。それ以外のURLは、「更新」にも「検出」にも発見することができなかった。
以上から推測するに、Adsense広告を表示させ始め、それがGooglebotのクロールに影響を及ぼし、順位ダウンに繋がったのではないだろうか?
Yahoo seo Googleの<クロールの統計情報>を比較すると、「2022/05/14」が総リクエスト89に対し「更新」が48、「検出」が41。それに対し、「2022/05/15」は総リクエスト106に対し「更新」が95、「検出」が11である。2022年4月26日付記事『』で報告したような「検出」リクエストが継続されていたので、「2022/05/18」の「検出」リクエストの数値には、素直に違和感を覚えた。そしてこれ以降、総リクエスト数に占める「検出」の割合は低下したままである。

検索順位のアップと2022年5月コアアルゴリズムアップデート

2022年5月26日朝の定点観測で、当ブログの「Yahoo seo」検索順位に変動が確認された。前日の52位から18位に順位アップしていたのである。
クロールに関するGoogle seoの問題が、いくらか解消された結果かと思ったが、どうやらそれはのアップデートが開始されたからのようである。2022年5月コアアルゴリズムアップデートで、クロールとGoogle seoに関与するコアアルゴリズムの働きが理解できるのでは?と、期待している。
追記(2023年4月1日):Adsense広告のコードを貼ったことが検索順位ダウンの原因ではなく、ポリシー違反を精査するコアアルゴリズムのロールアウトが行われていた結果、一時的にダウンしたと推測する。詳しくは「」を参照のこと。

コメント

非公開コメント