Yahoo seo Google > リダイレクト > リダイレクトエラー発生はインデックスが原因か?

リダイレクトエラー発生はインデックスが原因か?

Yahoo seo Googleの旧ドメインで記録されたリダイレクトエラーを、Google seoの見地から検証していると、リダイレクトエラーの発生はインデックスが原因か?と思わせるデータ更新が記録された。
前回記事「」では、“net” と “us” のリダイレクトとを検証した。そして今回は、“blog40.fc2.com” のリダイレクトエラーを検証してみる。

リダイレクトエラーの増加

“blog40.fc2.com” の「2022/06/11」データで、リダイレクトエラーの件数が2→3に増加したことを報告した。あれからさらに「2022/06/14」データでは、3→4に増加した。この記事が読まれる頃にはさらにの<インデックスカバレッジ>はされ、リダイレクトエラーもさらに増加していることだろう。(「2022/06/18」更新データでは、リダイレクトエラーの増加は記録されなかった。)
旧ブログ40のインデックスカバレッジ リダイレクトエラー 2022年6月14日データの画像これが「2022/06/14」データで、“blog40.fc2.com” のリダイレクトエラーに表示されているである。
一番最初にリダイレクトエラーが報告されたのが「2022/05/31」データの更新時で、その時に表示されたのが記事No.872の1件である。「2022/06/07」データでNo.370が加わり、「2022/06/11」データでNo.887、そして「2022/06/14」データでNo.477が加わった。
「2022/05/31」に最初のリダイレクトエラーが報告されたことを思えば、アップデートのロールアウト開始が関係しているだろうことが推察される。
そしてこの4つのURLはいずれも、“blog40.fc2.com” の「クロール済み-インデックス未登録」からリダイレクトエラーに移行している。
4つのURLとも現在ののURLに301リダイレクトされ、「URLはGoogleに登録できます」と表示される。URLはGoogleに登録できますつまりこのリダイレクトエラーは、による抜きの、の過程で生じたエラーだということである。(14日付記事「」を参照のこと。)
No.477を<URL検査>した結果である。旧ブログ40の記事番号477 2022年6月17日のURL検査画像
敢えてこの記事を<URL検査>したのは、他の3つと異なるURLのタイプだからである。このURLになるのは、No.477が “us” ドメインのNo.477からのリダイレクトによってされたからである。実際に今もには、該当する “us” のURLが表示されているのが確認いただけるだろう。

インデックスとリダイレクトエラー

ではこの “blog40.fc2.com” のリダイレクトエラーと、前回記事の “net” と “us” ドメインのリダイレクトは、Google seoを考える上で、関係付けして考えて良いのであろうか?実はここにも疑問があり、“blog40.fc2.com” と “net” と “us” は、別次元で考えるべきものなのではないか?そのように感じた原因は、Search Consoleのデータ変動である。
現在、Search Consoleの<インデックスカバレッジ>は週中と週末に、2回更新される。(24日付記事「」を参照のこと。)
そのデータを逐一記録してあるので、概ね、更新の目的が理解できる。インデックスの更新は2回とも行われ、週末のものは直前で更新された<>データが加わった更新になる。
そして“blog40.fc2.com” と “net” と “us” のデータ変動を見ると、“net” と “us” に変動が記録されるのが週末の更新だ。それに対し、“blog40.fc2.com” は週中でもデータの変動は起こる。つまりは、“blog40.fc2.com” とHTTPSの現在ドメインは、“fc2.com” というドメイン内のインデックス上の問題と考えられ、“net” と “us” は別ドメインの “リンクの問題” と言えるのではないか?
インデックスの問題がリダイレクトエラーを起こし、リンクの問題がGoogleが選択する正規URLに関係する?
リンクの問題がGoogleが選択する正規URLに関係するのは、理解しやすいだろう。Googleが “net” ドメインのURLを正規URLに選択すれば、そのリンク先も “net” ドメインのURLを正規URLに選択するだろうからだ。
では、インデックスの問題がリダイレクトエラーを発生させるのは、なぜか?それを考えるのに貴重なデータ更新が<外部リンク>で確認された。
netドメインからYahoo seo Googleトップページに対する外部リンクYahoo seo Googleのが<外部リンク>データに、“net” ドメインでインデックスされたNo.634からのリンクが初めて表示されたのである。(
“net” ドメインでインデックスされたNo.634のは、パソコン用用インデックスデータに関わらず、現在のHTTPSのコンテンツであることを2022年6月8日付記事「」で報告した。そのため、「ターゲットURL(異なる場合)」の部分が “該当なし” になっている。
インデックスにはリンクが関係している。それを思えば、No.634のようなインデックスとが、リダイレクトエラーを発生させているのではないだろうか?
追記(2022年6月22日):リダイレクトエラーとインデックスの問題をさらに検証しようと、を行ったところ、以前であれば1日に50件ほど可能だったリクエストが、10件で「割り当て量を超えています」と表示された。詳しくは「」を参照のこと。
追記(2022年6月28日):6月24日に更新確認された<外部リンク>データから、“net” 並びに “us” ドメインからのを検証した。詳しくは「」を参照のこと。
追記(2022年7月14日):Search Consoleの<インデックスカバレッジ>「2022/7/9」データ更新で、リダイレクトエラーが一気に解消された。詳しくは「」を参照のこと。
追記(2022年10月18日):Yahoo seo GoogleのSearch Consoleが更新され、旧ドメインの「リダイレクトエラー」が一気に解消された。その遠因は、過去記事をファストトラックインデックスからやり直しているからだと思われる。詳しくは「」を参照のこと。
追記(2023年4月23日):Yahoo seo Googleの<外部リンク>データと、“net” ドメインに関係した新規記事「」を参照のこと。

コメント

非公開コメント