Yahoo seo Google > リダイレクト > リダイレクトエラーの解消をリダイレクト、インデックスの観点から検証した

リダイレクトエラーの解消をリダイレクト、インデックスの観点から検証した

Search Consoleが更新され、Yahoo seo Googleの旧ドメインで発生したリダイレクトエラーが一気に解消された。リダイレクトエラーの解消を、リダイレクト、インデックスの観点から検証した。
の<インデックスカバレッジ>が「2022/07/09」データでされ、Yahoo seo Googleの旧、“blog40.fc2.com” で大きな進展が記録された。20日付記事No.1236「」などで報告していたリダイレクトエラーが一気に解消されたのである。
旧ブログ40のインデックスカバレッジ リダイレクトエラー 2022年7月9日データの画像検証開始日が明記されているが、検証を開始した記憶はない。自然な成り行きで、このエラーがどう推移するのかを検証したいと思っていたからだ。
旧ブログ40のインデックスカバレッジ リダイレクトエラー 2022年7月9日データの画像その2文面に
貴サイト内の1ページで修正が確認されました。
とあるが、実際にリダイレクトエラーが解消されたのは4ページである。しかしながら、もしかしたら、本当にリダイレクトエラーの問題を起こしていたのは、1ページだけだったのかもしれないと想像してみた。No.1236で報告したNo.477だけは、“us” ドメインからリダイレクトされただったからである。

リダイレクトの成功と失敗

“blog40.fc2.com” からの現在ドメインへのリダイレクトがエラーを起こしたと暗黙裡に考えていた。しかし、“us” から “blog40.fc2.com” へのリダイレクトの方が、の観点からも、で問題とされる可能性は高いと考えた。なぜならそれは、“us” から “com” への、ドメインを異にする間のリダイレクトであるからだ。
前回記事「」で、“net” のNo.634から “blog40.fc2.com” のNo.634へのを報告した。これは、“net” から “com” という、ドメインを異にする間のリダイレクトの成功の事例とも言い得る。
リダイレクトの成功とは、そのリダイレクトが正統なる使用であるとGoogleに認められたことを意味する。だからこそ、このNo.634は「悲しいseo」で1位ので表示されるのである。(2022年6月8日付記事「」を参照のこと。)
だが、リダイレクトの失敗といった事例も当然ながらある。間違った認定を受けたページを301リダイレクトで新規URLに移行させても、Googleから科せられたから回避できない事例が、それに当たる。リダイレクトエラーの解消は、リダイレクトの失敗から成功に転じた結果なのであろうか?

リダイレクトエラーが解消された4つのページを検証

リダイレクトエラーが解消された4つのページを検証してみた。4つのページにによる繋がりはない。に共通のページが表示されているということもない。唯一共通するのは、4つのページは “blog40.fc2.com” の「クロール済み-インデックス未登録」に表示されており、私がしたことで、リダイレクトエラーを起こしたという事実である。
リクエストしたのは、30日と1日である。つまりは、もアナウンスされていない頃のリクエストである。リクエストした全てがエラーとなったわけではない。またリクエストしたにも関わらず、リクエストがスルーされたURLも多数あった。それを思えば、リクエストがスルーされたURLとリダイレクトエラーのURLは、の状態に問題があったとも考えられる。

ドメイントップページが<モバイルユーザビリティ><パンくずリスト>に再表示される

2022年7月12日朝の定点観測で、Yahoo seo Googleのドメイントップページが<>と<パンくずリスト>に表示されているのを確認した。日時はパソコン用が7月11日で、用は6月14日のままである。HTTPSトップページのURL検査画像 2022年7月12日HTTPSトップページのURL検査画像その2 2022年7月12日
そして7月13日に、Search Consoleの<インデックスカバレッジ>が「2022/07/12」データで更新された。今回の更新で顕著だったのは、カテゴリ、アーカイブのインデックスが大量に更新されたことであり、そのクロールは7月11日と12日に記録された。その点から推察すれば、Yahoo seo Googleドメイントップページがパソコン用Googlebotに7月11日にクロールされたのも、それと同じことが原因であろう。
では、その原因とは何か?前回記事をエントリーしたのは7月11日であり、そのエントリーでトップページのメイン・部分は更新された。しかし、その他カテゴリやアーカイブのインデックスの更新を思えば、これは補足コンテンツ部分の更新がGoogleシステムに認識されたことが原因ではないだろうか?
コアアルゴリズムのロールアウトが終了した2022年6月9日を境に、Yahoo seo Googleの、Google seoのフェーズが変わったと感じている。そして、そのフェーズ変更がもたらしたものは、Googlebotのクロールの “流れ” といったものである。(2022年7月23日付記事「」を参照のこと。)
先に「リクエストがスルーされたURLとリダイレクトエラーのURLは、インデックスの状態に問題があったとも考えられる」と書いた。インデックスに問題が生じるのはクロールに原因があるからだ。(2022年5月20日付記事『』を参照のこと。)
追記(2022年8月29日):再びリダイレクトエラーとなるURLが現れ、その数値は増加を続けた。詳しくは「」を参照のこと。
追記(2022年10月18日):Yahoo seo GoogleのSearch Consoleが更新され、旧ドメインの「リダイレクトエラー」が再び解消された。「2022/07/09」と「2022/10/15」データとの相違から、Google seoを検証した。詳しくは「」を参照のこと。
追記(2023年2月16日):スマートフォン用データにおいて生じていると推測されるリダイレクトエラーの問題を、新規記事「」で報告した。
追記(2023年3月9日):“blog40.fc2.com” の「リダイレクトエラー」数値に大規模な減少が記録された。詳しくは「」を参照のこと。

コメント

非公開コメント