Yahoo seo Google > Search Console > Search Consoleが10日ぶりに更新された

Search Consoleが10日ぶりに更新された

2022年9月25日に更新が確認されたままになっていたYahoo seo GoogleのSearch Consoleが、10月5日になってようやく更新が確認された。実に10日ぶりの更新である。
にもSearch Consoleのが確認されない時があった。(5日付記事No.1248「」を参照のこと。) 原因は不明だが、それがに関係していると考え得るデータは確認できなかったので、あくまでもシステム上の問題で更新されなかったのだと考えていた。そして今回の非更新についても原因は不明だし、seoとの関係も今は判断するには早すぎる。しかしながら、今回、更新されたデータについては検証してみようと考えた。それは前回記事「」で報告した、FC2削除の影響がデータから得られるのではないか?と考えたからだ。

データ変動が記録された2つの旧ドメイン

2022年10月4日更新、Blog40のインデックス未登録画像は「2022/10/04」 “blog40.fc2.com” のであり、赤枠で囲ったものが、前回の「2022/09/24」データから数値の変化が確認されたデータである。
以下が前回データとの数値変化だ。
  • 「ページにリダイレクトがあります」810→799に減少
  • 「クロール済み-インデックス未登録」5→7に増加
  • 「重複しています~」5→4に減少
  • 「noindexタグによって除外されました」4→3に減少
  • 「見つかりませんでした(404)」2→1に減少
ちなみに、確認にある「開始」は、私が意図して検証を開始したものだ。
今回のデータ変動で「クロール済み-インデックス未登録」だけ数値が上昇した。記事No.1248では「クロール済み-インデックス未登録」から消えた3つのが「クロールエラー」に移行したことを報告したが、それに比べれば、今回は今までのデータ移行に逆行しているように思われた。今回「クロール済み-インデックス未登録」には3つのURLが加わり、1つのURLが消えた。そして加わった3つのURLは何れとも前回更新では「ページにリダイレクトがあります」に表示されていたものである。私の中ではインデックス未登録の状態から「ページにリダイレクトがあります」に移行し、その後、「ページにリダイレクトがあります」からも消えるのが、seoにとって相応しい移行のように考えていたので、逆行と思えたのである。
次は “net” のインデックスデータである。2022年10月4日更新、netドメインのインデックス未登録画像「クロール済み-インデックス未登録」は前回の1→0となり、「ページにリダイレクトがあります」は28→26に減少した。消えたURLは “net” のデータからは消えたので、現在ののURLへのが完了したことを意味する。つまりはこれが、先に述べたseoに相応しいデータ移行だと言える。
「ページにリダイレクトがあります」に「失敗しました」と表示されているが、26あるURLの中の1つが失敗し、残り25は保留である。2022年10月5日、netドメイン検証失敗しました画像備忘録として記録しておく。

2つのデータからFC2サイトマップ削除の影響を検証

この2つのドメインのデータ変動にのサイトマップ削除が関係しているとしたら、それは誤った<lastmod>の日付しか考えられない。クロス送信したサイトマップとFC2サイトマップに記述されているURLは同じであり、相違しているのは<lastmod>だけだからである。
リダイレクトの<lastmod>が関係しているのだろうか?FC2サイトマップは<lastmod>でエントリーした日付を表示させているので、それはの非更新を意味する。つまりはコンテンツの更新がGoogleシステムに認識されていないので、リダイレクトが完了されない?とも考え得るのである。
コンテンツの更新が確認されたURLは301リダイレクトが完了し、その結果、“blog40.fc2.com” “net”のデータから消えたのか?Search Consoleは、Googleシステムがウェブサイトをどのように認識しているかを唯一知りうるデータであるからこそ、そのデータ変動の意味するものに、正しい解釈が必要である。
追記(2022年10月18日):「2022/10/15」でYahoo seo GoogleのSearch Consoleが更新され、37あった「リダイレクトエラー」が一気に解消された。詳しくは「」を参照のこと。
関連のseo記事
  1. (2023/09/09)

コメント

非公開コメント