Yahoo seo Google > Yahoo検索システム > Yahoo! JAPANが検索システムを現行のYSTからBingに変更する?

Yahoo! JAPANが検索システムを現行のYSTからBingに変更する?

Yahoo! JAPANが検索システムを現行のYahoo! Search Technology(YST)からBingに変更する可能性について、多くのseoブログが記事にしている。だが、仮にBingがYahoo seoの対象検索エンジンになったとしても、私には脅威とはならないだろう。
ITmedia『』で記事になっているように、Yahoo! JAPANがその検索システムにBingを採用したとしても、Yahoo! JPANに対する検索エンジン最適化=が、劇的に変化することはあるのだろうか?実は、そんなことはないと断言できる。検索エンジンのアルゴリズムは、捉え方が一部異なるだけで、その多くは共通のサイト内シグナルに依存しているからだ。Yahoo!検索にはYahoo seo、Google検索には、Bing検索にはといった偏った考え方から、もう脱却すべき時期にあると考えてみては如何だろうか?
当Yahoo seo Googleブログは、“Yahoo seo Google” で最適化しようと意図している。最近のブログ頻度が影響して、Yahoo!の「Yahoo Google seo」検索では2位だ。Googleでは「Yahoo Google seo」検索でも1位である。何れかの検索エンジンに偏った対策をしていない。だからこそ、こうしたにあると言えるだろう。
特筆すべきは、Bingで「Yahoo seo」と検索すると、その順位が10位に表示されるということだ。この検索で10位に表示されるBingのアルゴリズムが、もし今のままでYahoo! JAPANに採用されれば、きっとYahoo seoは、より簡単になることだろう。そして、売買を中心としたseo業者は、壊滅状態に陥るのではないだろうか?(2日付記事『』を参照のこと。) seoに精通した個人事業者しか生き残れないと予測している。
何れかの検索エンジンに偏らないseoとは、検索エンジンの本質に根ざした対策をしっかりと行うことで、対応できる。それは当然のことながら、seoとは無縁である。
推測だが、仮にYahoo! JAPANがBingを採用したとしても、何らかの改善はされる筈である。Bingが未だBeta版であることと相まって、今のでは、Yahoo!からGoogleに流れた検索ユーザーを引き戻す力にはなり得ないだろうからだ。仮に強化されたアルゴリズムでBingがYahoo! JAPANのseo対象検索エンジンになったとしても、私には脅威とはならない。サイトが利用できずとも、検索結果から推測し、Bing seoアルゴリズムを解明する自信があるからである。検索エンジンの本質さえ掴んでおけば、アルゴリズムというものは枝葉に過ぎないと断言しておく。
関連のseo記事
  1. (2009/08/25)
  2. (2009/08/31)
  3. (2009/09/20)
  4. (2009/09/22)
  5. (2009/11/11)
  6. (2010/01/18)
  7. (2010/04/10)
  8. (2010/07/14)

コメント

非公開コメント