Yahoo seo Google > Yahooアルゴリズム > ヤマト運輸ドメイン内検索でYahooアルゴリズムを検証

ヤマト運輸ドメイン内検索でYahooアルゴリズムを検証

前回記事からの継続で、今回はヤマト運輸ドメイン内検索でYahooアルゴリズムを検証したが、Yahooはサイト全体ではなく、ウェブページを単位にアルゴリズムを適用するのではないか?
seo(検索エンジン最適化)に関して、頼りにしているブログに【検索エンジン考】がある。「驚くほどのことではないと思うのですが」とタイトルされた記事に、Googleで「DVD 販売」と検索するとアダルト関連のものが多く、Yahoo! JAPANではそれらが上位では1割程度であり、一般向けのものが上位を占めていたというITmeidaの記事『』が紹介されていた。そのこととも関連して、前回記事「」について分かったことを報告する。
こんな検索を行ってみた。ヤマト運輸の内で「ヤ」を検索してみたのである。するとヤマト運輸ドメイン内にアップされたPDF文書が表示され、“ヤ・マ・ト” と、中黒で区切られた “ヤ” のテキストがハイライト表示されていた。ヤマト運輸ドメイン内の「ヤ」の検索結果ヤマト運輸ドメイン内で「ヤマト運輸」と検索すると、約985件のウェブページがあるが、「ヤ」で検索しても約30件のページがある。つまり、このドメイン内に “ヤ” というテキストが豊富に含まれていることが想像できる。
では、なぜ、「ヤ」で検索した時にGoogleでは表示されるヤマト運輸が、Yahoo!では表示されないのかを考えた時、1つの推測が成り立つ。それは、のウェブサイトに関する考え方である。

Yahoo!とGoogleアルゴリズムの相違

では同一ドメイン内の全てのウェブページを一単位と考える。だから、“ヤ” のテキストを豊富に含むヤマト運輸のサイトが表示される。一方Yahooアルゴリズムは、ウェブページ1ページを対象とし、ドメイン内のウェブページ総体は全体としての意味を持たないのではないかと想像する。
先のヤマト運輸にしても、トップページに “ヤ” で解析されているはない。だがGoogleでは「ヤ」でヤマト運輸は表示され、Yahoo!では表示されない。Yahoo!の「ヤ」検索で表示されるウェブページは、全て「ヤ」で日本語解析されたページが表示されている。
Yahoo!検索で(トップページダウンペナルティ)なるの問題が報告されているが、ウェブページ1ページを対象とするからこそ、こうした問題が起こるのではないか?
さらに前々回記事「」で触れたにおけるYahooアルゴリズムの特異性を考慮すれば、先の「DVD 販売」についてアダルト関連がYahoo!のに表示されにくい理由も、おぼろげながら分かる気がする。つまり、「DVD 販売」でGoogleで表示されるページは、Yahoo!においては “アダルト” ので重み付けされたページであると思われるからである。
あくまでも私の推測ではあるが、皆様はどうお考えになるだろうか?
関連のseo記事
  1. (2008/05/16)
  2. (2010/07/19)
  3. (2018/04/19)

コメント

非公開コメント