Yahoo seo Google > Yahooアルゴリズム > ランキングアルゴリズムはフィギュアスケートの評価ポイントと実に良く似ている

ランキングアルゴリズムはフィギュアスケートの評価ポイントと実に良く似ている

ランキングアルゴリズムにseoスコアの加点配分を修正することで、Yahoo!の検索順位は変わる。そのseoはまるで、フィギュアスケートで評価のポイントが変わると、メダルの色まで変わるのと実に良く似ている。
フィギュアスケートに詳しくない私は、トリプルアクセルなどのスケーティングに関しては疎い。そもそも、演技点や芸術点という個人の主観が入るスポーツ自体に懐疑的でもある。だがこうした個々のスケーティングに対して、与えられる技術点のポイントが変われば、メダルの色が変わることは理解できる。トータルスコアが変わるからである。これはまるでYahoo! JAPANののようだと思わないだろうか?
例えばYahooのに、5つのシグナルがあったとしよう。その5つのシグナルに対し、Yahoo!が配分するseoスコアは時によって大きく変わる。Aというシグナルには1.5ポイントが配分され、Bというシグナルに1.0ポイントの評価が配分されている時、当然のことながらAのシグナルに秀でたサイトのseoスコアは上昇する。つまりそれに伴って、が上昇するわけである。
だがYahoo!から配分されるポイントが変わった時、例えばAのシグナルが1.0ポイントになり、Bのシグナルが1.5ポイントになれば、トータルのseoスコアが変わり、検索順位が変動するのも当然のことである。バンクーバーオリンピック女子フィギュアスケートのポイント評価が違っていたら、もしかしたら浅田真央選手とキム・ヨナ選手のメダルの色は変わっていたかもしれないのと同じである。
しかし、どういうポイント評価であれ、女子フィギュアのメダル争いは、浅田真央選手とキム・ヨナ選手の一騎打ちであろうことは自然と予測できた。それは女子フィギュアにおいて、この両選手の実力が抜きん出ていたことは疑う余地のない事実であるからだ。
これをに置き換えると、なんとも分かりやすい事実が浮かび上がる。つまり多少のアルゴリズムの評価スコアに修正が加えられようと、Yahooのコアアルゴリズムに精通して施策されたサイトは、僅かな順位変動はあっても、大きく順位を落とすようなことはないという事実である。(24日付記事「」を参照のこと。)
女子フィギュアスケートのポイントを稼ぐ技術や技量に相応しい実力を有している浅田、キムの両選手であるからこそ、大きなトラブルがない限り、予想された一騎打ちを演じることができたのだ。seoにトラブルはない。だからこそ実力の有無は、如実に検索結果に反映される。
とあるシグナルの評価をテスト的な意味合いでYahoo!が変えることは多々ある。そのシグナルによって大きく順位を引き上げ、「やっと1位になった!」と喜んでも、そのseoスコアのテストの結果が芳しくないとなれば、即座にYahoo!は修正を加える。それにより順位を大きく下がれば、それはテストという未だ未知のスコアの加点で上昇しただけであって、そのseoスコアがどのシグナルの加点であるのか未知である分、見抜くことができない。言葉は悪いが、たまたま順位アップしたということに過ぎない。本来ある、コアなseoシグナルに精通し、相応しい対策をしているサイトは大崩はしないのである。
Yahoo! Google seo掲示板に寄せて頂いた投稿の通り、「退場 無」の検索結果はYahooアルゴリズムの今のスコアを図る基準となる。(「退場 無」については29日付記事「」を参照のこと。)
その基準を知るものは、今、(トップページダウンペナルティ)が解除されたと安堵の声を上げるウェブマスターに、おせっかいな一言を掛けたくなる衝動に駆られるのではなかろうか?「喜ぶのはまだ早いんじゃない?」と。
seoスコアが変われば、再度TDPに陥るサイトは多数あるような気がする。そうしたサイトがメダルを獲得する可能性はあるのか?どこでポイントが稼げるかを知らないスケーターが決してオリンピックに出場することができないくらい、それは不可能に近い。メダルへの意欲が疑われても仕方があるまい。
関連のseo記事
  1. (2009/01/12)
  2. (2010/03/26)
  3. (2010/06/30)
  4. (2010/10/07)
  5. (2019/01/17)

コメント

非公開コメント