Yahoo seo Google > Yahooアルゴリズム > Yahoo! seoアルゴリズム検証にツールを利用する必要はない

Yahoo! seoアルゴリズム検証にツールを利用する必要はない

Yahoo!のseoやアルゴリズムを検証するのに、seoツールなるものを利用する必要は一切ない。むしろ、ツールによって得られたデータが脳内に壁を構築し、コアアルゴリズムを理解する妨げになる危険性がある。
検索して確かめずとも、当たり前に表示されるだろうと思う裏側にこそ、Yahoo!やは存在する。それは、“www” “yahoo” “index.html” を複合検索すると表示される。誰もがこの検索で、Yahoo! JAPANホームページが1位に表示されると思うことだろう。Googleで検索すれば、期待通りのが表示されるが、Yahoo!で検索すると、これは?という検索結果が表示される。
「www yahoo index.html」検索結果を題材に、Yahooアルゴリズム検証を進めてきたが、実際はそこから逸脱して進めた検証が思わぬ発見を可能にしている。Yahooアルゴリズムに関する発見は、実は今までも全部がそうやって見出してきた。人によってはマニアック(23日付記事「」を参照のこと)と揶揄されもするが、マニアックな検索結果を発見することは、それ自体が宝である。なぜなら、その検索結果はYahooアルゴリズムを如実に反映した検索結果であるからだ。(例えば、17日付記事「」で紹介した “変態 議員” の事例などを参照のこと。)
<晴練雨読>を見ていると、(トップページダウンペナルティ)は相変わらず魅惑のであるようだ。記事タイトルに “TDP” のテキストが踊れば、アクセスが増えていく。それだけTDPでお困りのウェブマスターが多いということだろう。
旬のキーワードを除いて、長らくウェブマスターのアクセスを誘うのが “seoツール” なるテキストだ。私も以前はこの手のツールに、はまりまくっていた時期があるが、現在使用しているのは2008年12月9日付記事「」で紹介した、記録を主目的にしたツールだけである。
今はこうしたseoツールには、一切の興味を失っている。そこで得られるデータなど、seo検証には何一つ意味がないことが分かっているからだ。
意味がないだけなら、まだ良いかもしれない。に精通していないウェブマスターであれば、実はこうしたseoツールの使用はマイナスになるだろう。seoツールの使用で得られた限られたデータが固定概念となり、を理解する妨げとなるからである。
養老孟司氏の大ベストセラー本『バカの壁』を読んだ人なら理解しやすいだろうが、seoツールで得られたデータに縛られて壁を構築することが妨げになるのである。『バカの壁』の帯にある「『話せば分かる』なんて大ウソ!」をseoに置き換えてみれば、「ツールでseoが分かるなんて大ウソ!」である。検索エンジンのコアアルゴリズムは、Yahoo!やGoogleの検索結果からしか分からない。
だが人はツールを利用する。利用すれば、seoやアルゴリズムが分かるかもしれないと思うからだ。そして気付いている人もいれば、気付いていない人もいる。そこには “簡単に” というキーワードが隠されていることに。ツールを利用すれば、簡単にYahoo!のseoやアルゴリズムが分かるかもしれない、と。
だからこそseo業者はツールを開発し、提供する。無料で簡単に手に入るとウェブマスターに思わせるために、ツールは提供されている。永遠にバカの壁の内側にいるウェブマスターもいることだろう。それはそのウェブマスターの人としての限界なのかもしれない。
仕事をしているふりだけしているサラリーマンがいる。経営者にだっているだろう。ツールを利用してYahoo seoやアルゴリズムが簡単に分かると思い込む人は、ふりでしかないことに自覚的になるべきだ。ツールは利用するべきものであり、利用されている限りは永遠にアルゴリズムなど理解できない。
脱線してYahoo seoやアルゴリズムが発見されるのは、バカの壁を越えることができた時だけ見えてくる真実があるからだ。
関連のseo記事
  1. (2010/03/06)
  2. (2010/06/11)
  3. (2010/07/01)

コメント

非公開コメント