Yahoo seo Google > Yahoo検索システム > YSTとBingの統合テスト終了により今後は個別のseo対策が求められる

YSTとBingの統合テスト終了により今後は個別のseo対策が求められる

YSTとBingの統合テストは終了し、今後はYahoo!、Google、Bingそれぞれの日本語解析に根ざした、個別のseo対策が求められることになるだろう。
前々回記事「」で報告したYahoo! Search Technology(YST)とBingの統合テストは、実質、終了した模様である。米Yahoo! Search Blogにて「Yahoo! Begins Testing with Microsoft」の記事がエントリーされたが、開始したというより、実際は終了したというのが相応しいと思われる。今後は、この結果に微調整が加えられることを “開始” と呼ぶのだろう。微調整は実際のとの関係で加えられる。
全てはリスティング広告のため。(27日付記事「」を参照のこと。) Googleに比べれば、Yahoo! JAPANの検索結果に表示される広告は明らかに不一致だった。しかしながら、ザラザラの荒れた肌を露呈していたYahoo!が、実にきめ細やかな肌で登場してきた。これによりリスティング広告の利用者の満足度は高まることだろう。
これにより難しくなったことは、seoを生業とする方のビジネスモデルであろう。きめ細かな肌で登場したYahoo!であるが、検索キーワードによってはリスティングに相応しい間引き検索も多々ある。
この間引き検索はより相応しい検索結果を表示させるための手段であり、それは意図されたものである。だからこその一般論を解説しても、その検索キーワードによっては別の方法論が加わり、一般論に従ったは、ネガティブに作用する場合もある。より個別のケアが必要になってくるわけだ。
関連のseo記事
  1. (2010/07/19)
  2. (2010/07/27)
  3. (2010/07/29)

コメント

非公開コメント