Yahoo seo Google > Yahoo検索システム > Yahoo! JAPANがGoogle検索エンジン採用に至った理由

Yahoo! JAPANがGoogle検索エンジン採用に至った理由

Yahoo! JAPANがGoogle検索エンジンの採用に至った理由は、Googleの日本語解析のきめ細かさと、Bingのあまりに低いインデックス能力にあるのではないか?
したが、なぜ、Googleの検索エンジンを採用することになったのだろうか?
Yahoo! JAPANは独自の検索システムを持っていない。今はYahoo! Search Technology(YST)から供給されるデータに、独自のやフィルターをかけたものを、Yahoo! JAPANのとして表示させている。だが、米YSTとYahoo! JAPANの検索結果は、どの程度似ているか?人によっては、まるで異なる印象を受けていることだろう。ここから分かること。それはYahoo!がを採用したとしても、GoogleのデータにYahoo!独自のアルゴリズムやフィルターをかけることで、まるで違った検索結果を表示させることも可能なことだ。
では、なぜ、Yahoo!はGoogleを採用したのか?それは解析のきめ細かさにあると思っている。Yahoo!の日本語解析は、Googleに比べ、それはかなりアバウトな印象であった。だがアバウトだからこそ、時にダイナミックは検索結果を表示させていたことも事実である。
その日本語検索が弱みを見せたのがなどの分野である。かつて「SEO」という検索結果に海外旅行の広告が表示されたのも、“SEO” と “Seoul” の解析を正しくできなかったことが原因だ。6日付記事『』で報告した件だ。相応しい広告を表示させるためにするべきこと、それこそ日本語をきめ細かく解析することなのだ。(2010年7月19日付記事「」を参照のこと。)
現在表示されているYahoo!検索結果はBingとの統合テスト中のものである。(前々回記事「」を参照のこと。) Bingの日本語解釈は、かつてのYahoo!よりも数段きめ細かい。それにも関わらずBingの採用に至らなかった理由は、する能力がGoogleに比べて著しく劣る点であろう。Bingの今のインデックス能力では、私ですら危機感を抱く。Googleを採用せざるを得なかったというのが、本音ではあるまいか?
しかし、Bingのきめ細やかさに対応したサイトの作成は、今のYahoo!においても、またGoogleにおいても効果的なのである。だから今こそ、、Yahooアルゴリズムに則した対策を心掛けるべきなのである。(13日付記事「」を参照のこと。)
大多数のインターネット利用者からすれば、Yahoo!がGoogleの検索エンジンを採用したからといって、それがどのような変化をもたらすものなのかは分からないだろう。だがBingを有するMicroSoftはこの採用に遺憾の意を唱えている。これによりMicroSoftがどのような対策を講じてくるのか、それは興味深いものであるが、それは決してYahoo! JAPANを優位にさせるような対策とはならないだろうことは容易に想像できる。
Yahoo! JAPANの利用者が減るような事態になれば、Yahoo!は今までの優位性を損なう結果に至るだろう。そこまで考えた時、Yahoo!は少なからずMicroSoftに配慮した対策も講じるだろう。その中にの検索結果の同一化は入らないだろう。Yahoo!がGoogleになるからといって、即座ににスタンスを改めるのは考えものである。今すべきことはGoogleの日本語解析に準じて、きめ細やかなサイトで最適化することが肝心である。
昨日、私は最適化を終了した。Yahoo!、Google共に共通する施策で、最適化してある。これによりでも大きく効果を発揮するであろう。

コメント

非公開コメント