Yahoo seo Google > Yahoo検索システム > Yahoo!のseoアルゴリズムが懐かしいよ

Yahoo!のseoアルゴリズムが懐かしいよ

Googleのアルゴリズムを理解すればするほど、Yahoo!のseoアルゴリズムが懐かしく感じられる。Yahoo seoに存在したニュアンス(人がサイトに込めた想い)といったものが、Googleにおいては一切感じられないからだ。
Yahoo検索システムがGoogle検索エンジンを採用することが決定して(27日付記事「」を参照のこと)、ウェブマスターの関心はからへと移行した。私も皆に倣い、Google検索における商用サイトのを上げようと、修正に躍起になっていた。だが既にが懐かしいと感じてしまった。を理解すればするほど、ある種の虚しさを感じるからだ。
Yahooアルゴリズムが、今さらながら懐かしく思う。分かっている人は分かっていると思うが、Yahooアルゴリズムは、かなり秀逸なものだったと思っている。アルゴリズムといっても、結局はクローラーという名のロボットが収集したウェブページのデータを分析して表示するだけだから、サイトの持つ微妙なニュアンスは、最適化すればする程、失われていってしまう。微妙なニュアンスとは、人がサイトに込めた “想い” といったものだ。
この “想い” は、アンカーコンテンツマッチなるYahoo seoの特性でも表現されていた。15日付記事「」で書いたような事例こそ、Yahoo!の秀逸性を物語るものだった。
だが、その “想い” は、には理解できない。Googlebotに理解できるようにするには、この “想い” を断ち切らなければならない。修正を進めながら、時に悲しくなるのはそれが理由だ。
ロボット検索とは、人の “想い” を数値化できない。残念ではあるが、それが今の検索エンジン最適化なのである。
。 Yahoo! JAPANがGoogleと同一になった時、Yahoo!検索ユーザーも私と同じように感じるかもしれない。
関連のseo記事
  1. (2010/09/10)

コメント

非公開コメント