Yahoo seo Google > Yahoo検索システム > Yahoo!はGoogle検索の採用が決まっているにも関わらず、なぜ、大変動を起こしたのか?

Yahoo!はGoogle検索の採用が決まっているにも関わらず、なぜ、大変動を起こしたのか?

Yahoo!検索システムはGoogle検索エンジンの採用が決まっているにも関わらず、なぜ、Yahoo!検索に大変動を起こしたのだろうか?さっさとGoogleに切り替えれば良いのに、なぜ?
27日付記事「」で既報の通り、Yahoo! JAPANは検索システムを現行のYahoo! Search Technology(YST)からGoogleに変更することが決まっている。それにも関わらず、Yahoo! JAPANのに大変動が起こった。なぜ、今さら大変動を起こす必要があるのか?という疑問は当然、誰もが抱いただろう。
しかし、<晴練雨読>の注目記事を見ると、そうとは考えていないウェブマスターも多いようだ。だけど、なぜ、今さら、は起こったのか?に関する疑問が浮かび上がる。
米YSTはBingに移行した。では、このYahoo! JAPANの検索結果は、どこからデータ供給を受けて変動したのか?Google?それともBing?推測ではあるが、米YSTから貰い受けたデータを拝借して変動を起こしたようだ。
米YST?それはBingに取って代わったのではないか?確かに米Yahoo!はBingのseoアルゴリズムに代わっただろうが、だからといってやInktomiがお払い箱にされたわけではない。AltaVistaもInktomiも昔のまま運行され、その働きは継続されている。だからこそ、そのデータを拝借することだって可能なのだ。
だが、今回の変動にAltaVistaは大きな役割を果たしていない。Inktomiばかりが目立った変動であると言えよう。
Inktomiのデータをどうseoスコア化して検索結果に反映させたかは、見る人が見れば一目瞭然だろう。だが、今一番私に疑問を抱かせるのが、なぜ、今さらのように変動をするのか?ということである。Yahoo!検索はに変わるのに、なぜ、変動するのか?さっさとGoogleに切り替えれば良いのに、なぜ?
意外と面白いのは、Yahoo seoやを発見していったノウハウをGoogleにも適用すると、随分と、Googleの細かい部分のアルゴリズムが見えてくるのである。
Google検索エンジンを採用し、Yahoo!が独自のseoフィルターをかけるのかどうかは不明ではあるが、かけない方が実にありがたい。ま、かけたとしても、それを見破る自信はある。(3日付記事「」を参照のこと。)
関連のseo記事
  1. (2010/09/15)

コメント

非公開コメント