Yahoo seo Google > Yahooアルゴリズム > Yahoo! seoアルゴリズム検証 やはりメタタグなのか?

Yahoo! seoアルゴリズム検証 やはりメタタグなのか?

Yahoo!のseoアルゴリズム検証には、前回の結論を敢えて否定してみることも必要だろう。そこでメタタグを「intitle:キーワード」「inbody:キーワード」の2つのコマンド検索で検証してみたのだが、やはりメタタグの優位性を崩すことはできなかった。
前回記事「」で、におけるメタタグの優位性に言及したが、これは別の思考回路で検証した時にも、その優位性が結論付けられた。だが今回は、このによって得られたデータを再度検証して、否定的な側面も追及してみようと思う。
「intitle:キーワード」「inbody:キーワード」の2つのコマンド検索によって、通常のよりも大幅にがダウンする調査対象サイトであるが、メタタグについての疑問は、この2つのコマンド検索が、メタタグの要素を完全に無視した検索結果であるとは断定できないことである。もしかしたらメタタグの優位性なんてものはなく、単純にこの調査対象サイトののseoスコアが低い、もしくは過剰seoであったから、Yahoo!のキーワード検索結果で順位ダウンしたのかもしれないし、または本文内のキーワードが多い、もしくは少ない?というYahooアルゴリズム上の理由によって下がっているのかもしれない。
だが、両方の要素が適切に均衡が取れていたからこそ、通常の検索では6位という高順位をマークしているのではないのか?Yahooアルゴリズム検証には、「intitle:キーワード」「inbody:キーワード」の2つのコマンド検索が意味するものを知ることが最も近道であると考え、検証を開始した。
検証に利用したキーワードは、“ヤフー” である。通常の検索であれば当然のごとく、Yahoo! JAPANトップページが1位に表示される。
次に「intitle:ヤフー」で検索してみると、Yahoo! Internet Guideホームページのwww.sbcr.jp/が1位に表示される。100位まで調べてみたが、www.yahoo.co.jpドメインのYahoo! JAPANは表示されない。ここから推測できることは、「intitle:キーワード」コマンドの検索結果には、バックリンクの要素は加えられていないということだ。もし加えられているとしたら、“ヤフー” というアンカーテキストでされるはwww.yahoo.co.jpが最も多いと推測しているからだ。試しに「intitle:退場」「intitle:出口」でも検証してみたが、www.yahoo.co.jpは表示されない。
なぜ、「intitle:ヤフー」検索でYahoo! Internet Guideホームページが1位に表示されるのかを検証してみた。理由は簡単に分かった。このドメイン直下のウェブページには、“ヤフー” のタイトルタグで始まるページが587件発見できた。つまり、タイトルタグに “ヤフー” を明記したウェブページのドメイントップページが、検索結果に表示されたということである。
面白いのは、「ヤフー - Wikipedia」が4位に表示されるも、そのドメイン内にあるウェブページは2ページだけである。6位に位置する「ヤフークラブ募集情報」は、八王子のキャバクラ『ヤフークラブ』のサイトである。このキャバクラ『ヤフークラブ』で特筆すべきは、ドメインのトップページが検索結果に表示されないことである。ドメイン内検索では3位の位置にある。
コマンド検索を変えて、「inbody:ヤフー」で検証してみた。Yahoo! JAPANが1位に表示される。www.yahoo.co.jpドメイン内で検索すると、このドメイン内の “ヤフー” の表記は “Yahoo! JAPAN” で統一されていることが分かる。このwww.yahoo.co.jpドメイン内で「intitle:ヤフー」で検索すると、「次の条件に一致する情報は見つかりませんでした。」と表示されるので確かであろう。
このドメイン内を「inbody:ヤフー」で検証してみる。ズラッと並ぶトップページのURL。この検証で再度面白い発見をしたのだが、横道に逸れてしまうことを危惧して今は触れない。「inbody:キーワード」コマンド検索の意味するもののみ、検証してみたい。
ご覧頂くとお分かりになるように、「ヤフーのサービスがおトクに使える~」で続く一文の “ヤフー” というテキストが黒字でハイライトされている。調べてみたが、Yahoo! JAPAN トップページのメタタグには “ヤフー” のテキストは使われていない。<meta name="description" content="日本最大級のポータルサイト。検索、オークション、ニュース、メール、コミュニティ、ショッピング、など80以上のサービスを展開。あなたの生活をより豊かにする「ライフ・エンジン」を目指していきます。”>これが全てだ。つまり、「inbody:キーワード」コマンド検索で得られるデータは純粋に本文内にされたキーワードによった結果を表示していることが推察される。
では、やはりメタタグなのか?Yahooアルゴリズム検証をより核心に繋げる、新たな切り口となる考え方を見出してみたい。
関連のseo記事
  1. (2008/09/19)

コメント

非公開コメント