Yahoo seo Google > Yahoo検索システム > Yahoo! Google seoの現在、そして未来に対する準備

Yahoo! Google seoの現在、そして未来に対する準備

Yahoo検索システムがGoogle検索エンジンを採用することが発表されたが、未知数な部分は大きい。Yahoo! Google seoの現在、そして未来に対する準備が必要だ。
して以降、Yahoo!のが一段とGoogle化した気配を感じる。完全移行は間近であろう。これを受けて再度のseoについて、その将来的な問題について語ろう。
Yahoo!検索のGoogle化が完全移行した後、その検索結果は完全に同一となるだろう。だが依然不安を覚えるのは、両社から発表されているカスタマイズの問題である。このカスタマイズがYahoo!独自のを検索結果に挟み込んで表示させるだけなら、ことは容易である。(2010年11月29日付記事「」を参照のこと。)
だが、独自のseoフィルターによってが大きく異なってくるようであれば、話は別だ。実際問題、私にとっても、このseoフィルターはない方が良い。なければだけに即して最適化していけば良いからだ。(3日付記事「」を参照のこと。)
しかし、Google後の問題も考えなければならない。このYahoo!とGoogleの提携は当初2年であり、その後Yahoo!が断らなければ2年延長されるとプレスリリース「Yahoo! JAPANの検索サービスにおけるグーグルの検索エンジンと検索連動型広告配信システムの採用、ならびにYahoo! JAPANからグーグルへのデータ提供について」にはある。Yahoo!が断り、提携は2年で終了される場合もあるということ。
また、プレスリリースを詳しく読めば、以下のQ&Aがあることに気付く。
Q5: 今後のYahoo! Inc.との関係に変化はあるのか?
A5: 今回の変更は検索エンジンおよび検索連動型広告配信システムの提供のみであり、Yahoo! Inc.は引き続き検索サービスおよびその他サービスにおけるYahoo! JAPANの戦略的パートナーであることに変更はありません。現在の資本関係も継続されます。
つまり現行のYahoo! Inc.検索サービスとのパートナーシップは現在も継続中とのこと。それは何を意味するのか?
前回記事「」でも書いた通り、検索エンジンの開発にはコストが掛り、に特化した検索システムは収支上ペイしない可能性の方が高い。それゆえ現行ではYahoo! Inc.検索サービスの要である、さらにGoogleのseo、そしてかつてのを整理して理解しておけば、未来に対するとりあえずの準備は可能ではないか?と考えたわけである。
では早速Bing、Google、 旧Yahooのseoについてシリーズで語っていこうか!続きはブロマガ記事「Yahoo Google Bing seo 最適化シリーズ テキスト」をどうぞ!
追記:ブロマガ記事「Yahoo Google Bing seo 最適化シリーズ テキスト」は既に削除されている。

コメント

非公開コメント