Yahoo seo Google > URL > wwwありとなしのURL問題が再現!

wwwありとなしのURL問題が再現!

同一化されたYahoo! JAPANとGoogleのキーワード検索結果で、wwwありとなしのURL問題が再現された!301リダイレクトの仕様が原因のようだ。
2010年12月1日付記事「」で既報の、Yahoo!=Google化した検索結果に関連して、最近ずっと謎のを調査していた。それは商用サイトのseo(検索エンジン最適化)を目指して最初に遭遇した、wwwとnon-wwwの問題に起因しているようである。(30日付記事「」を参照のこと。)wwwありとなしアゲイン!である。
謎のキーワード検索結果とは、表示されるウェブサイトのタイトルが、サイト内からトップページに戻る際に使用されているアンカーテキストで表示されるものである。具体的に説明すると、サイト内のサブページからトップページに戻るアンカーテキストが “キーワード top” とする。ダイエットのサイトなら “ダイエットtop” なんてアンカーテキストでしているとお考えください。
「キーワードtop」で検索すると、ともに、トップページのしたテキストではなく、“キーワード top” がタイトルに表示されるサイトがある。(31日付記事「」を参照のこと。)似たようなサイトを求めて、いくつか検索して探すと意外と多くある。それらのサイトの特長を調べていくと、ある共通点が…。
試しにYahoo! JAPANのトップページで調べてみると、以前とは異なる仕様を見つけた。これがYahoo! JAPANの対策なのか?以前とは異なり、Yahoo!のwwwとnon-wwwが301リダイレクトで統一されているではないか!かつてはYahoo! JAPANトップページに、wwwなしのアドレスでアクセスすると、302でwwwの付いたindex.htmlにされていたのに…!(24日付記事「」を参照のこと。)
Googleの場合、ウェブマスターツール(現在の名称は)で使用するを選ぶことができる。だから、このwwwあるとなしについては問題視していなかった。
とにかく、301リダイレクトは使用を間違うと大きな問題をGoogle seoにおいても起こしそうである。(25日付記事「」を参照のこと。)
関連のseo記事
  1. (2010/12/14)
  2. (2010/12/15)
  3. (2011/01/17)
  4. (2019/07/17)

コメント

非公開コメント

yahooTDP

google化した後の、yahooTDPを調査していたのですが、
やはりありました。
検索キーワード「グーグルアース」で、
「グーグルアース日本語版ダウンロード」がTDP状態です。
推定される要因はなんでしょうか!

Re: yahooTDP

YahooのTDPではありません。
Googleで検索しても同じ状況だからです。
トップページを差し置いてダウンロード方法のページが上位に表示されるのはGoogle seoアルゴリズムによるものです。
何故こうなるかは調べて直ぐに分かりましたよ。

No title

説明が不十分でしたが、
google(@nifty等々も同様)
で4番目に表示されます。
yahooだけ、TDP状態なのです。
小生の使用しているPC(XP、IE8.0)では、上記通リなのですが。

Re: No title

当方のpcではYahoo Googleともに11位の表示です。
もしかしたらGoogleの表示はカスタマイズ表示になっていませんか?

No title

Google検索で、カスタマイズ表示にはなっていません。
小生のpcで幾度やっても、当該サイトはyahoo検索で100位以内にでてきません。
11位というのは、驚きです。Pcの環境でこれほど違うのかという感じです。
尚、seo塾さんの最新の記事にも投稿させて貰いましたが、
「おお、これは超レアなケースですね。-----おりを見て分析してみます。」
と返事がありました。恐らく、小生と同じ検索結果であったと思われますが。

Re: No title

seo塾さんのコメント欄を見て、まるで違うサイトで調査していたことを確認しました。
問題のURLは確認したので、調査してみます。