Yahoo seo Google > wwwとnon-www > 「wwwあり」のドメイン設定にも関わらず、URLが混在している

「wwwあり」のドメイン設定にも関わらず、URLが混在している

Googleウェブマスターツールで「wwwあり」のドメイン設定をしていたにも関わらず、wwwありとwwwなしのURLが混在しているケースがある。
まさか、Googleでもwwwとnon-wwwのseo問題に悩まされるとは、思ってもいなかった。
」で報告した奇妙なタイトル表示について、それに該当するだろうGoogleウェブマスターツールのヘルプを何度も読み返している。
Yahoo!でも散々悩まされたwwwとnon-wwwのseo問題がGoogleで再現されるとは、思っていなかったのだが…。

seoコンサルティングするメリットとは、このようなものだ。
自分の商用サイトに生じていない問題でも、人様のサイトでその問題を確認出来る。
もしかしたら、wwwありとwwwなしの問題がなければ、このヘルプページは一生閲覧することがなかったかもしれない。

その記述はGoogleウェブマスターツールヘルプの「」にある。
使用するドメイン名を設定すると、Googleではサイトのクロールやインデックスを更新するときにその情報を使用します。たとえば、使用するドメインをhttp://www.example.comと指定し、Googleが検出したサイトのリンクがhttp://example.comの場合、Googleではhttp://www.example.comを使用してそのリンクをたどります。また、表示するURLは設定に基づいて決まります。使用するドメインを設定しないと、Googleでは、ドメインにwwwを含むバージョンとwwwを含まないバージョンは、別のページへの異なる参照として処理されます。
これを読めば、「使用するドメインをGoogleウェブマスターツールで設定しなければ、ドメインにwwwを含むバージョンとwwwを含まないバージョンでウェブページは分断されますよ」と理解して良いのだろうか?
多分それで正解だろう。

Googleウェブマスターツールで、seoコンサルティング先ウェブサイトの<内部リンク>データを確認すると、ほぼ全ページからトップページに戻るリンクを施してあるのにも関わらず、そのサイト内リンク数は遥かに足りない。
だがウェブマスターに聞けば、Googleウェブマスターツールでは以前よりwwwありのドメインで設定していたということである。
もしそうならば、ヘルプページにある通り「使用するドメインをhttp://www.example.comと指定し、Google が検出したサイトのリンクがhttp://example.comの場合、Googleではhttp://www.example.comを使用してそのリンクをたどります」、よってwwwなしのURLが混在する可能性はない筈であるのに…。

そこでウェブマスターにもこのページを読んで貰い、気になる箇所はないかを聞いた。
すると1点だけ気になる箇所を指摘してきた。
それは「使用するドメインを指定する方法は次の通りです。」で始まる薄い青で囲まれた中の一文だ。
ほとんどの場合、どちらのバージョンも物理的に同じ場所を指しますが、そうでない場合もあります。通常は、ドメインの一方のバージョンを確認すると、独自の確認手法を使用してもう一方のバージョンも簡単に確認できます。
聞けばレンタルサーバーのオリジナルドメイン設定で、wwwなしの指定とwwwありの指定を別フォルダで設定していたというのである。

wwwなしをwwwありに301リダイレクトさせていない場合、通常であればhttp://example.comでアクセスされてもhttp://www.example.comと同一のコンテンツを表示させる。
それはオリジナルドメインの設定で、wwwなしの指定とwwwありの指定を同一のフォルダで指定してあるからだ。
だが私の商用サイトで利用しているハッスルサーバーもそうだが、wwwなしの指定とwwwありの指定を別フォルダで設定することが可能だ。
仮に別フォルダを指定していた場合、http://example.comとhttp://www.example.comでは同じコンテンツを表示させない。
聞けばwwwなしの指定をしたフォルダにはindex.htmlをアップしておらず、http://example.comへアクセスした場合は403Forbiddenをレスポンスさせていた。

Googleウェブマスターツールヘルプの「ほとんどの場合、どちらのバージョンも物理的に同じ場所を指しますが」がwwwなしの指定とwwwありの指定を同一フォルダで行うことだとすれば、こちらのサイトは“ほとんどの場合”から逸脱したサイトなのであろうか?
だからwwwありのドメイン設定をしていても、wwwなしのURLが混在するのか?

「通常は、ドメインの一方のバージョンを確認すると、独自の確認手法を使用してもう一方のバージョンも簡単に確認できます。」
簡単に確認が出来ていないから、こんなにも時間が掛っているのか?

何はともあれ、こうしたGoogleのヘルプページがあり、Yahoo同様に検索エンジンにとってwwwありなしは大きな問題を生じさせる事項であるようだ。
これを読み、wwwの有無で問題がありそうなウェブマスターは相応しい対処をなさった方が良いだろう。(参照記事「」)

『「wwwあり」のドメイン設定にも関わらず、URLが混在している』と同一カテゴリのseo記事

コメント

非公開コメント