> > フッターリンクの評価改訂

フッターリンクの評価改訂

朝の定点観測中、あるキーワード検索でサイト間の順位が入れ替わっていることをYahoo! JAPANで確認した。
Googleにおいても同様に順位は入れ替わっている。
他サイトの順位を見るに、Googleがフッターリンクの評価を再度改訂した様である。
Google seoアルゴリズム修正の動きは、まだまだ続く様である。
フッターリンクで言えば、当Yahoo seo Googleブログを運営しているFC2ブログは【PR】と題したアンカーテキストリンクを表示していた。
過去形で書いたのは、今、改めて確認してみたら以前とは異なっているのを見出したからである。
具体的にはご自身で確認して貰うとして、問題はFC2ブログがGoogleのseoアルゴリズムによるフッターリンクの評価が改まっていることを確認済な点である。
FC2ブログにとって有利な評価改訂であれば、変える必要は無い。
Javascriptによる動的なリンクがリンク先に大きなマイナスを与えるからこそ、修正をしたのであろう。
今後は静的なリンクと動的なリンクで大きな違いが生じて来ることだろう。

このフッターリンクに関して、Web in the morningさんが興味ある記事をエントリーされていた。
「最強のフッターリンク」と題された記事である。
私も拝読させて頂いたが、最強のフッターリンクに相応しい形式であると思った。
広告と書くことでこのリンクはスパム扱いにならないだろうし、またそのリンクは静的なものであるからだ。

だがこの最強のフッターリンクが必ずしも全てのキーワード検索で上位表示を可能にするかと言えば、それは違う。
“クーポン”“子犬”といったビッグキーワードであればある程、この最強のフッターリンクが上位表示を可能にさせている訳では無いことをYahoo!=Google化した検索エンジンの検索結果は証明している。

スパム扱いにはならないだろうと書いたのは、このリンクはあくまでも“広告”のリンクであり、検索ランキングに影響を及ぼす類のリンクではないことを自ら宣言しているからである。
このリンクは広告扱い並みのseoスコアを付与されるだけだろうから、通常のナチュラルリンク程のseoスコアはないだろう。

Googleは“広告”を否定していない。
それを否定すれば、Adsenseの全てのリンクは否定され、Googleはその収益方法を自ら否定することになるだろう。

Googleが何を根本においてビジネスとしているかを考えれば、Google seoアルゴリズムにはadsenseの広告配信を可能にする本質的なアルゴリズムがある。
瞬時に広告配信を可能にするアルゴリズムとはどの様なものか?
それを考えることはGoogle seoアルゴリズム解明の大きなヒントとなるだろう。

フッターリンクの評価改訂は、本質的なものでは無いことだけ明言しておこう。
「フッターリンクの評価改訂」に関連する記事

コメント

非公開コメント