Yahoo seo Google > 被リンク > サテライトブログからのリンクとseo

サテライトブログからのリンクとseo

サテライトブログからのリンクで、以前のようなGoogle seo上の効果を上げられなくなったと感じている。これはナチュラルな被リンクを精査する、Googleの技術の向上が遠因にあると思われる。
今回のを境に、重視のを唱える専門家が増えた気がする。それは今までの本質と目されていた被リンクの効果が薄れてきていることを実感したことが原因だろう。事実、その被リンク効果の減は私も感じている。Yahoo seo Googleブログにサテライトブログはないが、商用サイトには存在する。Googleが評価するナチュラルなを考察してみた。

サテライトブログからの被リンク効果が減少

サテライトブログとは、主要ウェブサイトの周りをグルグル回る衛星のようなブログのことだ。私が商用サイトのサテライトブログを作ったのも、当時、Googleから提示された【検索エンジン最適化スターター ガイド】には「正しい方法でサイトを宣伝しよう」として、サテライトブログが推奨されていたからだ。
ガイドにあった通り、新しい商品を紹介するのが主目的ではあったが、勿論、被リンクを増やす目的もサテライトブログにはあった。そのため、seoを心配する人もいたが、Googleが推奨する方法を使ってどうしてスパムになるのか?という思いが強かったので遠慮なく使用していた。
このサテライトブログからの被リンク効果で以前より薄くなったなと感じるのは、補足コンテンツのサイドバーからのリンクである。通常この手のリンクはリンクの羅列になる。そうしたリンクの被リンク効果は下げられたが、メイン・コンテンツのテキストから張られたリンクは効果を継続しているようである。
だが、効果を継続しているとはいえ、メイン・コンテンツからのリンクだけで効果を上げられるわけでもない。メイン・コンテンツからのリンクというより、本文にリンク先と関係が深いテキストが記述され、なおかつページのにも相応しいされていることが条件である。“本文のテキスト” “メイン・コンテンツからのリンク” “ページタイトルのキーワード記述”、この3点が揃って初めて、ナチュラルリンクの評価を受けられると思っている。8日付記事「」で書いたリンク売買の物理的なリンクでは、効果がなくなったと言えるだろう。
サテライトブログからのリンク効果について、当Yahoo seo Googleブログの事例を紹介しよう。
つい先日まで「Google seo」と検索すると、11日付記事「」が10位ので表示されていた。Yahoo! JAPANの “このサイト内で検索” をクリックすると、内の「Google seo」検索ではトップページが1位に表示されていた。「発リンクとGoogle seo」は2位であったと記憶している。この事例から、Googleはドメインの評価を置き去りにして、直近でナチュラルなリンクを受けたに表示させる仕様を施していると推測した。この件については別の機会に記事にすることにしよう。
この「発リンクとGoogle seo」が受けたナチュラルなリンクとは、どこからなのか?それは「はてなブックマーク - yahoo・seo・google 発リンクとGoogle seo」である。“本文のテキスト” “メイン・コンテンツからのリンク” “ページタイトルのキーワード記述” の3点を網羅し、なおかつ、【バカに毛が生えたブログ】の記事「Yahoo!にだけ1位表示される不可解現象【続編】: バカ」へのリンクもあり、関連ページへのも完備されている。
「Google seo」で10位に表示された早々にURL検索して見つけた。評価される被リンクとは、こうした条件をクリアすることでナチュラルと評価されたリンクを言うのであろう。

ナチュラルな被リンクを精査するGoogleの技術が向上

一般的な常識で測れば、こうしたリンクがナチュラルだというのは理解できる。ただし、それがナチュラルな被リンクであるのかどうかを精査する技術をGoogleが取得しているか否かが、seoに直結していた。技術がなかった時代、被リンクは効果を上げた。だが、精査する技術の向上と共に、そうした効果は薄れていったと推測される。
その技術を習得した証こそ、とGoogleがネーミングし発表したことだろう。それが日本に導入されているのか否かは私には分からないが…。
知りうる範囲で申し上げれば、は被リンクこそ最大なものだと思う。コンテンツ、発リンクも極めて重要ではあるが、ランキングの決定的なシグナルはナチュラルな被リンクであろう。
ビッグキーワードで1位に表示されているサイトのバックリンクは、Yahoo! Site Explorerで調べれば掴むことができる。多大なバックリンク数を認めた時、人はこれこそ1位表示の理由だと思いがちだ。だが、それはあくまでも物理的なリンクに過ぎない。それ以外のシグナルが1位表示させている理由かもしれないという判断を下す余裕があれば、もっとGoogle seoは見えてくると思うのだが…。
関連のseo記事
  1. (2009/01/28)
  2. (2011/07/03)
  3. (2011/07/09)
  4. (2012/03/23)
  5. (2012/04/26)
  6. (2014/09/11)
  7. (2016/06/02)
  8. (2017/04/04)

コメント

非公開コメント