Yahoo seo Google > Googleアルゴリズム > Googleのseoアルゴリズムは難しいのか?

Googleのseoアルゴリズムは難しいのか?

Googleのseoアルゴリズムは難しいのか?難しくしているのは、旧態依然の価値観に洗脳されたままで、見えるものが見えなくなっているからであろう。
Yahoo seo Googleブログは当初、の解明を主としていた。今でもそうだが、商用サイトにおける売上の大半は、Yahoo! JAPANの検索ユーザーがもたらせてくれるからだ。だが、がGoogle検索エンジンを採用した現在、Yahoo!で上位表示するためには並びにGoogleアルゴリズムの解明が必要になった。果たしてGoogle seoアルゴリズムはそんなに難しく、複雑なものなのだろうか?
コメントにも頂いたが、このブログには “Yahoo” “seo” “Google” のが顕著にされている。だがそれは、Google seoアルゴリズムの要がキーワード出現比率にあると考えているからではない。14日付記事「」で書いたことこそ要だと考えている。
「Yahoo seo」で上位表示をすると宣言した時から、このブログには “Yahoo” の記述があまりにも豊富である。それに拮抗するためにも、今は意識的に “Google” のテキストを記述している。でなければ「Google seo」での上位表示は適わないし、言わば、バランス的な実情から記述している。
かつてのYahoo! JAPANのseoアルゴリズムは難しく、かつ、複雑なものだったであろうか?そうだとも言えるし、そうではないとも言える。例えば、当時のGoogle seo対策の視点からYahoo!のそれを見れば、難解かつ複雑に思えても仕方がないだろう。「アンカーテキストにキーワードを含んだ多数のを受ければ、上位表示できる!」と考えていれば、Yahoo!のseoアルゴリズムが分からなくて当然だからだ。
また、かつてのYahoo! (トップページダウンペナルティ)も同様であろう。検索キーワードでサブページがトップページを差し置いて表示される現象を「トップページがを食らったから」と解釈すれば、TDPは分からなくなる。逆に「サブページの評価が高いから」と考えれば、TDPを引き起こすYahoo!のアルゴリズムは実に分かりやすいものであった。何もかも難しく複雑なものにしているのは、それを解釈するウェブマスターの先入観なのである。(27日付記事「」を参照のこと。)
TDPを引き起こすアルゴリズムは、Yahoo!の本質的なであった。だから、それを知ることでTDPで圏外へと追いやられたサイトがトップ10に返り咲くという快挙が可能であったのである。
では、Google seoアルゴリズムは、そんなに難しく複雑なものであろうか?視点を変えれば、見えてくるものがある。アルゴリズムが進化すればも進化せざるをえないのである。(10日付記事「」を参照のこと。)
前回記事「」に絡めれば、「重複リンク」のは何を意味するのか?「サテライトブログ」は?そして「」は?Googleハネムーン?そうかもしれないし、そうでないかもしれない…。だが視点を変えてみれば、見えてくるものがある。予想したGoogle seoアルゴリズムがそうさせているなら、ここにGoogle seoアルゴリズムの本質がありそうである。
関連のseo記事
  1. (2011/07/08)

コメント

非公開コメント