Yahoo seo Google > Yahooアルゴリズム > Yahoo!のseoアルゴリズムに合致したウェブサイトを作成しよう!

Yahoo!のseoアルゴリズムに合致したウェブサイトを作成しよう!

Yahoo! JAPAN検索で上位表示されているサイトの共通点は、Yahoo seoで最適化されていることである。つまりは、Yahoo!のseoアルゴリズムに合致したウェブサイトを作成することが、何よりも重要なのである。
についての検証に集中していたためか、どうも思考が瑣末的なものに執着していた感が否めない。私の目的は、で自分の商用サイトが上位表示されることだ。だから、「どうしたら上位表示できるのか?」その根本に戻って考えていた。
現在、私の商用サイトの問題点は、集客力の高いキーワードでYahoo!のが振るわないことである。なぜなのか?と考えてみたのだが、こう考えることこそ、マイナスの思考方法だったのではないかと思った。
seoなんて言葉さえ知らなかった時、1日のページビューなんて150程度のサイトであった。seoという言葉を知り、主要キーワードAで最適化を試みている内に、ページビューは上昇してきた。だが、それは狙ったキーワードAではなく、狙ったキーワードA+別のキーワードBとの複合検索で、ページビューを稼いでいたに過ぎない。この別のキーワードBについて最適化は試みたのか?と問われれば、試みてはみたというのが正解である。だが、主要キーワードAはその数倍もの労力を費やしているにも関わらず、その検索順位は振るわない。
なぜ、なのか?それはについて本質的な原理原則が、瑣末的なこだわりによって見えなくなっていたことが原因だった。
幾つかの定点観測しているキーワードがある。1つは “出会い系サイト” である。Yahoo!で「出会い系サイト」と検索すると、【出会いLOVE-出会い系サイト@比較】というサイトが3位に表示される。今回の前までは、不動の1位であったサイトだ。
もう1つが “医療保険” である。注目しているのは3位に表示される日本生命保険相互会社だ。「生命保険」で検索すれば、堂々の1位である。
だが、この日本生命保険相互会社が脅威なのは、「個人年金」で検索しても2位という表示順位である点だ。本質的な原理原則に戻れば、【出会いLOVE-出会い系サイト@比較】と日本生命保険相互会社が検索キーワードで、このような順位に表示されるのは同じ理由からである。Yahooアルゴリズムに合致したYahoo seoで、ウェブサイトの最適化を行っているからだ。
この2つのサイトの共通点、さらに言えば、共通するサイトの作成方法が理解できれば、Yahoo!のseoアルゴリズムに合致したウェブサイトができあがる。
私は、この2つのウェブサイトの共通点を理解しているつもりだ。だが、私の理解が100%である保証は当然ながら、ない。
その理解を基礎にウェブサイトのを数日かけて修正し、昨日、無事にアップを終えた。100%ではない理解の上で、どこまで順位が上昇するか?今はそれを楽しみに待つ他ないのである。
追記:私の趣味のブログを最適化した。するとAdsenseの広告がより趣味のブログに相応しい広告を表示し始めた。外部からのなど、のランキングアルゴリズムに相違はあれど、ページ内シグナルに関してはもYahoo seoと大差はないようだ。(13日付記事「」を参照のこと。)
関連のseo記事
  1. (2008/10/30)
  2. (2008/11/17)

コメント

非公開コメント