Yahoo seo Google > seo対策 > seo対策とGoogleが推奨するseoは異なる

seo対策とGoogleが推奨するseoは異なる

seo対策とGoogleが推奨するseoとは異なる。推奨しているseoとは、Google検索エンジンと相性の良いサイトを作成することであり、だからこそ必要なのは対策ではなく方法なのである。
Twitterでもツイートしましたが、“seoブログ” は狙った検証をするには相応しいではなかったようです。前回記事「」での検証テストは完全に失敗しました。そのため、今回は “seo対策” を選びました。この辺りの件は検証結果を整理した後、報告します。
」検索の結果ですが、新規に記事をエントリーするとYahoo seo Googleブログは3位や5位に表示されます。どうやら現在のは、14日現在のデータが元のようです。
」「Google seo」共に、に表示される当ブログのスニペットには6月14日の日付が表示されています。晴練雨読で確認すれば、今回のは6月15日です。トップページのキャッシュは改まっていますが、6月14日未明までの評価が検索順位の元になっているようです。
かつてのYahoo seoでは、次回のが行われるまでは検索順位のデータは刷新されなかった。Google seoもそれと似たような仕様になっているのだろうか?もし、そうであるなら、次回の変動が楽しみですね。Yahoo seo Googleブログ自体の評価も然ることながら、“重複リンク” “サテライトブログ” “” の評価がどう変わるのかも、興味あるところです。
seoとはSearch Engine Optimizationの略称であり、にすれば検索エンジン最適化と訳されます。であればseo対策とは検索エンジン最適化対策なのでしょうか?書いていて全く意味が分かりません。
一般的には多くの人が “seo対策” でイメージするのは、検索エンジンのキーワード検索で上位表示させるための対策です。最もよく知られた方法が、をつけて貰い上位表示させる手法です。この被リンクを用意しリンクを売買するのがseo業者と呼ばれる。個人事業主の業者もいるし、大手で大規模に行っている企業体の業者もいる。
しかし、このリンク売買を中心としたseo対策が上位表示に効果を失ってきた。2011年7月2日付記事「」でも書いた通り、の位置によって効果が変わってきたからだ。こうした変化はGoogleが検索ユーザーに正しい検索結果を届けたいと考えているからに他ならない。そうした意味で、seo対策とはGoogleが推奨するseoとは異なることを知っておいた方が良い。
では、seoとは何か?それこそGoogleのseoとはGoogleと相性の良いサイトを作成することだ。「」はそのガイドであるが、より本質的な言い方をすれば、Googleにそのウェブサイトのを正確に把握させることこそがseoなのである。Googleにコンテンツを把握させるのに対策は必要ない。必要なのは方法だけなのである。
追記(2021年5月17日):モバイルフレンドリーとは、seoとseo対策と同様、混同せずに理解しなければならないものだ。詳しくは「」を参照のこと。
関連のseo記事
  1. (2011/07/12)
  2. (2012/11/19)
  3. (2020/12/07)

コメント

非公開コメント