Yahoo seo Google > Google seo > seoのバランス

seoのバランス

かつてのYahoo seoも同様であるが、Google seoにおいてもバランスが重要である。攻守のバランスが崩れて、相手チームのカウンター攻撃で失点してはいけないサッカーと同様である。
かつてのに較べ、は遥かに複雑である。その複雑さは単純でないからこそ、複数の異なるが生まれる。なでしこジャパンの優勝を祝し、Google seoをサッカーに準えて語ってみよう。
4-2-3-1だとか、4-4-2などと、サッカーのシステムを語る際に良く使われる数列がある。4-4-2はDFが4人、MFが4人、FWが2人というフォーメーションを意味する。
このフォーメーションは対戦相手によって変更される場合がある。相手の長所を消し、味方の長所を活かす場合などである。サッカー好きな者にとって、11対11のゲームをシステムを絡めて語れる点も、サッカーの魅力の1つと言えるだろう。
このシステムをGoogle seoに準えると、とても類似していて分かりやすい。この場合、相手チームとは検索ユーザーであり、ユーザーの検索クエリに対して最も相応しい検索結果を表示させることがGoogleにとっての勝利である。
では、その勝利のためにGoogleがすべきことが、Google検索エンジンの弱点を限りなく克服することであろう。そのためにGoogleアルゴリズムのシステムは絶えず流動しているのである。(10日付記事「」を参照のこと。)
11人というフィールドプレイヤーをどう配置するのかがシステムであれば、アルゴリズムとはseoスコアをどう配分するか?ということになるだろう。がFWであれば、それを支える後方がバックリンク。10-1というシステムなら、バックリンクに重きを置いてコンテンツは置き去りだと言えよう。また1-10というシステムなら、コンテンツがほぼ絶対で、バックリンクのスコアはほとんどないと言えよう。
このシステム変更の目的に「Google検索エンジンの弱点を限りなく克服すること」と書いた。その弱点の1つが、4日付記事「」で書いたことだろう。
つい先日まで「とは」の検索で、はとバスは10位に表示されていた。それが先日には現在のにダウンしていた。目下、「とは」の検索におけるはとバスの順位は26位で、先日まで影も形も見つけられなかった「OpenIDとは?-Yahoo! JAPAN」が30位である。
この検索結果で大まかながら、seoスコアをどう配分し直したかが推測できる。Google seoといっても、技術開発でサイトを新しい方法でしてランキングされ直す以外に、seoスコアの配分変更というものもある。だから「とは」検索で10位にはとバスが表示されていた事実で、革新的な技術がGoogleによって開発されたわけではないことを察知した。seoスコアが配分され直されれば、それはあるサイトを圏外にする場合もあるし、30位に表示させることもあるということだ。(24日付記事「」を参照のこと。)
この配分変更にその都度つきあって、対処していくのは無理である。では不動のサイトになるためには、どうすれば良いのか?これまたサッカーでよく言われるところの、“1対1” に強くなる他はない。サイト内のウェブページを最適化し、ナチュラルなを得られるようになれば良い。
seoとは、バランスなのである。攻撃に重きを置きすぎて、カウンターを受けて失点しても駄目。そして失点しても諦めないメンタリティが最も大事なことは、今朝のなでしこジャパンが教えてくれた。おめでとう!なでしこジャパン!
関連のseo記事
  1. (2011/07/21)
  2. (2011/07/30)
  3. (2011/08/10)
  4. (2012/08/01)
  5. (2012/10/08)
  6. (2013/06/17)
  7. (2013/07/28)

コメント

非公開コメント