> > Twitterによるseo効果

Twitterによるseo効果

Google変動前からTwitterによるseo効果が増した気がします。
定点観測しているキーワード検索で急激に順位を上げたウェブページが認められた。
繰り返すがそのウェブページはブログ内の1ウェブページであり、ブログ全体はそのキーワードとは何の関係も無い。
具体的にこの事例をYahoo seo GoogleブログのTwitterと絡めて紹介しよう。
Yahoo seo Googleブログも新規に記事がエントリーされた場合、その更新をTwitterで知らせる様に設定してある。
Twitterに新規記事のURLが記載されるが、それはアンカーテキストを含むことのない素のURLである。
これはTwitterに限ったことではないが、Google seoアルゴリズムはリンクとその前後のテキストを発リンク先にseoスコアとして付与する。
だから新規記事のTwitter投稿には“google”“seo”のテキストが含まれる様、タイトル タグに“google”や“seo”を記述してエントリーしている。

ここで急激に順位を上げたブログのあるウェブページとは、ブログのウェブマスターがTweetしたのではなく、定点観測しているキーワードを含んだテキストと共にウェブページのURLをTweetされる様に設定している。
そして急激に順位を上げた理由こそ、そのTweetが他のユーザーによりRTされたからである。
簡単に申し上げれば、被リンクが一気に増えた状況である。
一時の勢いは消えたものの、今でもそのTweetはRTされている。
恐るべきseo効果である。

当然のことながら、こうしたseo効果を生んだのもRTしたくなるような時事性を有したTweetだからである。
だがこの事例にはGoogle seoアルゴリズムとTwitterの良好な関係を築く為のヒントが多々ある。
その1つは先にも触れた通りキーワードを含んだテキストと共にTweetする、もしくはTweetされる様に設定することだ。
そうした設定もせず手動で「ブログを更新しました」なんてTweetすれば、seo効果は勿論のこと、アクセスアップの効果も無い。
アイドルもしくは有名人でもない限り「更新しました」と言うだけの情報でアクセスしたいと思うユーザーはいないからだ。

2つ目はURLの問題である。
短縮URLを利用しているTwitterユーザーも多いが、リダイレクトされそのURLにアクセス出来るとしても、やはり直リンクとはseo効果で差が出ると考えている。
リダイレクトの問題は必ずアフィリエイトサイトとの関係で何らかの対処をGoogleはしているだろうからである。
またURLのseo効果はGoogle自らが認めたものであるし。

ハッシュ タグにも注意したい。
ハッシュ タグとは発リンクである。
関連するTweetを探し出すのに相応しいハッシュ タグが望ましいだろう。

3つ目は当たり前であるがTweetもしくはRTしたくなるようなコンテンツであること。
上記2つの事項を守ったtweetがRTされれば、被リンクの効果は大きい。

更に最近ではこうしたtweetを<まとめサイト>の様な形式でアップしているウェブサイトもある。
Tweet、RTで多くの関連するテキストを集約したサイトからリンクを受けることになるので、seo効果は大きいと言えるだろう。
もしかしたらこうしたTwitterを利用したseo業者も出現するかも知れない。
既に出現しているかも知れないが、私はその点について詳しくは無い。
「Twitterによるseo効果」に関連する記事

コメント

非公開コメント