Yahoo seo Google > Google seo > サブページのseoこそ最も注力するべき事項

サブページのseoこそ最も注力するべき事項

Google検索エンジンへの最適化過程において、 サブページのseoこそ最も注力するべき事項である。なぜなら、ドメイン下のサブページが最適化されているからこそ、トップページが輝くと考えているからだ。
するウェブマスターにとって、最も重要視しているページはトップページであろう。以前は私もそうであったが、今は違う。現在は前々回記事「」でも触れた “階層” に留意しながら、サブページのGoogle seoを重要事項としている。
こう例えれば、誰もが容易に理解できるだろう。プロサッカーにおいて、幾ら名将と言われる監督を招聘しても、チームにその監督の目指すサッカーを体現できる選手が存在しなければ、勝てるチームができるわけがないのと同じである。名将が就任して最初にすることは、戦術に則した選手の補強であり、戦術にそぐわない選手の放出である。これにより、そのチームは勝てるチームへの最適化を計っていくのである。
同じことがGoogle seoにも当てはまる。
トップページをどれだけ最適化しても、サブページが最適化されていなければ、そのウェブサイトの最適化はできない。特ににおいて、サブページをGoogle seoで最適化する意味合いは大きい。なぜなら、サブページの最適化で、そのを光らせて、URLの最上位に位置するドメインを輝かせるからだ。
このYahoo seo Googleブログとて同じである。ブログタイプゆえ、各記事の最適化がダイレクトにトップページに反映される。その反映具合は、通常のHTML形式のウェブサイトよりも早いと言えるだろう。そして、その反映具合のダイレクトさがあるからこそ、Google seoアルゴリズムの検証にはブログタイプが最適化だとも言えるだろう。(24日付記事「」を参照のこと。)
その最中、=Google化した「Google seo」ので、Yahoo seo Googleブログは今現在6位に上昇した。つい先日までは2ページ目の13位近辺をウロウロしていたことを考えれば、急上昇と呼べるだろう。
このの急上昇は、外部ドメインからを受けたことで生じたのではない。何度か書いてきたが、Googleによる当ブログの “リコンストラクション” がほぼ終了に近づいており、その結果が反映されたことが一番の理由である。当ブログのリコンストラクションについては何れ書こうと思うが、そのリコンストラクションとはサブページに関することだと予告のみしておこう。そして、だからこそ、サブページの最適化こそ最も注力するべき事項だと力説するのである。(2011年4月28日付記事「」を参照のこと。)
関連のseo記事
  1. (2008/12/01)
  2. (2008/12/04)
  3. (2012/01/09)

コメント

非公開コメント