Yahoo seo Google > URL > GoogleはURLをテキストと同様に扱う

GoogleはURLをテキストと同様に扱う

Google seoは、URLをテキストと同様に扱う。単なるURL記述とハイパーリンクに画像リンク。リンクとseoに関係する問題を検証してみた。
2011年10月29日朝、Googleウェブマスターツール(現在の)をチェックしていたら、またしても意味不明なURLが<クロールエラー>に表示されていた。「見つかりませんでした」と表示されたURLは、2011年10月3日付記事「」で紹介した類のものである。
今回は素で記述されたURLの間に<br />を挟んでいるため、<br />タグ前までのURLが「見つかりませんでした」と表示されている。具体的にはhttp://www.example.com/blo<br />g-entry-586.htmlなんてをしているから、http://www.example.com/bloが「見つかりませんでした」と表示されている。もしかしたら、この記事がGoogleにキャッシュされ、ウェブマスターツールの「見つかりませんでした」にhttp://www.example.com/bloが表示されるかもしれない。ならば、100%ありうることである。(「ページにリダイレクトがあります」に表示、2020年1月3日のを参照のこと。)
URLとはテキストであり、だからこそ<a herf="~">でハイパーリンクが形成されていようといないと、そこに上の効果はある。だが<a herf="~">でリンクされたほどの効果はない。なぜなら、“nofollow” という属性は公に認められ、Google検索セントラル「Googleに外部リンクの関係性を伝える」でも、Googleはその属性をケースに応じて使用することを推奨しているからだ。だから、<a herf="~">で繋がれていないリンクは、あくまでも引用程度のseo効果と考えられる。https://yahoogoogleseo.blog.fc2.com/blog-entry-584.htmlのURL近辺に “Yahoo seo” “Google seo” のテキストが記述されていたら、https://yahoogoogleseo.blog.fc2.com/blog-entry-584.htmlというURL自体が “Yahoo seo” “Google seo” というテキストに関連したURLとして参考にされるということだ。だからこそ、Twitterのツイートに短縮URLは使用しない方が良いのである。(2日付記事「」を参照のこと。)
このURLのテキスト扱い、さらに<a herf="~">と “nofollow” について考えていたのだが、によるはどういう意味を持つのだろうか?例えば、このYahoo seo Googleブログトップページに画像でリンクした場合である。
<a href="https://yahoogoogleseo.blog.fc2.com/"><img src="/img/logo.gif" height="50" width="180" border="0" alt="検索エンジン最適化検証ブログYahoo Seo Google" ></a>
あくまでもalt属性のテキストは代替のテキストであり、この "/img/logo.gif" というURLがテキストであると仮定した場合、Yahoo seo Googleブログトップページへのアンカーテキストは "/img/logo.gif" という可能性もあるわけだ。
現実的には、"/img/logo.gif" は画像としてGoogleに把握されている。だが我々の想像を遥かに凌駕する形ではウェブサイトをする。
想像を凌駕するのは、一般のウェブマスターでは理解できない領域でGoogleが仕事をしているからだろう。私たちには想定外で済む問題がGoogle seoにおいては異なる。
<Web in the Morning>で以前記事にされていた “アフィリエイト系の直リンク” 。こうした問題への対応もGoogleはしていることだろう。
リンクを巡る問題に正しく対処することがGoogleアルゴリズムに合致したサイトを作成するための処方箋だ。それだけは間違えようがない事実である。
追記(2020年1月3日):Yahoo seo Googleブログの実際のURLで記述していた箇所が、Search Consoleの「ページにリダイレクトがあります」に表示されているため、www.example.comに記述を改めた。
追記(2020年12月4日):1月3日追記の “www.example.com” への記述変更に関連する記事『』をエントリーした。
追記(2021年8月4日):コンテンツに記述したテキストを、この記事と同様、GoogleがURLのように扱っているのでは?と疑うような事例があった。詳しくは「」を参照のこと。
関連のseo記事
  1. (2011/11/09)
  2. (2012/02/13)

コメント

非公開コメント