Yahoo seo Google > コンテンツ > コンテンツに過剰seoは存在しない

コンテンツに過剰seoは存在しない

コンテンツに過剰seoは存在しない。seoとは被リンク対策ではなく、最適化であり、コンテンツを最適化するのに、「過剰な最適化」という矛盾は存在しないからだ。
の改善により、コンテンツの重要性を説くseoブログが多くなったのは好ましい状況だ。過剰seoサイトにはが科され、最早、によるに通用しないということを多くのウェブマスターが共有する手助けとなるだろうからだ。
だが、過剰seoがペナルティとなる背景には、seo=被リンク対策という前提がある。Yahoo seo Googleブログは、seo=被リンク対策という前提を否定するために継続してきたと言っても過言ではない。コンテンツを最適化することに、過剰などないからである。
コンテンツの重要性が増したことは事実であるが、アルゴリズムの限界から、未だseo的な手法でを上位表示させることは可能である。seoスパム的な手法がまかり通るのも、2バイト言語であるに対して、未だ相応しいが実行できていないことが原因であろう。(22日付記事「」を参照のこと。)
この手法は、2ちゃんねるのまとめブログ事例ばかりを指しているわけではなく、PageRankを利用する手法である。より具体的に書けば、中古をどうGoogle seoに活用するのか?ということである。これが通用するだけでも、かつてのほどにGoogleアルゴリズムはコンテンツ主体となりえていない。
しかし、相対的にコンテンツの重要性が増した現段階で、もう一度考えなければならないことは、コンテンツの意味するところである。他のseoブログを読むと、“コンテンツはナチュラルなを貰うために重要” というニュアンスを時に感じる。そうした側面があるのは紛れもない事実であるが、それ以前に、コンテンツそのものの重要性が蔑にされていないだろうか?文字通り、コンテンツを最適化することの重要性である。そうした重要性に対する認識では、日本と海外において大きく異なることが容易に理解できる。

コンテンツseoと画像の最適化

そのように理解できるのは、検索における結果からである。Google.co.jpとGoogle.com両方で「seo」の画像検索をすれば、コンテンツ最適化の重要性を認識しているのは海外のseo業者が遥かに多いことが理解できる。(10日付記事「」を参照のこと。)
画像はコンテンツではないのか?コンテンツの一部であり、かつ、テキストと同時にユーザーの理解を助ける重要な視覚的要素である。こうした認識が薄いと、どうしても画像の最適化には思いが至らない。
画像の最適化もしっかり行える業者が唱えるコンテンツの重要性と、画像の最適化に思いが至らない業者のコンテンツの重要性は、意味合いが大きく異なる。画像を最適化することは、コンテンツを最適化することの一助であり、それにより検索順位に大きな影響を与えることを知っているか否かの差があるからである。
画像検索で1位2位に表示される画像をトップページに掲載していたウェブサイトがリニューアルした。画像検索で1位2位に表示されていた画像を新たな画像に差し替えて。すると、どうなるか?検索順位は、ダウンするのである。ここに文字通り、seoにおけるコンテンツの重要性が証明されているのである。
当然のことながら、検索順位は複数のシグナルで決定されるので、画像ばかり最適化しても、それで上位表示できるほど簡単ではない。の最適化もあれば、ドメインの最適化もある。ドメインで言えば、無料ブログは難しい部分が多々ある。特にFC2の場合、サブドメインの扱いは302でされるからだ。
サブドメインでモバイルサイトを運営している方は、モバイルの最適化が必要でもある。モバイルがモバイルサイトとして認識されるための最適化が!
seoとは最適化であり、コンテンツを最適化するのに “過剰な最適化” という矛盾は存在しない。
関連のseo記事
  1. (2012/04/11)
  2. (2017/04/24)

コメント

非公開コメント