Yahoo seo Google > Google seo > seoとは検索エンジン最適化の略称ではないのか?

seoとは検索エンジン最適化の略称ではないのか?

seoとは検索エンジン最適化の略称ではないのか? そう感じてしまうくらい、日本のseoブログはコンテンツの相応しい作成に対する知識を疎かにしてきたのではないだろうか?
の最適化に触れた前回記事「」を読み、素早く最適化に着手なさる方もいるようだ。画像に関する情報を求める方が多数いることが、アクセス解析から見受けられる。
Yahoo seo Googleブログでは画像は数えるほどしか使用していないし、画像に関する記事は以前のとの関連で書いたものがほとんどである。Googleの画像に関するseoに触れたのは、前回記事が初めてではないだろうか?
<海外SEO情報ブログ>に、画像の最適化に関する記事があった。であろうと、英語であろうとファイルの表記に大きな違いはない。一時盛んになった日本語であるが、今はほとんど話題にならないくらい、そのseo効果は低い。日本語も英語と同様の扱いになっているからだ。
ファイル名を英語にする場合でも、そこには2バイト言語である日本語の問題が存在する。Yahoo seo Googleブログのようにキーワードが英単語であれば、日本語の問題がない分、楽である。だが日本語である場合、どうファイル名をつけるべきか?2バイト言語の問題をより深く理解し対処することが必要だ。日本語をより深く理解し、適切なを表示してくれるなら、「とは」と検索して、はとバスを上位表示することなどありえないからだ。(4日付記事「」を参照のこと。)
また、こうした日本語の問題への対処に、どう、が適用されているのかを知ることも、大事であろう。「Yahoo seo」の検索結果と「seo Yahoo」の検索結果が、そして「Google seo」の検索結果と「seo Google」の検索結果が大きく異なるように、検索ユーザーがどう検索するのかを知ることも重要だ。“とは” は、 “と” と “は” であり、言うなれば、Yahoo= “と” 、seo= “は” と同様であるからだ。こうした問題を理解し対処することが、検索エンジン最適化であり、seoである。過剰seoなんてことは本来存在する言葉ではない。
しかし、なぜ、今になって、こうしたに関する初歩的な情報が出回るのか?seoとは検索エンジン最適化の略称ではないのか?Googleの言い回しを使用すれば、“相性の良いサイト” を作成することがseoであると理解してきたが、どれだけ世のseoブログはコンテンツの相応しい作成に対する知識を疎かにしてきたのであろうか?上位表示が目的で、その対策がになるか否かを把握することがseoなのではないであろう。seoとはコンテンツを検索エンジンに対し最適化することである。
この本来のseoを実行すれば、上位表示は可能である。なぜなら、コンテンツを最適化することで、そのウェブサイトが何についてのウェブサイトなのであるかを明確に検索エンジンに伝えることが可能だからだ。それがほとんどできていないサイトばかりであることも、本当のseoをしているサイトの上位表示を可能にさせている理由でもあるが。
で強引にコンテンツを歪めようとしている。上位表示させたいキーワードで被リンクを増しても、コンテンツがキーワードで最適化されていなければコンテンツを歪める施策となることを理解してほしい。
コンテンツの最適化に関する情報は、当ブログにも他のseoブログにも求める必要はない。先ずはに即して始めれば良い。検索エンジン最適化スターターガイドを深読みして実行なさることをお奨めする。嘘は書かれていないが、それとハッキリ分かる形で書かれてはいないからだ。
関連のseo記事
  1. (2012/05/23)

コメント

非公開コメント