Yahoo seo Google > Yahooカテゴリ登録 > カテゴリ登録のseo効果とYahoo!への提言

カテゴリ登録のseo効果とYahoo!への提言

Yahoo!カテゴリ登録のseo効果はある。だからこそカテゴリ登録は、ウェブマスターが希望するアンカーテキストで登録されるべきだと、Yahoo! JAPANには提言したい。
Yahoo!カテゴリ登録の表示設定ができなくなって久しい。これは単純にYahoo! JAPAN側の懸念を反映した措置であろう。がGoogle検索エンジンを採用して、日本の検索はに支配された。そのようなウェブ検索において、Yahoo!カテゴリ登録をしただけで上位表示はできない。それを思えば、Yahoo!カテゴリ登録の有無が一目で分かる表示は、カテゴリ登録にマイナスの動機づけにしかなり得ないからである。
Yahoo!カテゴリの表示が可能であったなら、現在のを見て、未登録のウェブマスターは「Yahoo!カテゴリ登録なんて意味がないじゃないか?」と思うことだろう。未登録でありながらも上位表示しているサイトもあれば、登録していながらも検索下位にランキングするサイトもあるからだ。だが、この事例だけで「Yahoo!カテゴリ登録は意味がない!」と判断するのは、早急であろう。
現在、Google seoでが最適化されていれば、Yahoo!カテゴリ登録サイトをで上回る。実に当たり前のことながら、以前は当たり前でなかったからこそ、Yahoo!カテゴリ登録を表示する設定が可能であった。
それがコンテンツの最適化こそ優先されるものとなり、Yahoo!カテゴリ登録をするだけである程度の上位表示が可能であった “当たり前でない状況” が改善されたからこそ、Yahoo!カテゴリ登録の表示は不可能となった。実に簡単な理由である。カテゴリ表示を不可能にさせた時点で、Yahoo!は既に気付いていただろうし、seoセンスに優れた人も気付いただろう。
コンテンツの最適化は、Yahoo!カテゴリ登録より最優先されるべきものである。では、コンテンツの最適化は叶ったとして、その上で考えるべきは、Yahoo!カテゴリ登録の効果は今も健在であるのかどうか?という点であろう。自演リンクや購入したが、ここぞ!とばかりに摘発されている昨今、その被リンク効果を疑う者がいるのは当然であろう。
seoセンスがある方なら、検索してみれば直ぐに分かることだ。今も変わらず、Yahoo!カテゴリ登録の被リンク効果は健在である。
だが、問題もある。登録する者はみな、アンカーテキストによる被リンク効果を目的にカテゴリ登録をするのだが、Yahoo! JAPANは登録者の思惑通りに登録しないことだ。
誰もが、検索結果に表示されるサイトの中から、Yahoo!カテゴリ登録サイトだからという理由で、そのサイトにアクセスするわけではない。また、Yahoo!カテゴリのページだって、Yahoo! JAPANトップページからの目立つ導線でリンクされているわけでもない。カテゴリ登録の主目的は、Yahoo! JAPANからのトラフィック増ではなく、被リンクによるseo効果であり、具体的には、キーワード検索における検索順位の上昇である。
しかし、カテゴリ登録に際し、Yahoo!サーファーがつける登録名が意に副わない、求める検索キーワードを含まないものにされるから、アンカーテキストによる被リンクのseo効果が得られない。ここにYahoo!カテゴリ登録の最大の問題がある。
時々、新規Yahoo!カテゴリ登録サイトを見たりするが、Yahoo!ビジネスエクスプレスで登録しただろうサイトは少なくなっている気がする。また、Yahoo!のキーワード入力補助に表示されるテキストを見ても、カテゴリ登録やビジネスエクスプレスで検索する人は少ないことが予想できる。
こうした問題点に対し、是非ともYahoo! JAPANに提言したい。Yahoo!カテゴリ登録におけるウェブマスターの願いを考慮してほしい点だ。新規にカテゴリ登録するサイトもさることながら、既に登録済のサイトでありながらも、望む名称で登録されていないウェブマスターの修正希望を聞き入れることである。ハッキリ言えば、そのアンカーテキストの被リンク効果を嫌というほど知っているからこそ、お願いしたいのである。
同様に思っているウェブマスターも大勢いることだろう。だからこれは、個人的な希望であると同時に、その他大勢のウェブマスターの希望でもある。望まない登録名で、その名称で上位表示されても意味がない。商用サイトにおいて意味があるのは、売上に直結するキーワードでの上位表示である。
関連のseo記事
  1. (2010/07/06)
  2. (2012/04/14)
  3. (2016/11/27)

コメント

非公開コメント