Yahoo seo Google > スパム > 悲しいseo

悲しいseo

悲しいseoを発見した。同じ日本人として、実に悲しい、ただそれだけである。
における時間とトラフィック、そしてとの相関関係を検証したいと思い、Yahoo seo Googleブログのは控えようと思っていた。だが、あまりにもそれは最低なのではないかという義憤が抑えきれない。
をたどりPageRankを算出することはできる。しかし、リンクに含まれたモラルまでは算出できない。
義憤に駆られたのは、LPO SEO 高屋のLPOブログの記事「SEOで必要な被リンク数」にある、seoで5位に表示されるという実験サイトを見た時だ。そこには「REVIVAL JAPAN」と題したサイトがPageRank7と表示され、そこにアクセスして我が目を疑った。東日本大震災の写真が掲載され、リンクを請う英文が記載されている。あの英文を読み、リンクをした方々は文字通り “support Japanese people” のためにリンクをした筈だと思う。
このウェブサイトが当初、どのようなものであったかは知らない。いや、純粋に “support Japanese people” の目的に作られたものだと信じたい。当初より高PageRankのウェブページを目的に作成されたとしたら、その度を越したモラルハザードに返すべき言葉は見つからない。
だが当初の目的がどうであれ、あのようなを設える時点で最低であると私は判断する。方法論が最低なのではなく、リンクを集める手段が最低だと判断するからである。上位表示したい者たちが四苦八苦して集めるべきリンクを、人の善意を利用して集め、かつ、それを転用している。これを最低と言わずして、何が最低なのかの判断に苦しむ。
あのウェブマスターは、リンクをしてくれた方々に対し、何を感じるのか?また東日本大震災で被災された方、家族を失った方、いまだ家族が見つかっていない方々に対し、「正しい行いをしています」と胸を張れるのであろうか?
同じ日本人として、実に悲しい。ただそれだけである。
追記(2022年4月19日):当記事がYahoo seo Googleの旧登録されている。そこから、の関係を検証した。詳しくは「」を参照のこと。
関連のseo記事
  1. (2012/04/26)
  2. (2012/05/11)
  3. (2012/07/26)
  4. (2012/10/17)
  5. (2015/09/08)
  6. (2016/09/08)
  7. (2016/11/27)

コメント

非公開コメント

No title

そんなことは当初から判っていたことじゃないかな?
例えばここなんかも
http://www.groupon.jp/cid/7995
他人のモラルを問うよりも、利用されないスキルを考えるほうが建設的では?

Re: No title

果たしてそうでしょうか?
モラルに基づかないものに建つ世界に未来はあるのでしょうか?

通報してみました

Googleに通報してみました。ドメインごと葬り去られてしかるべきだと思います。

Re: 通報してみました

ありがとうございます。

白日の下に!!感謝。

4月9日に皮肉ツイートしたけど、過疎りすぎてて話題になりませんでした。

力ある人たちが取り上げてくれて嬉しいです。

ちなみに、ちょくちょくサイトが変わっていて、最近、募金ボタンを追加したみたいです。ガチくずですよ、ホントに。

Re: 白日の下に!!感謝。

コメントありがとうございます。
力を頂きました!

No title

管理人様このような投稿ありがとうございます。
私も通報しました。

姿が見えないからモラルというか人間性の欠けた手法に手を出す業者が減らないのでしょうね。

SEO屋、ウェブ業者のモラルを下げているウェブ業界の恥。日本の恥。人間の恥。

No title

>「そんなことは当初から判っていたことじゃないかな?」

判っていながら看過するのは黙認しているようなものでしょう。

影響力のある人が声をあげてくれたからこそ、人が動くということに気づきましょう。

貴方が挙げたサイトも、そういう声があったから没落を早めたのでしょう。

よく見かけるが、「今に始まったコトじゃない」などと上から目線で達観しているだけでは何も変えることはできない。

変えようとしている人々に水を差すだけでは、何も仰らない方が社会のためでしょうね。

No title

whois情報はvaluedomain、サーバーは123サーバー。

どう見てもSEO業者です、ありがとうございました。

No title

モラルに基づかないものに建つ世界に未来は「ない」ですね。
ただ現実には大多数のモラルあるSEOに紛れてこのような行動をする者がいるのも事実です。
そしてそのような浅ましい行動から利己的な利益を少しでも得ようとそれを情報とするような人が多数いることも事実ではないですか?
Googleの目に留まっていない(と私は思いませんが)このような件に声を上げること自体を否定するつもりはありません。
ただ現実を生きる知恵として、事後に声を上げる事同様、あるいはそれ以上に事前に怪しむ目を養う事も必要であろうと思います。
内容は違いますが
http://www.sem-r.com/seo/20100401000401.html
(エイプリルフールの冗談のつもり?)
http://www.sem-r.com/seo/20110531140253.html
(問題が起きて修正せざるを得なくなった?しかし尻切れトンボ)
これもネットの本質を理解せずに行った、立派なモラルハザードだと思いますよ。
この件について批判したSEO情報を私は寡聞にして知りません。
まあこれも上から目線なのでしょうけどね (笑
一応これでもこちらのブログを応援しているつもりですよ。

SEO業者じゃないです

気になり、また来てしまいましたw

SEO業者ではなくて、某事務所の方だと
推察します(確信はありません)。

商標Directoryで検索してみて下さい。
フッター部分や見出しが酷似し、サイト構造も似ていることが分かります。

オススメのマークもww

リンク交換システムのデフォルトとは異なり、カスタマイズされてます。

No title

どういう人物か分からないが被災された場所まで出向いている事から、正義の人物かと思っていましたが、http://yahoogoogleseo.blog40.fc2.com/blog-entry-634.html
などや他に一括相互リンクを時々勧誘している事に疑問を感じ、登録後リンクは削除しましたが、やはり怪しい人物だったんですか?
どうもSEOに関わる(の匂いのする)人物はどうであれ信用してはダメという事ですね。

No title

> piyoさんのコメントに対し、私は確たる証拠を持ち合わせていないし、また、探そうとも思いません。そのため、このコメントに関しては削除させていただきます。

No title

財団法人消防科学総合センターもこんな目的での写真の使われ方はどうなん?