Yahoo seo Google > Google seo > ユーザビリティを考慮して行った意識が高いほど、サイトの最適化(seo)を阻害していることに気づかない

ユーザビリティを考慮して行った意識が高いほど、サイトの最適化(seo)を阻害していることに気づかない

検索ユーザーのユーザビリティを考慮して行った意識が高ければ高いほど、その施策がウェブサイトのGoogle seoを阻害しているケースがあることに、ウェブマスターは気付かない。
Googleが取得する特許と、それに基づくには、を上げるものと下げるものの2つに大別される。つまり、もし貴方が自身のサイトの検索順位を上げたければ、検索順位を上げるに合致するようにウェブサイトをGoogle seoで最適化し、逆に検索順位を引き下げるアルゴリズムには抵触しないようにすれば良いだけである。実に、簡単なことである。
検索順位を引き下げるアルゴリズムとは、端的にいえば、seoを排除するアルゴリズムといえるだろう。つまり “検索順位を引き下げるアルゴリズムに抵触しないようにする” とは、スパム的なを施さないことであり、これもまた実に簡単なことである。
最も難しいのは、検索順位を上げるコアアルゴリズムに合致するようウェブサイトをGoogle seoで最適化することではない。それは、順位を上げるコアアルゴリズムに合致するだろうと思っていたことが、サイトの最適化を阻害していたことに “気付く” ことである。阻害していることに気付かないのは、ウェブマスターからすれば検索ユーザーへのユーザビリティを考慮して行ったという意識があるからだ。まさしくとは、このことだ。
例えば、Ajaxと呼ばれる技術がある。これを用いてサイトを作成し、訪れた検索ユーザーはがもたらす快適性を享受し、ユーザビリティは増しているとウェブマスターは思う。この事実から、そのAjaxがサイトの最適化を阻害していると考えるだろうか?実際は考えないのが普通であり、だからこそ気付くのが難しくなる。Ajaxとして認知された技術であろうと、その事実を以ってGoogleが正しく認識するかは別の問題である。Googleが正しく認識できる方法でAjaxは使用しなくてはならず、それ以外の方法であれば最適化を阻害してしまうのである。
これは一例である。実はもっと難しいことは存在し、それが原因で最適化は阻害される。の出現でGoogleのは大きく様変わりしたが、その大部分は最適化を阻害する問題にウェブマスターが気付いていないからであろう。疑え!というのが難しいところに、問題の原因があったりするからである。
では、その問題をGoogleウェブマスターツール(現在の)で須らく把握できるのか?と問えば、答はNOである。Googleウェブマスターツールの各種データは、あくまでもヒントとして考えるのが最適であり、問題の箇所をハッキリと指し示すことはない。ヒントを読み間違えれば、さらにseoは阻害され、検索順位ダウンという結果をもたらす。こうした読み間違えをした者からすれば、Googleウェブマスターツールは悪魔のツールとも呼べるだろう。
Ajaxがseoの阻害に関係していると気付いたのは、<インデックスステータス>のデータからである。なぜ、が減少するのか?Ajaxを疑い、GoogleとAjaxに関して調べて初めて最適な方法があることを知る。もし疑っていなければ、調べることも最適なAjaxの方法があることも気付かなかっただろう。そのきっかけとしてGoogleウェブマスターツールに登録することは大事であり、最適化をより迅速に進めるためには、Fetch as Googleを使用することは極めて重要である。特にの保留が続くにおいては、Fetch as Googleを使用することこそインデックスを増やす唯一の方策であるからだ。
悪魔にもなり神にもなる諸刃のツールが、Googleウェブマスターツールと言えるだろう。
正しくGoogleウェブマスターツールを利用するには、経験が必要だろう。データはヒントであり、データは検索順位と直結している。注意深く見ていくことで経験は蓄積され、データを正しく利用できるようになる。Google seoの経験値は、ここでしか増やすことができない。
追記(2021年8月4日):自爆seoよりも自虐seoのリスクは遥かに高い。詳しくは「」を参照のこと。
関連のseo記事
  1. (2013/09/09)
  2. (2013/09/20)

コメント

非公開コメント