Yahoo seo Google > 検索結果 > 検索結果の多様性喪失、ネガティブseoを可能にする情報開示があってはならない

検索結果の多様性喪失、ネガティブseoを可能にする情報開示があってはならない

Google seoに関する情報開示のサボタージュに、最近はある意味納得し始めている。それは、検索結果から多様性が喪失したり、ネガティブseoを可能にするような情報の開示があってはならないからである。
手動対策ビューアが実装された辺りから、Googleがウェブマスターツール(現在の)にサイト登録させようという、思惑めいたものを感じるようになった。(26日付記事「」を参照のこと。)私自身はのためにウェブマスターツールに登録することは必要不可欠だと思っているが、未登録の方も多いということなのだろう。
だが、登録しないことで得られるメリットがあるから、それはそれで良いことなのかもしれないと思い始めている。前回記事「」で触れた通り、最適化の問題はウェブマスターツールで須らく把握できるわけではなく、データが示すヒントを間違えて解釈すれば、による最適化はそれだけ遠のくことになるからである。つまり登録してしまうことで最適化が遠のくケースがあるなら、登録しない方がベターだということだ。
無論、問題が須らく把握できるよう、ウェブマスターツールがさらにバージョンアップされる可能性はあるが、現段階でそれを期待するのは無理であろう。最適化の問題とはと直結しており、誰もが容易に解決できれば、逆も可能となってしまうからである。それこそネガティブseoであり、サイトの問題点を外部からのによって浮き彫りにさせてしまえば、ライバルサイトのを引き下げることが可能だからである。(2013年8月3日付記事「」を参照のこと。)
Googleに対し、サボタージュであると批判していた私だが、今に至っては、そうした事態が容易に想定できるからこそ、ある意味、納得し始めているのである。「Don’t be evil」というGoogleのスローガンはそこの文脈から読めば極めて適切で、「Be good」であれば検索エンジンは崩壊していたとすら思う。Google seoが容易であれば、力を持つseo会社によって検索結果は独占されてしまう可能性があるからだ。経済力に勝る企業がキーワード検索結果を独占するような事態は、キーワード検索における多様性を失わせるだろう。様々な視点を提供するためにキーワード検索は存在し、多様な価値観が豊かさを保障するからだ。
<海外SEO情報ブログ>の「」を読んだ時、真っ先に思ったのは「おとり捜査ではないか!」ということだ。アメリカでおとり捜査は合法であり、その他司法取引等、アメリカ映画を観ていれば良く見受けられるシーンである。
日本では、おとり捜査も司法取引()も合法化されておらず、だからこそ際立つのがGoogleという検索エンジンがアメリカ文化を濃厚に反映させたものであるという事実である。
自分の身を自分で守る文化があるからこそ、アメリカで銃の所持は合法である。これを検索エンジンに当てはめれば、最適化の問題は自分で見つけろ!というに等しいと思う。
誰かに依存していても問題は把握できない。なぜなら、サイトによって抱えているGoogle seo上の問題は様々であり、ある問題への対処が別の問題を引き起こす可能性が多々あるからである。
「検索ユーザーのために優れたコンテンツを供給しよう!」と書くseoブログは多い。それで検索順位が上がれば誰も文句はいわないが、実際、優れたを提供しただけでランキングが上がるわけはない。だが、マット・カッツ氏がそういう理由も良く分かる。それこそデータに惑わされず、最適化(seo)の問題に気付く最良のアドバイスだからだ。
ここ数ヵ月はそれを嫌というほど、思い知らされた。
追記:2018年6月1日より日本においても司法取引は施行されている。
関連のseo記事
  1. (2014/02/14)

コメント

非公開コメント