Yahoo seo Google > URL > コンテンツ、URL、ドメインのオリジナリティはseo以前の問題

コンテンツ、URL、ドメインのオリジナリティはseo以前の問題

Googleパンダアップデート導入以降、重視されているものはコンテンツ、URL、そしてドメインのオリジナリティであるが、このオリジナリティは主にURLの正規化にあり、それはまた、seo以前の問題とも言えるだろう。
前回記事「」でしたからか、Yahoo seo Googleメールマガジンに登録される方が増えている。(10日付記事「」を参照のこと。)に熱心なアフィリエイトサイト運営者は、それだけ多いということだろう。
アフィリエイトサイトにとって、扱う商材はオリジナルではない。承認さえ受けれられれば、アフィリエイト会社から提供される商材は、どのウェブサイトであろうと扱うことが可能だ。だからこそ、Adsense広告からアクセスされても、扱う商材を他のウェブサイトで購入されれば、掛る費用は損となる。また中にはを禁じる会社もあると聞く。Google seoで最適化し、何とかからアクセスされることを欲するのは、だからこそ当たり前なのである。
オリジナリティとは以降、Googleが最も重視するものだと思われる。のオリジナリティは勿論のこと、からURLに至るオリジナリティも重要なシグナルとなる。パンダアップデートに直接関係するのが、コンテンツのオリジナリティとURLのオリジナリティであることは誰もが理解していることだろう。(2日付記事「」を参照のこと。)
では、このパンダアップデートは、Google seoの問題なのかを考えると、これも容易に答は導き出せる。これはGoogle seo以前の問題である、ということだ。

URL正規化はseo以前の問題

seo以前の問題としては、URL正規化が挙げられる。正規化とはオリジナルかつ “” なURLでURLを統一することだ。当たり前なことでありながら、実はその当たり前なことほどできていないからパンダアップデートに翻弄されるのである。
私も偉そうに上から目線で威張れるわけではない。seoコンサルティングしているサイトに対し、もっとこの “当たり前” の視点でアドバイスできていれば、短い期間でのダウンからリカバリーできただろうと思うからである。言い訳になるが、それだけ当たり前なことに気付くのは難しいのである。(2013年9月2日付記事「」を参照のこと。)
当たり前のこととは、対で考えなければならないから難しい。例えば、キーワード検索で上位表示される際にが必要なのは当たり前なことだろう。だが、被リンクのアンカーテキストに相応しくサイトの最適化ができていなければ、当たり前は “当たり前” にならない。“ダイエット” についてのサイトに “seo” のアンカーテキストで被リンクを受けても、「ダイエット」検索での順位に効果がないのは “当たり前” である。
極端な例であることは、重々承知している。だが、極端過ぎるくらいの視点で検証しなければ、“当たり前” は見えてこないのも事実である。それは既に脳裡に刷り込まれ、疑う余地すらないようなことにこそ、“当たり前” はできていないからである。気付き、顧みて初めて「言われてみれば、当たり前だな」ということに思い至る類のものなのである。
、さらにseo検証を継続していて感じるのは、やはりGoogleの常識に敏感であらねばならぬということだ。つまりアルゴリズムはGoogleの中の人が策定しているわけだし、「ロボットだから分からない」というのは間違えで、暴走するロボットがランキングを定めているわけではなく、コントロールされたロボットが検索順位を定めているからである。
コントロールはGoogleの常識に従ってされており、Google seoとはGoogleと相性の良いサイトを作成することで、相性とはGoogleの常識と一致していることを指す。唯一意識しなければならないのが、Googleの常識にとっては特別視されていないことであり、それがゆえにオリジナリティの確保が難しい点だろう。(13日付記事「」を参照のこと。)
オリジナリティを確保するには、オリジナルな視点でサイトをブランド化することだ。(9日付記事「」を参照のこと。)それもでありつつ、ランキングには最も重要な施策である。
関連のseo記事
  1. (2013/09/26)
  2. (2013/10/02)

コメント

非公開コメント