Yahoo seo Google > Google seo 2016年10月~ > 構造の変化がウェブサイトに与えるseoの影響は大きい

構造の変化がウェブサイトに与えるseoの影響は大きい

Yahoo seo Googleブログをレスポンシブwebデザイン化したことにより、ウェブサイトの構造は大きく変化した。
構造の変化がウェブサイトに与えるseoの影響は大きいことが理解出来た。
以前Googleは、フィーチャーフォン用サイトがなくても、フィーチャーフォン用に改変されたウェブページを携帯電話で表示させた。
そしてフィーチャーフォン用ページがあるサイトについては、.htaccess等でリダイレクトの設定をしていなくとも、携帯電話からのアクセスに対してはフィーチャーフォン用ページにリダイレクトさせていた。
デスクトップPC用ページの<head>部分のアノテーションがフィーチャーフォン用ウェブページの存在を明らかにしたのだろう。

実は現在もそれと同じ状況であることが判明した。
私のiPhoneのGoogle検索からYahoo seo GoogleブログのトップページURLにアクセスすると、かつてのスマートフォン用URLにリダイレクトされるのだ。

こうした仕様は以前であれば不思議でも何でもなかった。
Yahoo seo Googleブログをレスポンシブwebデザイン化する以前は、スマートフォンからのアクセスはスマートフォン用のURLにリダイレクトされていたからだ。
しかしレスポンシブwebデザイン化した今は、リダイレクトは不要だ。
デスクトップPC用のURLはスマートフォン用URLも兼ねているからであり、また、だからこそFC2の仕様もリダイレクトされないようになっている。

試しに<データ ハイライター>で旧スマートフォン用トップページのURLでタグ付け調査した。(参照記事「」)
すると表示されたコンテンツはデスクトップPC用と同じコンテンツである。
Googleのデータ上では現在の状況が正しく理解されていることが分かった。
つまりデスクトップPC用ウェブページから旧スマートフォン用ウェブページへのリダイレクトは、以前のフィーチャーフォン用と同様に、Googleによる仕様であることが判明した。
」で書いた推測は正しかったということである。

このセット化はキャッシュの更新にも影響を与えている。
前回記事「」で旧フィーチャーフォン用URLの<データ ハイライター>調査結果を報告した。
この際、留意して欲しい点は、調査に先立って旧フィーチャーフォン用URLをFetch as Googleで送信しておいたわけではない点である。
それ以前にFetch as Googleで送信したのはデスクトップPC用URL(レスポンシブwebデザイン化した現在はこのURLが唯一の正規URLである)だけである。
にも関わらず、旧フィーチャーフォン用URLのキャッシュは更新されているものが多数あった。
Fetch as Googleでの送信がセット化されているURLのキャッシュをも更新させていると考え、実験をしてみた。
正規URLをFetch as Googleで送信し、さらに改変してあった旧フィーチャーフォン用URLのキャッシュを更新させるのか?という実験である。
実験は成功し、さらに改変された旧フィーチャーフォン用コンテンツが<データ ハイライター>による調査で表示された。
キャッシュの更新はセット化されたURLのキャッシュをも更新させるのである。

この事実に即し、「GoogleはコンテンツをデスクトップPC用、スマートフォン用と分けて認識している」で紹介した3つのタイプを検証してみた。

1つ目の正規URLのコンテンツを表示させるケース。
これは正規URLをFetch as Googleで送信する際に、「モバイル: スマートフォン」を選択したことが影響しているのではないか?
旧フィーチャーフォン用URLにスマートフォン用Googlebotがアクセスした時には正規URLを表示させるよう、FC2が設定してあることは前回書いた通りだからだ。
つまりインデックスに送信すると同時に旧フィーチャーフォン用URLにもスマートフォン用Googlebotがクロールしたわけである。

2つ目が改造された旧フィーチャーフォン用のコンテンツを表示させるケースだった。
旧フィーチャーフォン用URLが改造された旧フィーチャーフォン用のコンテンツを表示させるのはデスクトップPC用のGooglebotだけである。
つまりこの2つ目のタイプが表示されたURLにはデスクトップPC用Googlebotがクロールしていたわけである。

3つ目が改造前の旧フィーチャーフォン用のコンテンツを表示させるケース。
「単純にGooglebotがクロールしていないから」と考えるのは間違いであろうか?
つまりこのタイプのURLはデスクトップPC用ページとセット化されていないからと考えられる。

セット化されていないと考える理由は多々ある。
例えば<データ ハイライター>調査で旧スマートフォン用URLで表示されたコンテンツと、正規URLで表示されたコンテンツが異なるケースが挙げられる。
2つはほとんど同じコンテンツであるが、表示されるアーカイブの部分が異なるのである。
例えば旧スマートフォン用URLで表示されたコンテンツの2016年12月の記事件数が5と表示されているのに対し、正規URLで表示されたコンテンツは、その部分の記事件数が2であったりする。
つまりはそれぞれが別個にキャッシュされたからこそ、この相違が生まれている。
仮にセット化されていたら、大部分のURLと同様、旧スマートフォン用と正規URL用コンテンツのアーカイブ件数まで完全に一致しているはずである。
セット化されておらず別個に存在するからこそ重複の問題が発生するのであろう。上は昨日私はしたツイートである。
サイトマップの保留は1月24日で35日目である。
このサイトマップの保留が生じたのが12月21日であり、「」を書いてサイトマップを再送信した時からである。
これ以前の記事が「」であり、エントリーしたのは12月11日である。
海外seo情報ブログさんが「」と題した記事を書かれていたが、当ブログの日付は「」で提示した画像と同様に12月11日のままである。
この日付がサイトマップの「保留」と時を同じくしているのは明らかな事実であり、このサイトマップの「保留」、さらに<構造化データ>の未更新も、オンライン上でのセット化と関係しているのではないか?
つまりはレスポンシブwebデザイン化したことによりYahoo seo Googleブログの構造が大きく変化したことが直接的な原因ではないか?

Google最大の問題とは、こうした検索ユーザーに対するユーザビリティがGoogleに最適化しようとするウェブマスターの障壁になっていることではないか?
そんな部分に力を費やすから、サイトの構造を見失う。
そもそもサイトマップで送信したURLだけで構造を把握すれば問題なんて生じなかったはずだ。
本末転倒とはGoogleに最も相応しい言葉に思える。

追記
この記事に関連する「」も参照のこと。
「構造の変化がウェブサイトに与えるseoの影響は大きい」の関連記事リスト

コメント

非公開コメント