Yahoo seo Google > インデックスのseo > プライマリ インデックスとファスト トラック インデックスを発リンクと被リンクの観点で語ってみる

プライマリ インデックスとファスト トラック インデックスを発リンクと被リンクの観点で語ってみる

Googleにはプライマリ インデックスとファスト トラック インデックスという2種類のインデックスがある。
この2種類のインデックスを発リンクと被リンクの観点から語ることが可能だ。
ここ最近、Search Consoleにおけるデータ更新が滞っており、何らかのseo的発見や推測を可能にするような事象に遭遇していない。
だからブログやツイッターでの活動も停滞気味になる。
以前との差異こそが全ての源であるといえるだろう。

そんな最中、発リンクと被リンクの観点から語るべきことがあるような気がしてきた。
そう感じさせたのは海外seo情報ブログさんの「」を読んでいたからだろう。

当ブログにおいてもFetch as Googleに関係する記事は多数書いてきた。
その中でも今回の記事に最も関係するだろう部分が「」で書いた以下の部分だろう。
関係性において優先的なURLが生まれる原因にはFetch as Googleも少なからず関係していると考えている。
つまりFetch as GoogleでクロールをリクエストされたGooglebotがコンテンツの更新を確認した際、それが時間的に一番新しく、かつ、最優先されるコンテンツだからである。
脇役にすぎなかったURLが突如主役としてスポットライトを浴びることになったと考えれば分かりやすいだろうか?
Fetch as Googleで送信したことを契機に<構造化データ>や<内部リンク>に表示されるようになったURLがある一方で、逆に送信したことで<構造化データ>や<内部リンク>から消えたURLもある。
この相違も時間とURLの優先が関係していると考えている。
ここではFetch as Googleを時間軸で語った。
だがFetch as Googleにはもう1つの側面があり、それは発リンクと被リンクである。
これはプライマリ インデックスとファスト トラック インデックスでも語ることが出来るのである。

例えば今書いているこの記事をブログにエントリーし、さらにSearch ConsoleからFetch as Googleで送信したとしよう。
通常通りであるなら記事はキャッシュされ、ウェブ上に表示されるようになる。
これがファスト トラック インデックスである。

しかしこれがプライマリ インデックスと異なる点は、Fetch as Googleで送信した段階においては該当記事はYahoo seo Googleブログのどこのページからもリンクされていない状態である。
つまりは被リンクが1つも存在しないわけである。
ここで大前提に戻っておくのに意味があるのかは不明だが、取り敢えず戻っておこう。
それこそSearch Console ヘルプの「」にある以下の部分だろう。
サイトを論理的なリンク構成で作成します。各ページには、少なくとも 1 つの静的なテキスト リンクからアクセスできるようにします。
この静的なテキスト リンクをたどってインデックスされるのがプライマリ インデックスである。
そしてGoogleが静的なリンクの最初として重要視しているのがナビゲーションのリンクである。
それはでも敢えて「ナビゲーションをわかりやすくしよう」と題して語られている点からも理解出来る。

当Yahoo seo Googleブログにおいては記事直下のナビゲーションのリンクが重要視されている。
下の画像はSearch Consoleの<データ ハイライター>に表示されている記事番号No.936「」のナビゲーション部分である。
記事番号No.936のデータ
そこには記事番号No.935である「」へのナビゲーションのリンクがある。
そして記事番号No.936は2017年2月に書かれた2つ目の記事なので、アーカイブの2017年2月の部分に(2)の数字がある。
それを理解して頂いた上で下の画像を見て欲しい。
記事番号No.935のデータ
これは<データ ハイライター>に表示されている記事番号No.935のアーカイブ部分の画像である。
2017年2月の部分の数字が2になっている。
これは記事番号No.935をFetch as Googleで送信したから、こうなったのではない。
静的なリンクによってプライマリ インデックスされた結果である。

この記事がアップされると2017年2月に書かれた3番目の記事になり、アーカイブ部分の数字は(3)になる。
そしてFetch as Googleで送信すると、この記事のナビゲーション部分から「Search Consoleのインフラストラクチャ更新はPCとスマートフォンを厳密化したのか?」への発リンクが発生する。
それに伴い、今度は「Search Consoleのインフラストラクチャ更新はPCとスマートフォンを厳密化したのか?」がプライマリ インデックスされる。
それがここ最近顕著になったことである。

今触れた通り、ここには発リンクと被リンクの関係が存在する。
つまりFetch as Googleによるファスト トラック インデックスは、そのウェブページからの発リンクを追うのである。
そして、そのウェブページからの被リンクによって、該当するウェブページがプライマリ インデックスされる。
「検索エンジン最適化スターターガイド」にある通り、そこには構造の問題が絡んでくるのである。

この構造が正しくGoogleに伝わっていないサイトの場合、Fetch as Googleによる送信でインデックスから消えるケースが生じるのである。
かくいうYahoo seo Googleブログもその1つであり、だからこそFetch as Googleには慎重になっているわけである。

ここ最近の順位変動を見ていると、発リンクの評価が以前よりも増しているように感じられる。
特に「yahoo seo」「google seo」の検索結果で、私のツイッターが検索順位を上げているからである。
そこにはhttpとhttpsの評価も加わっているだろうが、それ以上に発リンクの評価が高いと感じている。

思うに発リンクの評価は被リンクよりも評価がしやすいのではないか?
例えばアフィリエイト サイトの場合、そのリンクにはアフィリエイト用のユーザーIDが加わり、いわば正規URLに対するリンクではなくなるからである。
決してペナルティのリンクとはならないだろうが、そのリンクはナチュラルなリンクとは呼べない。
これによりリンク先、さらにリンク元の評価を変更させることが可能である。
今や発リンクは被リンク以上に重要なのだと考えている。

追記
この記事に関連した「」も参照して欲しい。
「プライマリ インデックスとファスト トラック インデックスを発リンクと被リンクの観点で語ってみる」の関連記事リスト

コメント

非公開コメント