Yahoo seo Google > Google seo 2016年10月~ > 検索結果に対する最適化と被リンクのアンカーテキスト無効化について

検索結果に対する最適化と被リンクのアンカーテキスト無効化について

Googleの使命とは、検索クエリに最も相応しいページから順に表示させることであるが、仮にその検索結果に対する最適化に対し、被リンク重視のアルゴリズムがマイナスに作用するとしたら?
アンカーテキストは無効化され、発リンク重視のアルゴリズムに大変換させるのではないか?
アンカーテキストについて考えていた。
発端は、前回記事「」である。
Googleにおける検索ランキング決定のシグナルにおいて、リンクの占める比重は大きいし、リンクも発リンクと被リンクで分けて考えることが重要だと考えるからだ。
その際、どうしても考えざるを得ないことが、中古ドメインによる上位表示効果である。
中古ドメインを被リンクで考えるのは容易だが、アンカーテキストで考えると疑問だらけなのである。

以前、中古ドメインとアンカーテキストの問題は「」で報告した。
この記事で紹介した事例で、アンカーテキストの疑問は存在しない。
賃貸物件に関係するドメインだったものが中古ドメインとして利用され、医療関係のコンテンツを載せ換えたのにも関わらず、賃貸関連のキーワード検索で上位表示されている、ということだ。
大袈裟に説明すれば、Yahoo! JAPANのアンカーテキストでリンクされていたwww.yahoo.co.jpのドメインが破棄され、Googleのコンテンツを載せ換えて中古ドメインとして復活したが、「Yahoo! JAPAN」のキーワード検索で載せ換えたGoogleのコンテンツが上位表示されているということである。
つまり被リンクはアンカーテキストとセットとなって存在し、それが我々の旧来の認識と合致しているから不思議でないのである。

この被リンクとアンカーテキストのセット化を念頭に、中古ドメインの上位表示効果を考えると疑問が生じるのである。

中古ドメインの上位表示効果については「」で報告した。
この記事を書いた時点では、この中古ドメイン・サイトは2ページ目に至ったことまでを報告した。
その後もウォッチは継続し、最終的には1位表示されるに至ったことも確認している。
しばらくの間、1位表示されていたが、手動ペナルティによって再度圏外へと追いやられた。
つまりは手動対応されるまでの間は、中古ドメインの上位表示効果は健在だったわけである。

この中古ドメインの上位表示効果について、「中古ドメインに見るコンテンツとリンクの同期」の記事でもアンカーテキストについて触れた。
以上のような推移でアンカーテキストが無効化される。
しかし無効化されたのはアンカーテキストだけで、そのウェブページから中古ドメインに対するリンクは依然として残り、そこにはリンクジュースの流れが継続されていることになる。
仮にアンカーテキストの無効化と同時にリンクジュースの流れが止まれば、その中古ドメインのオーソリティ度は失われ、中古ドメインによる上位表示効果は存在しないからである。(※このアンカーテキストを介在しないリンクジュースの関係こそPageRankの正体であると考えているが、ここではそれに触れないで論を進める。)
そしてその事象はコンテンツとリンクの関係で考えれば、2つは同期していないと言うことが出来る。
コンテンツ(アンカーテキストの無効化)とリンク(リンクジュースの継続)であるからだ。
読んで頂ければご理解頂けると思うが、この記事を書いた時、アンカーテキストが無効化されたように感じられるのはリンク元ページが更新されておらず、それに伴ってGooglebotがディープ・クロールしていないからだと考えていた。
だが、それとは異なる視点を昨日ツイッターに見出した。ここでツイートされていることは中古ドメインのことである。
要は「購入した中古ドメインが以前にGoogleのガイドラインに違反してペナルティを受けているドメインの可能性があるなら、新しいコンテンツを作成した上で再審査をして欲しい」ということだ。

このツイートを見て私に芽生えた疑問とは「ペナルティを受けていない中古ドメインは?」ということだ。

ガイドライン違反でペナルティを受けているドメインの場合、に書かれた手順に従って、バックリンクを無効化することが必要となるだろう。
だがペナルティを受けていないドメインの場合、再審査を必要とはしないだろう。
ペナルティを受けていないならば、Search Consoleの<手動による対策>には「手動によるウェブスパム対策は見つかりませんでした。」と表示されている筈だ。
であるなら、バックリンクの無効化も必要なく、それが上位表示効果を生んでいたのだろうか?

ここで再度「中古ドメインの被リンク効果について」の記事で報告したGoogleの検索結果を考えてみた。
医療関係のサイトを、賃貸関係のキーワード検索で上位表示させるアルゴリズム、これは検索ユーザーに対して正しい検索結果なのか?
当然ながら、それは違う。
賃貸関係の検索で、医療関係の情報を欲しがる検索ユーザーはいないからである。

いうなれば、Googleにとってのコンテンツとは検索結果そのものであり、検索されたキーワードに最も相応しいページを結果に表示させることである。
その意味において、異なるサイトを上位表示させるコンテンツは良質なコンテンツとは呼べず、検索ユーザーに有益な情報をもたらすことこそ最良のseoと説くGoogle自らを否定する行為である。
だからこそGoogleのアルゴリズムは大変換を求められたのではないか?
それこそ「被リンク重視のアルゴリズムから発リンク重視のアルゴリズム」への変換である。

この変換で中古ドメインに科せられた課題こそアンカーテキストの無効化である。
アンカーテキストが無効化されることで、中古ドメイン・サイトはアンカーテキストのマイナス効果を受けることがなかった。
では被リンクによるアンカーテキストに変わるものは何だったのだろうか?
それこそ発リンクであり、さらに具体的に書けば内部リンクのアンカーテキストだろう。
賃貸関係の外部アンカーテキストに対抗出来るものは内部リンクの医療関係のアンカーテキストでしかなく、それこそ中古ドメインの現在のサイト概要を伝える最も確かなシグナルだからである。

前回記事にこう書いた。
ここ最近の順位変動を見ていると、発リンクの評価が以前よりも増しているように感じられる。
特に「yahoo seo」「google seo」等の検索結果で、私のツイッターが順位を上げているからである。
そこにはhttpとhttpsの評価も加わっているだろうが、それ以上に発リンクの評価が高いと感じている。
Googleが検索結果に求める最適化とは、ユーザーが検索したキーワードに最も相応しいウェブページを表示させることである。
それに対し、かつての被リンク重視のアルゴリズムでは対応出来なくなっているとしたら、アルゴリズムの変換も必要になってくるだろうことを想像した。
多分その変換にRankBrainが利用されているのだろう。(参照記事「」)
「検索結果に対する最適化と被リンクのアンカーテキスト無効化について」の関連記事リスト

コメント

非公開コメント